×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

魔法戦隊マジレンジャー
ステージ23『禁断の魔法〜ロージ・マネージ・マジ・ママルジ〜』って、マジ?



もくじに戻る
Stage22 Stage24
アフォーの研究室(トップ)に戻る
8月7日
妖怪大戦争が封切られ、神木隆之介くんが各メディアで鉄道マニアぶりを披露していましたなぁ。 でもね、演じてる役者さんで言えば2倍、設定上は40倍以上の年季を誇る、鉄道マニアが日曜朝にはいるんですよ。 と言うわけで、ヒカル先生のピンチぶりを、たっぷり楽しもうじゃあーりませんか。行ってみようか特撮感想日記〜

魔法戦隊マジレンジャー ステージ23『禁断の魔法〜ロージ・マネージ・マジ・ママルジ〜』
8月のジャンクションはトラベリオンメイン。目新しいCMとしてはRCドラえもんにひっくりこけました。そっかぁ、去年はデカバイクがあったけど、機関車や魔法のホウキとリモコンの相性は、悪いというより有り得ないもんなぁ。 さて、スパヒロタイムのロゴ抜きで始まったステージ23のアバンタイトルは……

「何でオレ、追われてるんだ?」口笛のようなテルミンのような、妖しいメロディと気配を背中に感じて、緑の霧が立ち込める森を走るのは、すっかり大きくなった100円ネコババ少年・美杉太一。 ったく、犠牲者が超能力者かも知れない証拠品でジュースなんか買いやがって〜 とと、それは仮面ライダーアギトでのお話か。 今回は小池幸太くん(演 田辺季正)でしたね。見知らぬ森の下草は幸太の足に絡み、解いてる間に追っ手が真後ろからギュッと……。逃れようとして、崖から落っこちる幸太君。

ハッと気づけばベッド横の床の上。夢かと溜息ついてベッドに戻ったら、冥獣人・インキュバスのベルビレジ(声 緑川光)が夢と同じように幸太を背後からガバッ 「抱き締めたら放さない、フフフ」。なんちゅーヤヲ○臭い……ぢゃなくて、冥獣人のデザインがセーラームーンの妖魔っぽいんですが〜 もしかして、映画のダークキングダム風味な花嫁衣裳のついでに、デザインされちゃった冥獣人?

本編は魔法の部屋での授業から始まりです。蝉の声を耳にしつつ、団扇パタパタやってる5人に、ヒカル先生(マジシャイン 演・市川洋介)が出した課題は「魔法でピアノを弾く」。

「じゃあまず、オレ行きます」魁(マジレッド 演・橋本淳)は花瓶をミニサッカーボールに練成して、ピアノの上でくにゃくにゃポンポン。不協和音混じりの猫踏んじゃったを披露です。 「だめだぁ、これが限界」って、練成と操作に関連があまり無いような気が……。 「曲が良くないニャ」踏まれちゃたまらんと猫の立場から批評するスモーキー(声・草尾毅)を、手で押さえつけ、次に立ち上がったのは長男・蒔人(マジグリーン 演・伊藤友樹) 「よーし、兄ちゃんのを見てろよ。ジルマ・マジカ」ピアノを構成している木を操ろうとしたのかなぁ。結果はアップライトピアノから、トマト ナス キュウリをワサワサ生やす事態に。

「一途ね、お兄ちゃん。マジ・ジジル」事態を収めた麗(マジブルー 演・甲斐麻美)だけど、ピアノから出てきたのは音色ではなく占いの紙? 「1日5時間練習すればニ年で弾けるようになるでしょう」ご、ごもっとも。 「占ってどうするのよ、麗ちゃーん」長女・芳香(マジピンク 演・別府あゆみ)が使うのはもちろん、変身魔法。 ピンクのスーツに蝶ネクタイ、くるくる金髪カツラにヒゲ? 「うわー、ショパンみたいでござりますです」感心するマンドラ坊や(声・比嘉久美子)の横で 「ショパンって、しょっぱいパンか?」スモーキーがバカな突っ込みした直後、ピアノから響き渡る雑音……いや、蒔人兄ちゃんがズッコケ跳びする音撃が魔法の部屋に満ちました。 「やっぱ私は私でした。弾くのは無理だよ〜」変身解いて泣く芳香ちゃん。

「諦めちゃダメだよ。自分が使いこなせる魔法をいかに応用できるか。それを見つける事も魔法使いとしての成長だ」 先生のアドバイスの直後、翼(マジイエロー 演・松本寛也)による流麗な演奏が魔法部屋に響き渡ります。 「素晴らしいでござりますです」賞賛する鉢植えやランプ、いつの間に練習したのかと不思議がる弟に「してねーよ、魔法に決まってんだろ」 翼が見せたのは青い小瓶。「ずるいぞ、ピアノが上手くなる薬か」「あるか、ンなもん。こいつは“逞しき匠の技を託す薬”だ」 それを指にかけてピアノを弾いたらこの通り。薬の調合ってスキルの見事な応用を見て「翼の上達率は素晴らしいよ」修行時代の自分より凄いとベタ褒めのヒカル先生。謙遜する翼。ここまでは平和な授業風景だったのに……

「いいや、すごーいすごーい。リバースの魔法を許されるくらい凄いかも」 何やら裏がありそうな褒め方するスモーキー。黒地に赤文字と不吉っぽい本を開いて見せます「色んな時間を蒔き戻せる魔法ニャ。使えたら便利ニャ〜」。 とたんに、顔が険しくなるヒカル先生「こら、スモーキー」ゴジカで本を手元に移し、鎖と錠前で厳重封印。 「ダンニャ……ごめんにゃさい」悪乗りしすぎたと反省の煙猫。こりゃ、修行時代のヒカル先生が調子こいて使って、大失敗でトラウマ……かな。

物問いたげな生徒たちに「これは伝説の天空聖者クロノジェルにしか許されなかった禁断の魔法だ」一般的な解説始めるヒカル先生。 「時間を操れるという事は、ともすれば人の運命を狂わせ歴史すら変えてしまうという危険をはらんでいる」 クロノジェルはマルデヨーナ世界に自らの魂を封印し、魔法そのものにも強い呪いをかけた。 「何か怖い」イヤ〜な予感がするらしく、怯える麗ちゃん。目覚めない眠りや魔女ガエル(違う)と来れば、次は無気力になる黒い花とか来そうだもんなあ(東映だし)。

でも「俺たちには関係ないって」今日は約束があるからと、課題クリアした翼は授業の早退をお願い。黄色いリボンがかかったプレゼントの箱を手にします。 「まさかオレをさしおいてデートか、ちぃ兄」対抗心丸出しの魁と、冷やかす芳香に呆れつつ、ジムのオッチャンの息子の幸太の誕生日だと説明。 「小学校ン時から俺に懐いてて、可愛いヤツでさ」嘘や、小学校の時はナマイキやったに違いない……と思うンは、最近アギトのビデオを見直してた後遺症。ライダーに出る子役は、なぜかウザいポジションを振られがち、なんだな。

『小池ボクシングジム』に来た翼は、早速幸太の部屋へ。仲良さそうなツーショット写真を飾りながら、入ってきた翼の顔も見ない幸太くん。 「何だこの甘いニオイ」お前香水使ってるのかと軽口叩いても、「約束どおり来たぞ」プレゼントを見せても無反応。 ゆすっても返事しない幸太の異常な様子と、首筋にある何かを刺されたような3つ並んだ傷跡に首をかしげてたら、 マンドラ坊やから冥獣反応キャッチしたって緊急通信がっ

翼と残る5人がリバーサイドの公園に駆けつけてみると、幸太と同じ傷を首に受けてボーっとしているOLと、緑色の顔した冥獣人。 お前の仕業かと問われて「オレは背徳のマエストロ、インキュバスのベルビレジ。こいつはオレのキスでのぼせちまったようだ」キザに自己紹介&犯行宣言です。 インキュバスは人の夢の中に入って悪夢を見せるがこんな状態には出来ないといぶかるヒカル先生や、その人をどうする気だと詰め寄る5人に、 「気にすんな」ちょっと強く抱き締めて魂を抜いてやっただけだ。あと5時間で完全に体と魂の繋がりが切れて死んじまうから心配いらないと、答えになってない説明しつつ高笑い。

「何だと、ふざけんな」可愛い幸太を同じ目に遭わされた翼の掛け声で6人は変身。 「もてないからって、ひがむな。やれ」って、勝てないのがわかってんのに冥府兵ゾビルを今時差し向けるベルビレジもどうかと。 猪突猛進してくるマジイエローを軽くあしらい「オレは今日、まだこれから300人以上とデートの約束があるからよ、バカ相手にしてるヒマねーんだ」裏拳食らわせ足払いして踏んで「あーばよ」。 ところでベルビレジは黒口紅の人が演じる口元アップカットが印象的ですが……まさか、ベル=鈴 ビレッジ=村 という実写セラムンのファンにしか解らない楽屋オチ(監督の名前)じゃあんめーな?

「見事です、ベルビレジ」地底冥府インフェルシアでは、魔導神官メーミィ(声 高戸靖広)がベタ褒め。 「ふん、俺の手にかかれば男も女もイチコロよ。バンキュリア様、久しぶりにまた抱き締めてさしあげましょうか」 ナルシーで自信過剰なインキュバスに、妖幻密使バンキュリア(声 渡辺美佐)は「最っ低」と何やら腐れ縁を感じさせる態度。 メー・ザザレと再びベルビレジを地上に送り込んだ後、 「あらーん、もしや二人はむかし付き合ってた?」オカマらしい繊細さとイジワルさで突っつくメーミィ。 『知りませーん』パンク系少女幹部のナイ(演・ホラン千秋)とゴスロリ系少女幹部のメア(演・北神朋美)に分離して、過去の男って日曜朝には相応しくない話題を話をすっ呆け回避してたその時……騒ぎだすゾビルたち。

「何事です?」メーミィの疑問に応えるように降って来る紫の影。久方ぶりに魔導騎士ウルザード(演・磯部勉)がインフェルシアに戻ってまいりました。 「ウルザード」「お帰りぃ」『なーんか懐かしいねぇ』喜ぶナイとメアを、「おどき」もっと端っこ歩きないさよと言わんばかりに押しのけ、早速牽制始めるメーミィ。 「あら、噂のウルザード……へぇ、あなたがね。でもココの指導者は我。貴方の居場所はないわよ」しかーし、相手は政治や権力に興味がない、魔導騎士一直線ヤロー 「どうでもいい事だ。俺はン・マ様の為にいる」そのクールさが気に食わないらしく剣をへし折られた件でイヤミ言うメーミィ。さすがに気に触ったか、ウルザードは新生ヘルファングをブンッ。ひらっと飛びのくメーミィ。

「俺はン・マ様の牙と目を手に入れた。もう敵はない」剣と盾を誇示する魔導騎士に 「さすがに剣の腕は、まぁ信頼できそうね。じゃあ、邪魔なマジシャインを亡き者にしなさい」我の言葉はン・マ様の言葉と、お仕事命じるメーミィさん。 「マジシャイン、あの天空聖者か」何となく乗り気なウルザードを見て「さぞかし、面白い対決になるでしょうね」なんて言ってます。師のカタキだとしても師弟対決だとしても、面白いと言えるかな。 でも、ナイとメアはわかってない感じ。ウルザードの正体知ってるのはン・マとメーミィだけかぁ。

さて、マンドラ坊やによるとベルビレジの犠牲者は現在700人以上。 「どうすりゃいいんだ、あと5時間で幸太も」普段は冷静な翼がテンパッってるから、頼りはヒカル先生なんだけど、 700人の魂の行方が解らない「その謎を解かなければこの事件は解決しない」と何気にお手上げ状態です。 「そんな事言われても、切り離すとこ、見てたわけじゃないし」って芳香の言葉に触発され、リバースの魔法を使おうと言い出す翼ちん。 「ただ、蒔き戻して“見る”だけなら歴史も変わらねーし、インフェルシアが何をしたかも解るよな?」 もちろん大反対のヒカル先生「それだけは絶対ダメだ! 言っただろ、それは魔導士への第一歩にもなるんだぞ」なんだか、ウルザードが魔導騎士になった遠因はヒカル先生だったりしそうな勢いです。

「偉そうなこと言ってビビってるだけじゃねーのか。その程度の勇気もねークセにな、先生ヅラしてんじゃねーよ」 「そんなの勇気じゃない!」掴み合いになる先生と生徒。止めようとした兄弟たちが団子になった時、ウルザードから久しぶりの遠隔魔法通信が、ヒカル先生にだけ届いちゃいました。 「いいか翼、くだらないこと考えてないでベルビレジを探すんだ」心残りながら、魔法特急トラベリオンエクスプレスに乗って、紫色の人気のないビル街(マルデヨーナ世界?)に行っちゃうヒカル先生。 「どこがくだらねーんだよ」あーあ、先生がきちんと体験に基づいた説明避けちゃったから、翼ちんは禁断魔法を使う気満々……って感じでCMへ。魔法書を持ってっちゃえば安心だったのに、ツメが甘いなぁ先生。

「幸太、オレとの約束を果たすために、毎日頑張っててくれてたんだよな」 Bパートは魔法書置いたテーブルで、翼が展開する半年前の回想から開始です。 革ジャン着た翼の背景は、ガラスごしの雪。ポケットにマージフォン。 「少しだけ、やんなきゃなんねーことが出来ちまった」ボクシングを休む理由をはぐらかす翼に、怒りと失望をぶつける幸太くん「ナンだよそれ、オレ、翼さんの流星パンチに憧れてたんだぜ。……なら僕もボクシングやめる!」。 「バカヤロウ、今度のお前の誕生日、新品のグローブもって教えに来てやるよ。だから、それまでに腕あげとけ」一喝して背を向ける翼に、恐るべき単純さで 「じゃあ、オレ頑張るよ。約束だよ、絶対だよ」いきなり笑顔って……うーん、太一の時より演技力が落ちたと言うより、シナリオが無理すぎってトコロかな。

ともかく回想シーン終了。逞しい匠の技を託す薬を指にふりかけ、鍵師の技で錠前と鎖を外した翼は、魔法書の1ページを破りとって幸太の部屋へ(背景の本棚はやはり、ボクシング漫画なのかな)。 まず「マジーネ・マジ」とマージフォンを禁断魔法仕様にして詠唱開始「幸太を取り巻く空間よ、巻きもどれ。オレに何が起きたのか見せてくれ。ロージ・マネージ・マジ・ママルジ」 ロがゴに聞こえるけど魔法は成功。背後で12時だった時計の針がクルクル逆回転。眼前では2時間前の自分が出たり入ったり。そして夜中の3時で時間遡行は一旦終了。「時間が戻ったのか?」

3時6分、「イテっ。……夢か」アバンタイトルで見た悪夢にうなされベッドから落下、起き上がる幸太くん。 ベルビレジが背後に現れ、幸太の喉をツメで撫で、魂を肉体から引っ張り出します。その後「スパイダー!」カーテンをあけ、冥獣スパイダーを呼び、魂をパス。スパイダーの糸で魂を巻き取られた幸太はガッくり……。 「ベルビレジとは違うやつが魂を集めてやがったのか」ユイルワー星人ミーメは悪夢から魂集めまで1人で全部やってたのにねぇ。そしてベルビレジは別の被害者の元へ転移し、スパイダーは自力移動 「あの甘いニオイは冥獣の……」そう気づいた翼はマジーロ・マジカ。ニオイを視覚化して赤くて大きなクモの隠れ家を探します。

「よくわかったな、翼」廃工場に兄弟たちを集めた翼は、魁 蒔人 芳香の賞賛と、「翼、リバースの魔法を使ったのね」魔法書の破り取られた部分を証拠として突きつける、麗の非難を受けました。 しかーし、スパイダーが上から降りてきて口から赤い弾とか吐くから「話は後だ」と5人は変身。 建物の中から引っ張り出して殴りまくるマジイエロー。ピンクとブルーのツインキックやグリーン&レッドのツインパンチ中、レッドに大事なお願い事です。 「みんなの魂はアイツの背中の中だ。お前の練成魔法で魂をカタマリに変えろ」応えて ジルマ・マジーロでほわっと光るバレーボール大の球に魂を変え、背中から出しちゃうマジレッド。 電球みたいな塊を空中キャッチするマジイエロー「貰った」。49分って時間的にもこれで解決かと思ったら…… ベルビレジが素早くインターセプト「残念だったな。ほらスパイダー」と相棒にパス。「追うんだ」5人は必死の追撃です。

一方、「たくさんの人々から抜き取った魂はどこだ」似て非なる異空間のビル街でウルザードと対決中のマジシャイン。 「何のことだ、オレの目的はキサマを倒すこと」戦闘開始時点で、事件解決には役立たないタイマン勝負とわかっても、始まっちゃったモンはしょうがない。 剣と銃のバトルなら、マジシャインが勝つハズですが、遠距離もOKなドーザ・ウル・ザザードがあるから結構不利。避けたはいいが、地面の崩落に巻き込まれ、マジシャインは地下へ落下。 マジランプバスターは全て盾に防がれ、「そのひ弱な力であの5人に魔法を教えているのか。正義の為に使う魔法などひ弱だ。本当に強いのは闇の力のみ。あの5人も必ずその虜になる」 スターウォーズ臭いウルザードの演説を拝聴しつつ、隙ができるのを待つハメに。 でもって「そんなことはない、絶対にない」うっかり反論したら逆にスキが出来て、間合に飛び込まれて斬りつけられて……まったく何やってンだか。

その様子を扇に映して見ているメーミィの横には、観戦モードのナイとメア。手持ちポータブルテレビでWカップ見てるオッサンの周りに集まった若い子ってノリです。 「まさに因縁の対決ね、愉快愉快。さて、向こうはどうかしら」 扇をくるりんと回して、今度はベルビレジ&スパイダーvsマジレンジャー5人の対決を観戦です。 スパイダーマンの要領でビルの上へ移動するスパイダー。スカイホーキーで追いつめる5人 「もう逃げられないぞ、それを渡せ」イエローに迫られビルの谷間へダイブしたスパイダーは口からパパパッと糸を吐き、巨大なクモの巣を作って中央に陣取ります。 スパイダーの挑発ポーズに単純に引っ掛かり、糸渡り始めるレッド&グリーンと、ピンクとー&ブルー。スカイホーキーで上下から攻撃仕掛ければいいのに……そんなに頭に血が昇ったのかマジレンジャー。

不安定な足場に悩む4人に向かって、赤い弾を無数に発射するスパイダー。跳んだり回転したりの女性陣や、身軽に避けたレッドの背後で、落ちかけて慌てて糸に掴まるグリーン「ギリギリだぜ」。 しかし、第2撃でピンクとブルーが乗ってた糸が切れ、落下する2人。こうなれば助けに行くのが長男のつとめ。 ジャンプして切れた糸でターザン状態。そして芳香が変身能力を思い出す前に、マッスル〜。空中で2人を抱き止め見事着地。 「ありがとうお兄ちゃん」っていうか、マジレンジャーって、普段からビルに跳び上がったり跳び降りたりしてたんじゃなかったっけ?

何とかスパイダーのトコロまで辿りついたものの殴り負けて落ちたレッドが、カフェのパラソルをマットに変えて10点満点の着地を披露した後は、「いくぞ冥獣、待ってろ幸太ぁ」真打のマジイエローが綱渡り開始です。 ジー・ジー・ジジルで装着したマジパンチと、ボクシングで培った動体視力で赤い弾を全て迎撃し、 ラッシュに継ぐラッシュ。そして「トドメの流星マジパンチだ」高く跳んでクルクル回って必殺の一撃って……聖闘士☆矢の彗星拳?  そのまま地面に叩き付け、魂のカタマリも奪い返し「やったぜ」

でも「ふーん、やるじゃん」見物してたベルビレジは焦りません。お約束ながらメーミィの呪文で復活巨大化するスパイダー。 「チッ、しつこい野郎だ」イエローがキザに敵を見上げたその時、身を包む青いビリビリ「何だ?」
「は、翼!?」その異変は、異世界でタイマン張って、今まさに負けそうになってるマジシャインも感じとったようです。 「心ここにあらずか。オレはそんなヤツとは戦わぬ主義だ。いずれまた、決着をつけてやる」コレもお約束ながら、よくわからん理由で戦闘中断して帰っちゃうウルザード。 なんちゅーか、マジレンジャー+ヒカルを鍛えるのが目的だろうと追求されたら、言い訳できないタイミングですなぁ。

駆け寄る兄弟たちに「魂は奪い返した。後はマジキングで」と巨大化&合体を促すマジイエロー。 マジキングは、巨大スパイダーの赤い弾をのけぞって避け、剣をふるい、いよいよトドメと押せ押せムード。 しかし「何なんだコレは」マジイエローがビリビリに包まれ、解ける合体、解ける魔神化、なんと全員の変身も解けて地上へボトボト。 「なんなんだ、これは」悶える翼の手から魂の固まりは転がってゆき、ベルビレジの手に「ざーんねんでした。だ〜からムダだって言っただろうが、バーカ」巨大スパイダーと合流し、魂を手に消える両刀インキュバス。

「まちやがれー、行かせてたまるかー」何とか立ち上がり咆える翼だけど、やっぱりバッタリ。 案じて集まる兄姉弟。そこへ駆けて来るヒカル先生「翼……」蒔人をどかしてジャケットを脱がせ、 Tシャツ破ると腹に黒い渦巻きが「使ってしまったのか、リバースの魔法を」。風が噴出してるような表現ですが、逆方向のスケベ坊主の風穴?(by犬夜叉)どうやら、吸い込むのは時間らしいけれど。 燃える魔法書を背景に、苦しむ翼で今回は引き。だいぶ演技が上手くなったなぁ、ちぃ兄。あとは皮肉じゃないコミカルシーンをマスターすれば見習い役者としての課題は卒業か?

今回の呪文紹介コーナー 『ロージ・マネージ・マジ・ママルジ』
「今日の呪文は『ロージ・マネージ・マジ・ママ……』おと、おーといっ。言っちゃイケナイでござりますです」慌てて口押さえるマンドラ坊や。めずらしく独占コーナとなってました。 「時間を巻き戻す魔法ですが、コレは決して使っちゃいけない禁断の魔法なのでござりますです。万が一、使ってしまったら、大変な事になるでござりますです。ああ、翼ちーん」 メメの鏡の前で大騒ぎ。って折角魔法書のある部屋にいるんだから、嘆いてないで解呪方法を調べる努力くらいしようよ、鉢植えク〜ン。

次回予告 ステージ24『先生として〜ゴル・ゴル・ゴジカ〜』
「お守りだ。これを見たら僕の教えを思い出して欲しい」「弟子の為に命を捨てるつもりか」 こっ、これはアバンの使徒授与の儀式ですか、ヒカル先生〜。まさか、彼女に貰った身代わりアイテムor竜騎士の血がないと、マジに死ぬかも知れないメガンテを?(注 世界観が違います) 「キミたちの力を信じているよ、ずっとずっと、永遠にね」さようならマジシャイ〜ン。新CMとかOPの製作コストを考えて安心しちゃうダメな大人の心を捨てて、ドキドキしながら来週を迎えるのが、正しい番組の見方です。

映画のCMの、高〜い植物を登る5兄弟や、どこかへと案内するルナジェル、一角獣に乗ってるマジレッドに劇場限定らしき白いファイヤーカイザー(?)。そして姿が見えないマジシャイン。 9/3に向けて盛り上がってきたところで……さて、響鬼の8月ジャンクションは〜
と、画面を注視した直後、全ての希望を断ち切るようなABCテレビからのお知らせが……『第87回全国高校野球選手大会中継を お送りします』。 そして始まる甲子園特番。入場行進の歩数なんてトリビア、別に知りたかないよ、響鬼さ〜ん。


もくじに戻る
Stage22 Stage24 Stage23a

アフォーの研究室(トップ)に戻る