×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

魔法戦隊マジレンジャー
ステージ7『夢の中へ〜ジンガ・マジーロ〜』って、マジ?



もくじに戻る
Stage6 Stage8
アフォーの研究室(トップ)に戻る
3月27日
JR境線の16駅に妖怪の愛称がつくほどに、21世紀は妖怪ブーム……なのかな。7月の京極堂なドラマシリーズを待つまでも無く、西洋妖怪に和の妖怪、 日曜朝の1時間は妖怪たちが跋扈するスーパー物の怪タイムでございます。それじゃ、いってみよう。特撮感想日記〜(ところで来週の敵はマンティコア、だよね?)

魔法戦隊マジレンジャー ステージ7『夢の中へ〜ジンガ・マジーロ〜』
ゾロリの新キャラ(魔法少女)のポルン臭がキツ過ぎるから、4/9からはMBSのロボアニメに浮気しちゃおうかな〜……なんて考えてたら、いきなりマジレンが始まってビックリ仰天。 CDのプレゼント告知のせいでスーパーヒーロータイムのロゴ、削られたんですね。しかし、朝からいきなりヒーローボロ負けシーンとはキツいなぁ。
地底冥府インフェルシアに戻ったウルカイザーが「5色の魔法使い達よ、この最強のマジン合体の力、有意義に使わせてもらうぞ……ザンガ」 呪文唱えて金色の光を胸の盾に納めるところから、物語は始まりました。 目撃した妖幻密使バンキュリア(声 渡辺美佐)が“いいもん見ちゃった”って感じに含み笑いしてOPへ。

Aパートは頭から蒸気吹いてピストンぱこぱこな凱力大将ブランケン様(声 江川央生)から始まります。 「えーい、なぜヤツラにトドメを刺さずに戻ってきたぁ! 再び俺を通す魔導陣を開け! 一気に地上界を征服するのだっ」 剣を振り上げたり階段跳び降りる姿がやっぱりラブリ〜。それに比べて魔導騎士ウルザード(演・磯部勉)はクール系、関連グッズのCMは始まったけど、あんまりラブリーじゃありません。 「あの力は封じられた。赤の魔法使いの思いがけぬ力でな。こうなれば、これまで通り、門の鍵を探しだし魔導陣あらずとも、地上界へ繰り出せるようにする以外ない」 そんな設定があったのか。何気にゴーストバスターズの冴えない鍵の神と美人の門の神が思いうかぶけど、やっぱ人の身に封じられてたりするのかな。

すでに冥獣を派遣しておいたというウルザードに「勝手なマネを!」とイラ立つブランケンですが他にいい方法も思いつかないせいか、フテ歩きして暗い廊下へ退場。 代わりに降り立ったのはバンキュリア「何を企んでるの?」 何かステキな物を隠したのを見たとウルザードの胸をさわさわ。 「目の錯覚だろ、調べてみるか?」とぼけられても 「魔法で隠せる物……ブランケン様には一応黙っておいて上げるわ」と玉座に腰かけ、 パンク系少女幹部のナイ(演・ほらん千秋)とゴスロリ系少女幹部のメア(演・北神朋美)に分離して余裕笑い 「一つ貸しね」「かしね」腕組みナイと人差し指立てるメア……やっぱ可愛いなぁ。

さて、小津家に隠された魔法の部屋では、上の3人が見守る前で、 黒ローブの次男・翼(マジイエロー 演・松本寛也)が黄色い香水らしきものを製作中。 「ジンガ・マジーロ」ワンドモードにした魔法ケータイ・マージフォンを光らせると、抽出した液体が大きな魔女鍋から飛び出して小瓶にトポポポポ。 「今度こそOKだ。起きろ!」金色に光る霧を吹きかける相手は、椅子で眠る末っ子・魁(マジレッド 演・橋本淳)。 という事は、香水ではなく気付け薬?

「目が覚めたか、魁!」期待を込めて見つめる蒔人(マジグリーン 演・伊藤友樹)たちですが、 「何これ、ただの素早い寝返り?」次女・麗(マジブルー 演・甲斐麻美)が言うとおり、シパパッと動いてる末っ子の目は開いてません。 翼が調合した魔法薬で、完璧に元気になった上の4人……でも、傷は治っても魁は眠り姫状態。 「翼ちゃんが魁ちゃんと、仲が悪いからじゃないの?」あてずっぽ言いだす長女・芳香(マジピンク 演・別府あゆみ)と違って、 草のくせに物知りなマンドラ坊や(声・比嘉久美子)は冷静に診断 「おそらくこれは、魂が夢の中で何かに執着して帰ってこない状態でござりますです」 レベルを遥かに超えた魔法(ブランケン押し戻し?)を使った副作用ではとないかと言い出し 「この薬を作るしかないでござりまする。カモ〜ン」本棚から飛び出す一冊の本。「いてっ」翼の頭にカドがゴン!

少々イジワルで古ぼけた魔術書を読むため、ヘイスト香水(亀の甲羅+目薬?)を麗に預ける翼。「めざましき目覚まし薬を生み出す法」 開いたページには、♪にとり巻かれたバナナ・ごちゃついた沼・スズメバチの巣、育種かの薬草の挿絵が……でも英文はalarm clock medicine、良いのかソレで。 「まず、次なる物を取り揃えよ。材料その1……ま、まぁ、とにかく材料集め頼むわ」なにやら言葉濁して、翼ちんは兄姉たちに協力を求めます。

MATERIAL-1(材料その1)ナイスな歌を聞かせながら育てたバナナ
植物を育てるワンドをマイク代わりにして、緑の魔法使いの歌を温室で熱唱するのはまァ、いいとして……なぜ木の前で踊ってるんだ蒔人にいちゃん! っていうか、相変わらず凄い音程。 「歌がナイスじゃないと、怒った葉っぱに殴られる事があるので要注意で……」マンドラ坊やの忠告が終る前に、真っ赤に怒ったバナナたちに応えて、 蒔人をペシペシ始めるバナナの葉っぱ。しかし、幹を離れてまで攻撃し続けるしつこさは一体……蒔人の歌が気孔について離れなくてイライラするとか?

MATERIAL-2(材料その2)汚れた水の中の汚れてないところ1リットル
ゴミで埋まりかけた沼に「マジカ」と呪文をかけて、掲げたペットボトルに清水を納めるのはもちろん水属性の麗ちゃん。 「注意しないと、汚れた水にはヒルなんかがいて……ほーらね〜」鮮やかな緑のソフトルアーを全身にへばりつけちゃうわけですが、 色よりも何よりも、ヒルって冬眠するんじゃねーの? 早春に活動する生き物じゃないよなぁ。

MATERIAL-3(材料その3)蜜を集めないはずの女王蜂がなぜか集めた幻の蜂蜜
お堂の軒下にぶら下がった一抱えはありそうなスズメバチの巣の前で、芳香ちゃんミツバチ(きぐるみ使い回し)に変身し、巣に潜入するも「これはひたすら愛想良くして、マジでやり過ごすしか……やっぱりダメでしたか」そりゃ、愛想は通じないでしょ〜  って言うか、葉っぱやヒルとは比べ物にならない危険な集団を魔法の部屋に引き連れて戻る芳香ねえちゃん。よく死人がでなかったモンだ。まぁマンドラゴラの叫びに耐えた連中だからね…でも良い子はマネしちゃダメだよ?

「よーし、ベースのスープは出来たぞ」 夜中まで魔女鍋をかき回していたらしい翼の元へ「頼んだぞ!」と、 トラブル引き連れた3つの材料がそろい「よし、後は任せろ」バナナをむいて、 水を加え、蜜をとろーり垂らして「天の精霊の御名において今こそ我に力を!」呪文唱えて火力の管理、そのまま混ぜ混ぜ夜明けまで。意外と地道で気の長い黄色の魔法使い。 「最後の仕上げは、起こしたい奴の髪の毛を入れて」ちょっと、数十本単位で抜けてますよ魁の髪の毛。ハゲてもしらないよ〜

「すべての物よ、混じり合って姿を変えよ、ジンガ・マジーロ」 ボウンと煙が立って「出来た!」と翼が梅干し大の丸薬を手にしたのは、すみれ色の夜明け。 さっそく魁のアゴを掴んで「ぐーっと飲めよ〜」と4人がやってたら 「ちょおっと待ったーでござりますですぅ」跳ね飛んでくるマンドラ坊や。 なんとそれは起きる人ではなく、起こす人が飲む“人の夢の中へ入れる薬”、魁ちんの魂を引き戻しにいく“誰か”が飲む薬だと聞いて、兄弟間に流れるビミョウな空気 「誰が……行く?」

「魔法使いさん助けて、変な粉がいっぱい飛んでて外に出られないの」ちょうど夜明けだったせいで、メメの鏡から魔法110番も飛び込んできちゃいます。 なんか黄色っぽい窓の外を見てお嬢ちゃんが祈ってますが、季節柄、黄砂や杉花粉と紛らわしい実によく出来たインフェルシアの陰謀……なのかも。それでどうやって門のカギを探すのかはわかんないけど。

「大変、すぐ行かなきゃ。よろしくネ」 「翼、後は頼んだぞ」末弟を任せて逃げるように出動する上の3人。 麗が占いで辿りついた公園で思いを吐き出す芳香姉ちゃん「ナイスタイミング〜 あの薬不味そうだったし」 「不謹慎だぞ芳香」「お兄ちゃんだって翼ちゃんに押し付けてたク・セ・に」 妹に突っ込まれて、今度は黄色の魔法使いの歌を朝も早から集合住宅地(MARK SPRINGS)で歌い始める蒔人兄ちゃん。 「夢の中と言う未知の世界で臨機応変に対処するには黄色の魔法使いが1番と信じて賭けたんだ」

疑わしそうな妹たちですが、ナイスタイミングなことにオレンジがかった霧が湧き、 ローブの魔力で守られてない通勤中の会社員たちが灰になって崩れるという異常事態発生。 「霧じゃない、これはキノコの胞子だ」嗅いだだけで分析する蒔人兄ちゃん、さすが緑の魔法使いです(デカレンEp46を見てたから…じゃあ無いよな?)。 灰の山を踏みにじって現れた冥獣ファンガスに対して、怒りの3人はマジレンジャーに変身。

一方「結局オレかよ!」残された翼はマンドラから“めざましき目覚まし薬”の注意点をレクチャーされてます。 夢の世界は他人が入り込むと同時に崩壊が始まる。消えてしまう前に戻らないと元の世界に戻れなくなると聞いて 「マジかよ……命がけの勝負ってワケか。ったくぅ、このバケやろう!」 ボヤきながら魁の横のロッキングチェアーに腰を落とし、思い切って丸薬をパクン、ごくん……そしてぐっすり。 「砂が全部落ちきる前に……頼むでござりますです!」あのぅ、その砂時計を見る事が出来るのはマンドラ坊やだけなんですが……単に自分がドキドキしたくて用意したのか、この鉢植え君。

魁の夢世界は惑星カダ……じゃなくて中田島砂丘。 白い両開き扉から夢世界へ入った翼が爆発音を頼りに砂丘を越えると、魁がウルザードと交戦中。  「何してんだ、とっとと帰るぞ」助け起して引っ張りますが「やだ、あいつを倒すまでは絶対帰るもんか」言うこと聞かずに突撃繰り返す末弟君。 今週はライダー共々生身バトル祭。しかしいきなり体に爆竹とは大変だねぇ。 砂丘の裏に一時退避して、コレは夢だから帰ろう、このままだと永遠に目を覚ませなくなると説得する翼ですが、 「オレはアイツをこの手で倒すんだ!」と戦意の塊みたいな魁は聞く耳もちません。ところで、モメてる時に喰らったドーザ・ウル・ザザード=至近ナパームと派手な砂丘オチ……は吹き替えかな?

CM入って黄色のアイキャッチ後のBパート。 落ち着いて考えろ。オレは黄色の魔法使いだ。この悪夢から抜け出すには一体どうすれば「悪夢……そうだ!」急に冷静になる翼ちん。現実の戦いではなくコレは夢 「オレがアイツを倒せば、お前も納得するよな。夢なら何でも出来るはずだ」魁を背に庇うようにウルザードに対峙する翼「マジカルショータイムの始まりだぜ!」 その出し物は……生身のまま狼幻術を受け止め黄色のエネルギー弾に変換してカメハメ波!  ぶっ飛んできたウルザードに向かって「ここまでだ!」宙返りジャンプしてオリャーと生身パンチで胴体ぶち抜き 「チェックメイト」指パッチン。バスを素手パンチ粉砕したジャスミンの方がインパクトはありましたが、魁には充分ショッキングな光景だったようで 「マジで、ここって夢の中なのか?」ついに納得してくれます。

ウルザード倒そうと夢中になってワケわかんなくなってたと言う魁に 「やっとわかったか、バカ! ……お前のそういうところが気にいらねえんだよ。勝手に突っ走んな。 父さんが死んで、母さんも死んで、 お前までいなくなっちまったら兄貴や姉貴たちが、どれだけ悲しむか考えてみろ!」照れくさいのか翼は背中向けてお説教。 敵討ちは現実の世界で兄弟5人でやるんだと、最後に魁の頭をペシっ。「ゴメン」素直な魁にわかりゃいいんだと言いかけて「やべ」 崩壊の闇に飲み込まれていく夢の中田島砂丘「この世界が全部消えたらアウトなんだよな、チィ兄」白い扉へと必死で走る翼と魁。

「あっちもこっちも どうにも大変でございますですぅ」現実世界では、マンドラ坊やが残り少ない砂時計を見たり、メメの鏡の向こうで赤い胞子に苦しむ緑・桃・青の魔法使いを見たりしながら、 パニック中。赤の胞子は体の反応を遅〜くするスロウの効果が……て、FFに馴染んでると微妙に違和感。赤はヘイスト、スロウは白、黄色はプロテスでしょ、やっぱ。 さらに、普段の速さならあんな奴……とボコられてる3人が、住宅地から山奥へと場所移動までしてのけるのはどういう理屈で? なんとも不思議効果な赤い胞子(もたもた胞子)。いっそフォクシーのノロノロビーム無制限版と思ったほうが早いのか?

夢の中では砂漠の後から横から前から虚無の闇が迫り、ついに立ち往生の翼と魁。 現実世界の砂時計も落ち切って「アウトだ、俺たち……もう」闇に佇む弟2人組(懐かしいなぁ、ネバーエンディングストーリー劇場版1作目)。 「ごめん……俺のせいで、チィ兄まで」 「言うなバカ」口調はキツくてもお兄ちゃんしてる翼が聞きつけたのは 「翼、魁」光の中に佇むお母さん・小津深雪(マジマザー 演・渡辺梓)の声。 「あれは」スローモーションで駆け寄って(翼のほうがより必死感に満ちた走り方v)2人声を揃えて『母さん!』

「翼、お兄ちゃんらしくなったわね」「どうしてここに」不信がる翼に近づいて「あなたの勇気が導いてくれたのよ」 「俺の勇気?」微笑みうなずく深雪ママ「魁のために、命をかけてここまできたじゃない」照れた次男の次は、 末っ子に釘を刺すお母さん「魁、突っ走るのはあなたのいいところだけど、くれぐれも無茶はしないでね」「うん、ごめん母さん」 2人の手を取り、重ね合わせ「これからも辛い事がたくさんあると思うけど、 皆で力を会わせてがんばるのよ」何やらDQ5の名場面がフト浮かぶセリフの後、 すうっと離れていくママの姿は白い扉に変わり「待って母さん!」追いかけた2人は勢い余って扉に体当たり。

2人が目を開けると、マンドラ坊やが「魁ちーん、翼ちーん」涙の噴水やってました。 涙はすぐに止まって起きた2人の周りを「よかった〜 良かったでござりますです」ビュンビュン飛び回ってますが、 魁はメメの鏡に映し出された、兄ちゃんたちのピンチに気を取られ、 「ありがとう、母さん」翼は母の感触を確かめるように手をギュッ……ぶっちゃけ鉢植えは無視状態。 ところで、勇気が導いたお母さん。黄色の魔法使いには交霊術の素養もあり?(出来れば生霊であってほしいなぁ)

「そ〜う〜だ〜」採石場では突然マジブルーがゴソゴソきらきら「麗ちゃ〜ん、なにしてるのぉ〜」遅回しの低〜い声でゆ〜っくり聞くマジピンクの前で、 「いくわよ、はっ」いきなり元の速さ以上で起き上がり、ファンガスにパンチ食らわせるマジブルー。 軽やかにジャンプして宙返りつきライダーキックまで決めちゃいます。 キノコスカート広げてゴロゴロ転がるファンガスの疑問に答えて取りィ出したのはヘイスト効果の黄色い香水 「これに動きを早くする成分が入っている事を思い出したの。お陰で元通りってワケ」説明しながらマジグリーンとマジピンクにも黄色い香水をプシュプシュかけるマジブルー。 匂いは……ないと信じておこう。

「よし元通りだ」「あーん肩凝ったぁ」伸びをする2人をみてファンガスは地団駄。 さらに「遅れてゴメン」「やっと目が覚めたか」「翼、あんたの失敗作も役に立ったわよ」赤と黄色も駆けつけ圧倒的不利になってガビーン。 和んだ挙句にW変身で5人揃い踏みとなり「一気に行くぜ〜」マジイエローを先頭にやる気満々集団を前にして、 毒の黄色とスロウ効果の赤の胞子しか攻撃手段を持たないっぽいファンガスは、冥府兵ゾビル(戦闘員)を多数差し向けます。 基本的にキノコモンスターのとりえって、しつこく“仲間を呼ぶ”くらいだもんなぁ。

さらに戦場は森の中へ移動(何故? ニュージーランドのザコ戦バンク使うから?)マジグリーンはひたすら肉弾でゾビルをなぎ倒します。 「お前等、地底の日当たりの悪い所で育った食べ物しか食べてないだろ。 お日様に育まれた野菜を食べれば、こーんな事だって出来るんだ」 岩を足場にワイアー宙返りしてゾビルの頭をガスッ 「トドメだ」斜めの枝で鉄棒の大車輪「サラダパワーを見たか!」お言葉ですが、蒔人兄ちゃん。インフェルシアには野菜がないから、地上とマジトピアを侵略しようとしているのかもよ? 

姉2人は広場で戦闘。「いーこと教えてあげよっか」 「実はスピードアップの薬、余ってたから点けたんだ」 「だからこーんな事も出来たりして」空中で無意味にクルクル回転舞踏やってます。 「もう飽きてきちゃったから一気に行きますか」両拳を交差させ、2人並んで水平飛びしてゾビルたちをなぎ倒します『マジカルシスターズおしおきストーム えーい!』

ゾビルが吐く爆発するツバを避けて、また崖から飛び降りやってるマジレッド 「派手に行くぜ! 寝すぎた分、たっぷりアバレさせてもらっちゃいます!」先ほどのイエローといい デカレンジャーVSアバレンジャー(Vシネ)を意識したようなセリフ吐きつつ、ゾビルをドカバキ 「(聞き取れない…寝覚めの運動?)に、ちょうどいいぜ」 マジスティックソードを出した後は広場で殺陣「どんどんいくぜ、覚悟しやがれ (聞き取れない)決めます、カイケツセン」魁ち〜ん、挿入歌と重なってセリフがほとんどボケてるよ〜。

イエローも広場で戦闘 「少しは頭使ってるか?」紙一重で相手のアクスを次々かわす姿もカッコイイが、ハイキック喰らって回転倒れするゾビルさんにシビれます。こりゃもう、美姫ティなんてメじゃないよ。 「いきなりこの展開はアリなのか」スピニングダンス跳びして無意味に踏みっ、 ゾビルの背中を支点に旋風脚のマジイエロー、キメはマジスティックボウガンによるイエローサンダー。 セメント爆発と銀星で華麗に跳んじゃうゾビルさん。
以上で、ザコ掃討は終了。

ファンガスは 逃げだした。しかし 回りこまれてしまった
「もう逃げられないぜ」「トドメだ」イエローとレッドに迫られたキノコを救ったのはウルザードの巨大化呪文。 「また勝手に大きくなりやがって」おかしな事を言うねぇマジレッド、巨大化に君の許しが必要だった前例があったかい?
「マジキングにはなれないが、5人の力で倒すんだ」グリーンが音頭をとって(レッドの許可なしに…苦笑)マジン化するマジレンジャーたち。 ここで巨大ファンガスが隠し技、爆発する茶色の胞子噴出。しかし「そんな、もん俺たちには効かないぜ」今週の主役マジガルーダとマジフェニックスが炎を突っ切って飛び出します。 「いくぜチィ兄、フェニックスキック(多分…やはり聞き取れない)」爆発駆け抜け、まずは赤が跳び蹴り。 続いて「ガルーダスパーク!」イエローが上空からビリビリと追撃。

ここで「うっし、俺たちの出番だ! マジレンボール」ガッツポーズのマジタウラスの指示で、マジフェアリーが“変わりまーすv” マジマーメイドも下半身魚形態になって、長女が変身したピンクのボールを、斧でトスバッテイングしたり、シッポではたいたり、空中で受け止めて回転を加えたり、 オーバーヘッドキックしたりで、巨大火弾に変えてファンガスをドカーン。なのにノーダメージの長女「いやっほー」これはもうシムラクラムか幻体戦士術(ロマサガ)としか思えません……

「そうか、母さんがそんな事を」緑エプロンで写真を見つめる蒔人に 「ま、夢の中の母さんだけどな」補足する翼……の近くのエミールガレ調キノコ型スタンドって前から魔法の部屋にあったっけか?  「でも、本当の母さんだよ、きっと」ほのぼの語るのはマンドラ坊やの鉢を抱いた芳香ちゃん。 「あたしもそう思う、いつもどこかで見守ってくれてる。そんな気がするもんね」 麗の言葉に4人+1本がうなづいた時、不意に背後からシパパパパ……と不信な物音。

振り返れば早回しで赤いM旗つきピラフをかきこみ、スープを啜ってる魁 「お前、あのスピードアップ薬、浴びやがったな!」「だってずうっと寝てて腹ペコペコだったんだもん、一気に食べたくて」「1人で突っ走るなって母さんに言われただろう」たちまち始まる魁と翼のおいかけっこ。 「今回は翼の薬が最後までモノをいったって感じ?」「ま、そゆことね」姉2人と蒔人兄ちゃんがゆったり食事を始めるかたわらでは 「俺の肉返せ」「肉ぅ、肉ぅ〜」何と言うか、魁が両手に掲げる肉に翼の手が届いてない辺り、24時間後のワンピーススペシャルの予告っぽい図で……次週へ!

今回の呪文紹介コーナー 『ジンガ・マジーロ』
ナイとメアからエンドコーナーの司会を奪い返したマンドラ坊や「今日の呪文は」の一言までもが生き生きして聞こえます。 でも主役は、うっとり姉×2とムッとした長兄に囲まれホストポーズで「ジンガ・マジーロ」な翼。 「色んな材料を混ぜ合わせて魔法薬に変える呪文でござりますです」そうだったのかぁ。で、1人足りないと思ったら、また椅子で寝こけてた末弟 「怖がらないで山崎さん。ちぃ兄って顔は“残念”だけど心は優しいから」こ、この魁の寝言って、翼がギター侍に似てるのを公式認定と解釈してよろしいか?!  でも、黄色の魔法使いは怒りのローブばさぁっ。「一生起きない薬作ってやるからな!」 ありったけ抱えた各種薬草にシシトウらしき実、蘭の花や干物や得体の知れない瓶はともかく、 そ、そのズワイガニも……魔法薬の材料なの?(“カニすき”って、実は危険な料理だったのか……)

次回予告 ステージ8『君こそヒロイン〜マジュナ・マジュナ〜』
「美貌と才能を多くの人に見せてあげようと思わないの?」そう豪語する芳香ちゃんにつきあって 「あたしなんかが……」と言いつつ会場に顔を出し、芸能人になってファンに囲まれる未来を妄想する麗ちゃん。 って事は「僕のイメージにぴったりだ!」とプロデューサーらしき人が選んだのは、木の枝でバトン練習してる次女の方か。  いやぁ、楽しみです、ツインヒロイン活躍編! 『身も心もトリコにしちゃうんだから』とポンポンを手に踊る姉妹だけでなく、5人全員踊りまくり……って、もしかしてミュージカル仕立ですかい? 

プレゼント告知
「みんな、いつも応援、ありがとう!」魔法の部屋で拳握り締める魁。 『主題歌CDと』芳香と麗がにっこり仲良くCDに頬を寄せるのとは対照的に、 なぜか『CDブックを』引っ張り合ってる蒔人と翼。 魁がステンドグラス前で「セットにして20名様にプレゼント!」と元気にやってる左右へ、瞬間移動してきた4人と供に画面の下部を指差しながら 『必要事項をはがきに書いて、応募してね。みんな、待ってるよー』……オリコン6位の『少年よ』は売り切れ続出だったらしいですが、15位のこっちはどうなんかねぇ。


もくじに戻る
Stage6 Stage8
アフォーの研究室(トップ)に戻る