×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



DQVI 幻の大地 その15


その14へ  その16へ ドラゴンクエスト もくじに戻る あいうえおインデックス
一軒屋 フォーン城  鏡姫の間へ 王とラーの鏡  鏡姫の物語  井戸の老人  ミラルゴの塔 フォーン城でイリカ解放  その後のフォーン城 イリカ姫とフォーン王の話 レイドック 船着き場  井戸の老人 おしゃれかじや
南の井戸

 タンス ちいさなメダル


*「ここから下におりれば
  カガミ姫で有名なフォーン城じゃ。
*「フォーン王は 海きょうにかかる
  水門のカギを 代だい
  管理しておるそうじゃな。

井戸
イベント戦闘 いどまねき ex238 G68


周辺モンスター
ダークホーン(まふうじのつえ) バオー○ エビルドライブ キメイラ
フォーン城

防具屋
みかわしのふく3000 ぎんのむねあて3200 まどうしのローブ4200  あつでのよろい5000 まほうのたて5000 てっかめん3500

武器屋
バトルアックス4300 まどろみのけん6300まふうじのつえ 6000 のこぎりがたな9800

兵士「フォーン城へ ようこそ!

*「あら? あなたも 呪われた
  カガミ姫の ウワサを聞いて
  ここへ 来たの?

○いいえ
*「呪いのカガミに とらわれた
  悲しみの 美しき姫……。
*「けっこう 有名なウワサ
  なんだけどね。
○はい
*「ふーん。でも 残念ね。
  昔は たくさんの人が
  見物に 来ていたんだけど……
*「今の王さまが ふつうの人には
  見せないように しちゃったの。

兵士
*「王の間は この上です。
兵士
*「ゆるしなき者は
  これより先には はいれぬ。
  ひきとるが よろしかろう。


2F 
屋上
兵士
*「あんた カガミ姫を
  見せて もらったかい?

○いいえ
*「いちどは 見ておいた方が
  いいぞ。
*「王さまに たのんで
  みるんだな。
○はい
*「あれだけ 美しい娘だ。
  王さまの 気持ちも
  わかるよ。
*「オレだって……なあ?

僧侶
*「いやはや まったく……。
  カガミ姫には どんなナゾが
  こめられているのだろうか…。
*「ところで 私は
  この城に つかえる神父。
  旅人のたすけにも なりましょう。
以下略

貴婦人
*「ああ! フォーンさま……。
  私では……
*「私では ダメなのですか?

○いいえ
*「え? あ あら
  聞いてらしたの?
  イヤですわ……ポッ(ハート)
○はい
*「キーッ!
  だれも あなた なんかに
  聞いて ないわよ!


3F タンス ちいさなメダル

婦人
*「はあ……。王さまも はやく
  お相手を 見つけて
  くださらないかねえ。
*「で ないと このベッドも
  ムダに なっちまうよ。


2F タンス ちいさなメダル

詩人
*「悲しーみーのー 姫のー
  その姿はー とらわーれーのー
  カガミーのー 中にー
隊長
*「じいの いうことも わかるよ。
*「でも 私だって あの姫を
  カガミの中から 助け出して
  あげたいと 思うんだ。
*「あらゆる方法で 調べたすえ
  姫は 何者かの 呪いによって
  カガミに とじこめられ……
*「その呪いを とくには
  ある呪文を カガミの前で
  となえればいいと わかった。
*「そして その呪文のことばも
  発見できたんだ。
*「でも ダメだったんだよ。
  だれが となえても……。
*「姫は カガミの中のままさ……。
老人
*「カガミに うつった 女に
  ウツツを 抜かすなど……
*「先代の王が 聞いたら
  なんと 思うやら……。
*「じいは 悲しいですぞ!

つぼ ふしぎなきのみ


*「真実をうつす ラーのカガミと
  いうものが あるって
  聞いたこと あるけど……
*「それと 地下にある
  呪いのカガミって
  カンケイ あるのかしら?
婦人
*「おりょーり おりょーりっと!
*「まったく 王さまにも
  こまったもんだよ!
*「この あたたしの おいしい
  ごはんが ノドを 通らない
  なーんてさ!
兵士
*「最近の王は 玉座に
  おられないことが 多い。
*「おおかた カガミの間で
  姫を ながめているのだろう。
大臣
*「ん? 旅の者だな。
  わが王に なにか用かな?

○いいえ
*「では 城の中などを見て
  ゆるりとしてゆくが
  よろしかろう。
○はい
*「ふむ……。
  王は今 地下のカガミの間に
  いっておられる。
*「もし いそぎの用ならば
  地下まで 会いにゆくがよかろう。
*「見張りの兵士には
  連絡しておこう。

ちなみに 話し聞かなくても 開け方さえ知っていれば塔の扉はひらく…


1F
兵士
*「どうぞ お通りください。
青年
*「オレさ カガミ姫を
  見せてもせったこと あるのよ。
*「最初は インチキでも
  してるのかと 思ったんだけど
  そうじゃねえ みたいなんだ。

*「わおーん!
兵士
*「この下は カガミの間と
  宝物庫に なっています。
*「ですから あまり ウロウロ
  しないで くださいね。
地下
娘 銀行あり
宝箱 150 うつくしそう

兵士
*「ここは カガミの間だ。
  だれも 入れないよう
  王に いわれている。
*「すみやかに 立ち去って
  いただきたい。

扉に近づくとイベント

とびらの中から
話し声が 聞こえる……。
*「姫よ…… 私には あなたが
  何者なのか わからない。
  その名すらも 知らぬ……。
*「私には もう
  あなたに してあげられる
  ことは ないのか。
*「このように 会いに来ること
  くらいしか……。
*「すまない……。
  私は もう 部屋に
  もどらねば……。

出てきたのは グラフィック 義理の弟・・・もといランド

フォーン王「むう?
      そなたたちは……?
フォーン王「カガミ姫を
      見に来たと いうのなら
      あきらめて もらう。
フォーン王「彼女は 見世物では
      ないのだからな!
フォーン王「用が あるのなら
      上へ 来てもらおう。

去って行く 以後兵士が通せんぼ


王との謁見

大臣
*「ん? また そなたたちか。
  王に そそうのないようにな。
フォーン王「そなたたちは
      先ほどの……。
フォーン王「ほほう。まだ
      生きのこっている 魔物を
      退治するため 世界中 旅を……。
フォーン王「それは なかなか
      感心なことだな。
フォーン王「しかし カガミ姫を
      見せるわけには いかない。
フォーン王「父の代のときは
      城の名物として 旅の者などにも
      みせていたが……。
フォーン王「私は 父とは
      ちがう考えなのだ。カガミ姫は
      だんじて 見せ物ではない!
フォーン王「わるいが
      おひきとり ねがおうか……。
(キー入力すると続き)
フォーン王「いや まて!
      世界中を 旅していると
      申したな。
フォーン王「たのみが ある。もし
      ラーのカガミというもののウワサを
      耳にしたら 知らせてほしい。
フォーン王「ラーのカガミが あれば
      地下のカガミ姫を カガミから
      助けられるかも 知れないのだ。
フォーン王「くれぐれも たのんだぞ。

フォーン王「どうした?
      まさか ラーのカガミのウワサを
      すでに 聞いたことが あると…?

○はい\いいえ
フォーン王「なんと! ウワサではなく
      そのカガミを じっさいに
      もっているだとっ!?

せんとうは ラーのカガミを
フォーン王に 見せてあげた。

フォーン王「おお! それが
      ラーのカガミかっ!!
      なんとも 美しいっ!
フォーン王「よしっ! それをもって
      私に ついてきてくれ。
      さあ はやく!

地下へ自動的に連れてかれる
BGM 悲しみのテーマ
モンスターとして出てくるカガミに類似したグラフィックに白いドレスの女性がうつっている

フォーン王「これが 呪いの
      カガミだ。
フォーン王「このカガミの前で
      ラーのカガミを かざして
      みてくれ!!さあ!

調べると カガミの中でバタバタしているグラフィック

カガミの中の女性は 必死に
なにかを つたえようと
しているようだ……。
しかし せんとうには
なにを いおうとしているのか
わからなかった……。

アイテムとしてラーのカガミを使う(BGM消す)

せんとうは ラーのカガミを 
頭上に 高く かざした!!
カガミには 悲しげなカオの
女性の姿が うつっている……
そして その背後には  (魔王の効果音)
ブキミに笑う 魔物の姿が
うつっている!!

(BGM戻る)
フォーン王「ど どうしてだっ!
フォーン王「な なぜ なにも
      おきないのだっ!?
フォーン王「や やはり……
      ラーのカガミを つかっても
      姫を助けだせないのか……。
フォーン王「……………。
フォーン王「しかし 彼女のうしろに
      うつっていた 魔物は
      いったい……?
フォーン王「む! もしや……!
フォーン王「すまない!
      ちょっと 調べものが できた!
フォーン王「また あとで
      上に 来てくれ! たのむぞ!

王は走って行く
調べると カガミの中でバタバタしているグラフィック

カガミの中の女性は 必死に
なにかを つたえようと
しているようだ……。
しかし せんとうには
なにを いおうとしているのか
わからなかった……。

ラーのカガミ
カガミには 悲しげなカオの
女性の姿が うつっている……
そして その背後には
ブキミに笑う 魔物の姿が
うつっている!!

兵士
*「王が あわてて出てゆかれましたが
  なにか あったのでしょうか……。


鏡姫の物語 大臣
*「まずは 王の話を!
フォーン王「たった今 そなたたちの
      もってきた ラーのカガミで
      すべてが はっきりとしたぞ。
フォーン王「ここに 古い本がある。
      これは 昔から この城に
      あるものだ。
フォーン王「書かれているのは
      とある王子と 美しい姫の
      恋物語。
フォーン王「そして それを
      こころよく思わない じゃあくな
      魔法使い ミラルゴ……。
フォーン王「まあ よくある物語だ。
フォーン王「だが ちがう!
      それは ただの物語などでは
      なかったのだ!
フォーン王「ラーのカガミで見えた
      あの 魔法使いは この本にある
      ミラルゴに うりふたつ!
フォーン王「ヤツは まだ生きている。
      だから 姫の呪いが とけないのだ。
フォーン王「そなたたちは たしか
      まだ のこっている 魔物どもを
      退治するため 旅をしていると…。
フォーン王「たのむ!ミラルゴを
      ヤツを さがしだし
      たおしてきてくれぬかっ!?

○いいえ
フォーン王「せんとうと 申したな。
      そなたたちだけが
      たより なのだ……。
フォーン王「たのむ!ミラルゴを ∞
○はい
フォーン王「おお! やってくれるか!
      では あとのことは そこの
      大臣に 聞いてほしい。
フォーン王「たのんだぞ せんとう!

フォーン王「あのカガミは
      私が 物心つく前から
      この城に かざられていた。
フォーン王「私は カガミの中の
      彼女を 話し相手に
      育って きたのだ。
フォーン王「もちろん 彼女からの
      返事は なかったが
      彼女は 笑顔で 答えてくれた。
フォーン王「……私は 彼女を
      救い出したいのだ。
      たのんだぞ せんとう!
大臣
*「もし あの物語が
  真実を 書いているのなら……
*「ミラルゴは お城の北の
  湖にかこまれた塔の上に
  住んでいると……。
*「しかし この城の北には
  塔なぞは ないし……。
  いやはや まったく……。
*「だが もし! ミラルゴの塔を
  見つけたなら そのトビラの前で
  インパスを となえなされ。
*「物語が 真実なら
  それで 塔のトビラが
  ひらくはずじゃ。
老人
*「あの物語に ついては わしも
  おかしいと 思っておった。
*「なにしろ 王子のもとより
  姫を うばった 魔法使いは
  永遠の命の 呪いを かけた……
*「そこで 物語が 終って
  おるんじゃよ。
*「結末が 書かれていないのじゃ。
  おかしい じゃろう?
隊長
*「ひとつ 気づいたことが
  あるんだ。
*「その物語の主人公の 王子は
  なんとなく フォーン王に
  似てるんじゃ ないかってね。
*「私の 気のセイ かな。

*「私 聞いたことがあるわ。
  ずーっと昔 この城の北に
  なにかの塔が たっていたんだって。
*「今は…… さあ どうかな?


城の北 湖に突き出した 井戸
タンス 小さなメダル
老人
*「このあたりに 大昔
  塔が たっていたらしいが
  今は このとおりじゃよ。
*「じゃが ここにいると
  ときどき ふしぎな夢を
  見たりもするぞ。
*「ものすごく ひろい砂ばくの
  まん中に 塔がたっておっての…
*「その塔の上には
  まほう使いが 住んでおるのじゃよ。
  どこじゃろうな あれは……
ミラルゴの塔
ちいさなメダル 1300G

モンスター
フーセンドラゴン エビルドライブ(とがったほね) バオー(てつのむねあて) ホラーウォーカー スライムつむり キメイラ(キメラのつばさ)  メタルスライム メダパニトカゲ かくとうパンサー

最上階の家の中
つぼ 魔法のせいすい

カガミの前の人物に話しかけるとイベント
*「ゲゲ?
  なんじゃ キサマたちは?
────────────────────
フォーン城で情報聞いてないとき

*「よく この塔の トビラの
  あけかたが わかったの。
*「まあ よい ゲッゲ。
  わしは 世界一の まどうし
  ミラルゴさまじゃ。
*「よく おぼえておくが いい。
  ゲッゲ。
────────────────────
フォーン城で情報聞いていたとき

*「ミラルゴ? ゲゲ!
  なんで わしの名を
  知っているのじゃ!
ミラルゴ「カガミ姫? ゲゲ!
     キサマ 何者じゃ! なぜ
     イリカのことを 知ってる!
ミラルゴ「いかにも! わしが
     カガミの中に イリカを
     封じこめたんじゃ。ゲッゲッ!
ミラルゴ「呪いをとく 方法?
     ゲゲッ カンタンじゃよ。
ミラルゴ「イリカが わしのヨメに
     なるって いえば いいんじゃ。
ミラルゴ「じゃが その様子じゃ
     まだ その気になっては
     おらんようじゃのう。
ミラルゴ「強情な 女じゃよ。
     もう 何千年 たったことやら。
ミラルゴ「ま あせることも ない。
     時は じゅうぶんに ある。
     そう…永遠に近いほど……な。
ミラルゴ「とにかく 人の恋路を
     ジャマする ヤカラは
     許して おけんのう ゲゲゲ!

戦闘イベント(敗北時も変化なし)
ミラルゴ 1匹 
マホターン なかまを呼ぶ (ランプのまじん) メラミ べギラゴン EX3000 G1032 ランプのまじん4
  (クリア時 LV26 僧侶武闘家 魔物使い踊り子 など)

(BGM 消える)
ミラルゴ「ゲ…ゲゲ おのれ……
     キサマたちなどに 負けるとは
     思わなんだ……。
ミラルゴ「ゲゲ……。
     イリカ……わしは……ただ
     おまえが……ゲッゲフッ!
(光ってきえる)


フォーン城

*「あら あなたたち 王さまに
  なにか たのまれて
  出かけていったんでしょ。
*「王さまが あなたたちの
  もどってくるのを 今か今かって
  まっていたわよ。
地下
兵士
*「あのミラルゴが 実在していたとは
  おどろきです。
*「すると あのカガミのなかの
  姫は 物語にでてくる 伝説の姫。
  どうりで 美しいはずだ。
2F
兵士
*「やや! あなたがたは!
  王さまが おまちかねですぞ!
老人
*「なんと ミラルゴを
  たおしてきたじゃとっ!?
  で 王さまには?

○はい
*「おお!そうか!
○いいえ
*「ばかもん! そんな大事なことは
  はやく 王さまに
  お知らせするのじゃっ!

隊長
*「おぬしたち!
  なかなか やるではないか!
大臣
*「なんと! ミラルゴを
  たおされたとっ!?
  ささ 早く 王に ご報告を!
フォーン王「む! もどったか!
      して どうだったのだ……。
      な なに? しとめたとっ!
フォーン王「うむっ! そなたらなら
      きっと やってくれると
      信じていたぞっ。
フォーン王「これで… これで… 姫…
      そうか イリカという名前なのか。
フォーン王「これで イリカ姫を
      カガミのなかから 救い出せる!
フォーン王「さあ そなたたちも
      ついてきてくれ!

自動的に地下へつれてかれる
カガミの前の王さまが到着するとイベント

フォーン王「今こそ この呪文で
      呪いが とけるはず!
フォーン王「……。

王は しずかに 目をとじて
なにやら つぶやき はじめた……。 (BGM止まる)

フォーン王「特殊フォント文字 不正確です(画面が暗くなる)
フォーン王「…………。 (BGMカルベローナ)
フォーン王「……なんじ わが愛を
      受け入れるか?
フォーン王「受け入れるなら
      わが 名を 叫べ!!
      なんじの 愛する者の 名を!
フォーン王「……。
(光ってきょろきょろ口に手を当てる姫)
イリカ「フォ……
フォーン王「え……?
イリカ「……フォーン……。
フォーン王「イリカ!
(こくんとイリカ)
イリカ「あ……。

色々な光が地下室を照らし、
イリカが鏡から下りてくる

フォーン王「おお! おお……。
イリカ「フォーン……。
    ありがとう……。
フォーン王「イリカ……。
      本当に 今 ここに 君は
      存在して いるんだな。
イリカ「そうよ フォーン。
    あなたと そして そこにいる
    勇気ある人たちの おかげ。
フォーン王「せんとう 私には
      礼のことば すら
      思いつかない。
フォーン王「この よろこびを
      どう あらわしたら いいのか
      よく わからないのだ。
フォーン王「しかし この礼は
      必ず すると 約束しよう。
      だから 今は……
フォーン王「今は イリカと
      ふたりきりに してほしい。
フォーン王「いこう イリカ
      みなに 紹介しなくては。
イリカ「え……?
フォーン王「もう 決めてあるんだ。
      君を 妃……妻に むかえたい。
      イヤか?
イリカ「…………。
フォーン王「さあ いこう!
(姫を連れて去る)

兵士
*「今 王につれられて
  出てゆかれたのは カガミ姫?
  つ ついに やったのですね!


その後のフォーン城
1F
青年
*「カガミの中に 何千年も
  とじこめられるって
  どんな かんじ なんだろうな。
兵士
*「見ましたかっ!?
  王の あのうれしそうな顔を!
  ありがとうございました。
兵士
*「カガミ姫が カガミの中から
  出てきたなんて
  もう びっくりです!

*「カガミ姫か……。
  いったい どれくらい
  カガミの中に いたのかしらね。

屋上
神父
*「私は この城の神父ですが
  いやはや めでたいことですな。
  それは さておき……。
(いつものメニューへ)
兵士
*「伝説の物語は 本当のこと
  だったのですね。
*「すると あの伝説も また
  真実なのでしょうか……。
*「海のそこ 海底ふかくに
  巨大な城があり そこには
  海の魔王が 住んでいると……。
(いっしゅん画面が暗くなり 効果音)
  「おお こわい こわい……。
貴婦人
*「ああ! フォーンさま……。
  やはり 私では……
*「私では ダメだったのですね?

○いいえ
*「そ そうよね。きっと
  きっと なにかの まちがいね!
○はい
*「キーッ!
  現実のことだけに キーッ!


2F
詩人
*「おお〜 え〜いえんの〜 愛〜
  見つめあう〜 ふたりは〜……
*「う〜ん やっぱり
  悲しい うたの方が
  作りやすいんだけど なあ……。
老人
*「物語の結末は やはり
  ハッピーエンドが 1番じゃ。
*「あの本には わしが 続きを
  書いとくと しよう。
隊長
*「真実は 小説より奇なり とは
  このことですな。わっはっはっ。

*「いいなあ 王さまとイリカさま
  お幸せそうで……。
婦人
*「おりょーり おりょーりっと!
*「これで 王さまの 食欲も
  もとにもどるだろうね。
兵士
*「カガミ姫 いや イリカさまが
  あれほど 美しいひとだったとは!
婦人
*「やっと このベッドが
  役に たつときが 来たよ。
*「毎日 かかさず ベッドメイク
  しといて よかったわね。
大臣
*「おお! せんとうどの。
  このたびの はたらき
  カンシャ いたしますぞ。
イリカ「もう どのくらい
    昔のこと だったか……。
イリカ「時間の感覚が マヒして
    はっきり わかりません。
イリカ「あの日 ミラルゴは
    私たちの城を おそい……
イリカ「私の愛した人を
    死に 追いやりました。
イリカ「ミラルゴは 私を
    連れさり 自分のものに
    しようと しました。
イリカ「でも 私が 自分の愛を
    受け入れないと 知ると……
イリカ「私を カガミの中に
    封じたのです。
イリカ「自分を愛すると いうまで
    いつまでも 待つ…と
    いい残して……。

イリカ「はじめて フォーンと 
    会った そのとき 私には
    わかったのです。
イリカ「彼は かつて 私が
    愛した人の 生まれかわりで
    あると……。
イリカ「そして 何千年の時をこえ
    私は 彼と 結ばれることが
    できました。
イリカ「それも すべて
    あなたの おかげ……。
イリカ「私で なにか お役に
    たつことが あったら
    えんりょなく いってください。
イリカ「私の 古い知識が
    必要なことも あるでしょう。
フォーン王「おお! せんとう!
      よく 来てくれたな。
フォーン王「そなたの おかげで
      私は イリカを 妻に
      むかえることが できる!
フォーン王「本来なら 盛大な
      式をあげ そなたたちも
      招くところ なのだが……
フォーン王「まあ それは
      そのうちに……と いうことで
      置いておこう。
フォーン王「ともかく 礼をいうぞ。
      そして これは わが城に
      古くから あるものなのだが……。
フォーン王「この水門のカギを
      そなたたちに たくそう!
フォーン王「このカギが あれば
      さらなる世界が そなたたちの
      前に ひらけるだろう。

せんとうは 水門のカギを
うけとった。

フォーン王「そなたたちの
      ますますの かつやくを
      期待しているぞ!


レイドック 船着き場
水夫
*「定期船の船員ばかり やってるとさ
  世界中を 航海する 大きな船に
  あこがれちゃうよなあ。
*「もっとも 今の時代じゃ
  そんな船 ありゃしないけどな。
井戸
老人
*「こっくり こっくり……。

タンス ちいさなメダル


もう一つの内海
モンスター
シーフラワー フライングダック マリンスライム
おしゃれかじや
*「オレは おしゃれなカジヤよ。
  あんたの武器や防具を
  たたきなおしてやるぜ。
*「今 もってる 武器や防具を
  もっと かっこよくしたいと
  思わねえかい?

○いいえ
*「気が 変わったら いつでも
  オレんとこに 来なよ!
○はい
*「だれのものを
  かっこよく したいんだい?
*「どれを たたきなおそうか?

鍛えられないアイテム
*「うーん これかあ……
  こいつは ちょっと
  たたきようが ないぜ。
*「ほかに みがきを
  かけたいものは あるかい?
○いいえ
*「じゃあ またな。
  身だしなみには 気をつけなよ!

鍛えられるアイテム
*「どれを たたきなおそうか?
*「まほうのたてかい。
*「よっしゃ まかせな! りょうきんは
  1000に なるけど
  いいかい?

○いいえ
*「ほかに みがきを
  かけたいものは あるかい? (以下略)
○はい
*「そーれ! おしゃれなカジヤが
  トンテンカン っと!
キン
*「よーし これで いい
  どうだ? みちがえただろっ!

まほうのたての かっこよさが
38に なった!
アモスの かっこよさが
78から 95に なった!

*「ほかに みがきを
  かけたいものは あるかい? (以下略)

二度目
出来ないもの
*「スフィーダのたてかい。
*「うーん 悪いが そいつはもう
  それ以上 かっこよくは
  できないなあ。
*「ほかに みがきを
  かけたいものは あるかい?

ラミアスのつるぎ
*「どれを たたきなおそうか?
*「ラミアスのつるぎかい。
*「ふーん もとの
  ラミアスのつるぎより けっこう
  みがきが かかってるじゃないの。
*「あんた おしゃれには
  気をつかうほうだね。
*「よっしゃ まかせな! りょうきんは
  24000に なるけど
   いいかい?
*「そーれ! おしゃれなカジヤが
  トンテンカン っと! (効果音3回)
*「よーし これで いい
  どうだ? みちがえただろっ!

オーガーシールド
*「どれを たたきなおそうか?
*「オーガーシールドかい。
*「ああ こりゃひどい! センスの
  かけらもないや! あんた よく
  こんなもの そうびしてたね。
*「よっしゃ まかせな! りょうきんは
  16000に なるけど
  いいかい?
*「そーれ! おしゃれなカジヤが
  トンテンカン っと! (効果音3回)
*「よーし これで いい
  どうだ? みちがえただろっ!
(カッコよさ50 なぜか十字の模様も刻まれている…??)

のこぎりがたな(33) てつかぶと(26) てっかめん(35) グラコスのヤリ(40) なども

*「ああ こりゃひどい! センスの
  かけらもないや! あんた よく
  こんなもの そうびしてたね。

ロンガデセオのおしゃれかじやに戻る


周囲のモンスター
ホーンテッドミラー
その14へ  その16へ  ドラゴンクエスト もくじに戻る あいうえおインデックス