×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

魔法戦隊マジレンジャー
ステージ15『花嫁の兄〜ジルマ・マジ・マジュナ〜』って、マジ?



もくじに戻る
Stage14 Stage16
アフォーの研究室(トップ)に戻る
5月22日
海の向こうで、SWとかいう特大の特撮映画が封切られたりしてますが、日本でもコッソリ、シリーズなんだけどシリーズじゃない映画のディレクターズカット版DVDが発売されてたんですね。 1年間、日記で連載してたのに、すっかり忘れていましたよ、劇場版・仮面ライダー剣(ブレイド)DC版。 そんなウッカリに反省も込めて、行ってみようか特撮感想日記〜

魔法戦隊マジレンジャー  ステージ15『花嫁の兄〜ジルマ・マジ・マジュナ〜』
「ねぇねぇ、ナオミの知り合いが、赤いドクロの呪いにかかって居なくなっちゃったんだって」 最近良く見る水辺のロケ地を照らす、赤い月から今回のマジレンジャーは始まりました。 夜中にドクロの刻印押されると一週間以内にこの世から消えちゃうと、貞子もベックリの都市伝説を語る女子高生たち(沖佳苗 下田由香)。 でも1人の声はなぜか震えてます。噂の魔法使いに赤いドクロに会わずに済むおまじないを教えて欲しいと、冗談の範ちゅうで語る友人に、制服めくってみせた腕には、 打ち身っぽいアザに浮かぶ黒ドクロ「どうしよ、ねぇ、助けて!」悲鳴を上げた直後に消えちゃう女子高生。 友人の不幸にパニックして駆け出した、もう1人の目の前に、コラチェクみたいな人影が。その頭が割れて、輝く赤どくろでOPへ。

小津家の魔法の部屋でも「呪いの赤ドクロ?」末っ子の魁(マジレッド 演・橋本淳)が口火を切り、謎の都市伝説について会議中。 「最近、魔法110番でよく聞く名前なのでござりますです」マンドラ坊や(声・比嘉久美子)が言う以上、インフェルシアの悪巧みのハズですが 「マージフォンにはここんとこ、冥獣反応は出てないぞ」感知できないものは対処の仕様がないとイマイチ真剣味に欠ける長男・蒔人(マジグリーン 演・伊藤友樹)。 もしかすると反応の出ない隠密タイプかもと聞いて「そんなのが、居ンのかよ。どうやって探すんだ?」次男・翼(マジイエロー 演・松本寛也)はウンザリ顔。 そこでマンドラ坊やが取り出したのは240年ほど使ってなかった探査機械『オシエテルミン』壊れてなければ性能は折り紙つき……って、テルミンは1920年に発明された電子楽器では〜?

「たっだいま〜」そこへスキップるんるんで戻ってきたのが長女・芳香(マジピンク 演・別府あゆみ)。 「じゃっじゃーん、大発表〜」芸能人の記者発表みたいに、左薬指にハマったダイヤの輝きを見せ付けます。 「わたくし、小津芳香は、結婚いたしまーす」効果音に細やかなカット割りで思わせぶりに発表したのに「なんだ結婚ぐらいで騒々しい。いいから早く座れ」ひとまずスルーする蒔人たち。 でも『えーっ!? 結婚?』 「ダレと?」的確な質問したのは次女・麗(マジブルー 演・甲斐麻美)。 「いつ」何時の間になのか、日取りなのか良くわかんない驚き方する翼。「どうやって」魁くんの質問は日曜朝には答えにくいなぁ。

「ではでは、紹介しま〜す。ラブラブだ〜りん、テ・ツ・ヤくんでぇ〜すv」兄弟を玄関に呼び集め、芳香が扉を開ければ、 ピンクのシャツにキンキラネックレス。カメラ構えた白メガネ男がズカズカ小津家に入り込んでまいりました。 「どぅもー、初めましてぇ〜」ノリノリで手を振るテツヤ(五十嵐元)は、芳香が仕事で出会ったカレシ。 まずは麗を可愛いビュティホーと褒めちぎりパシャ。素敵な鉢植えとマンちゃんも攻略。 翼と魁には「俺のことはテツヤさんと呼んでくれ。でもテッちゃんだけはカンベンかな」とお付き合いの基本、呼び名の希望を伝えつつパシャ(何でピースなんだ魁ちん)。 「あなたが蒔人さんですねー、よろしく!」そして果敢にラスボスに挑むテツヤ。しか〜し「芳ちゃん……」イキナリ苦虫噛み潰してるお兄ちゃん。

「で、結婚と言うのは本気なのか?」久しぶりの食堂に通されたテツヤと芳香がラブラブしてるのを、こわばった顔で見つめる蒔人。 他の3人も、明日結婚式上げたいと言い出す御姉ちゃんにビックリです。さらにラブラブはじめる2人を前に真っ赤に染まり地震まで引き起こす緑のアニキ(さすが緑の魔法使い)。 「ゆるさーん! ダメだ ダメだ ダメだ。絶対に許さん!」得体が知れない、詐欺かもしれない、相談も無しに母さんに申しわけが立たない、 最後にマジレンジャーの活動のことを口にしかけて兄弟たちに抑え込まれつつ「帰ってくれ! キミに食わせるアニキサラダはない!」と席立って、魔法部屋にこもっちゃう長男・蒔人。

「実はね……」事情説明に追いかけてきた芳香を、子供と決め付け、結婚は無理、悪ふざけはたいがいにしろ「話は終わりだ」と、30分前の他局アニメのイタズラトリオ&幼い日のレントン並に子供っぽいところを見せちゃう緑のアニキ。 「もういいわよ。お兄ちゃんがなんと言おうと絶対結婚するからね!」売り言葉に買い言葉で、芳香も怒って家を出ちゃってもう大変。

さて、地底冥府インフェルシアでは……。 「スケルトンの赤いドクロは生命エネルギーをじわじわ時間をかけて吸い取るの。人間たちはその間、不安と恐怖に苦しむv」 蟲毒房三冥獣・スケルトンのまわりでパンク系少女幹部のナイ(演・ホラン千秋)とゴスロリ系少女幹部のメア(演・北神朋美)が踊ってると、 蒸気噴出して怒りはじめる凱力大将ブランケン(声 江川央生)様「手ぬるい! 一人一人に呪いを欠けると悠長な事をしているヒマはない」 最後にして最強の蟲毒房三冥獣の圧倒的パワーで直接人間を襲え、一気に門の鍵を見つけろと、ラピュタのモウロ将軍みたいなハッパかけます。 ところで、勝ち残ったのがオーガにグールにスケルトン。結局、蟲毒房に入れられたのはRPGにおける序盤から中盤前半のザコ敵ばかりだったんじゃ……?

まだまだ平和な小津家の3兄弟+1は、紙の造花作りながら長女の式の打ち合わせ中「ガーデンパーティーは、雨が心配よね」すっかりお母さん視点の麗ちゃん。 花嫁の付添い人を山崎さんに頼みたいと魁はデレデレ。「でも、明日結婚式ってすごいよな」翼は姉の決断力を尊敬し、マンドラ坊やもブーケに頭の葉っぱを一枚提供したいと大乗り気。 「お前たち、結婚を認めるというのか!」お母さんの写真見てた長男が怒っても、成人の芳香が望んでると言われれば反論できません。 最近帰るのが遅い芳香の態度に噛み付くなどアサッテな文句つけるだけの蒔人ちん。 その時、『オシエテルミン』が身もだえ開始。メロディーで判断された隠密冥獣の居場所は西南西に5km。この大雑把振り、戦い始めないと検知しないあたりとか、仮面ライダーブレイドのアンデッドサーチャーみたいです。 「ほっとけ、今の芳香はアテにならん」連絡しようとした魁の携帯取り上げた蒔人でしたが……

ビルぶっ壊して喜ぶスケルトンの元へいち早く駆けつけ、「ようやく見つけたわ、覚悟しなさい!」果敢に戦っていたのはマジピンク。 マジスティックを飛ばされても諦めず「ジー・ジー・ジジル!」マジパンチかまえて、電撃の中を突っ込み3連コンボでスケルトンをバラバラに。 駆けつけた4人に振り返ってはいるものの「良かった、これで助かったわ」言ってる相手はここには居ない人? しかし相手はスケルトン。崩れてもダメ押しの一発叩き込まないと倒せないのがお約束。 赤いドクロを中心にたちまち復活。骨飛ばして、突っ込むピンクに変身解けるほどのダメージ与えて逃走です。 「逃がさないんだらっ、やっと見つけたのよ!」それでも戦意を失わない芳香。この辺から何となくテツヤと慌てて結婚する理由が見え隠れ。

「お兄ちゃん、聞いて。芳香の話」真実を語ろうとする真剣な目に気づかないまま「ダメだ、ダメだ」少しくらい点数稼ぎしても結婚は許さない、話は別だと背を向ける蒔人。 石頭のアニキの事なんかもういい、結婚式のことは任せろと請合う兄弟たちにも浮かない顔の芳香ちゃん。この戦闘、夜か早朝じゃないと辻褄合わないんだけど、そこは夜間フィルターを各視聴者が脳内補完すればいいのかな。

翌日の式場では「何でお前が緊張するんだよ。っていうか、その頭ナニ!」おでこ丸出しの魁が貧乏ゆすりの翼にたしなめられ、 白に近い水色と言う参列者としてはオキテ破りドレスつけてる麗が「すっごい綺麗だよ」芳香の準備完了をお知らせ。そしてウェディング衣装の芳香登場。 しかし、蒔人の姿が見えません。「逃げたな」「逃げたんだな……」

「人の気も知らないで」蒔人はアニキ農場で雑草取りに精出しつつ、2人兄弟だった頃の思い出を回想してました。 中ほどの庭弄りシーンはともかく、ランニング&サマードレス着ての木陰の昼寝や、水着姿での砂遊びしてる蒔人(池田稜馬)と芳香(上野一舞)。 子役さんの風邪が心配です(海水浴させなかったのが、せめてもの思いやり?)
むざむざ不幸になるようなコト、絶対許さん「ネバーッ!」雑草握り締めて吠えてたら、教会に居るはずの義弟が白モーニングでカメラ持ってパシャ。 隣で雑草抜き始めます。

「そんな事しても、結婚は許さんぞ」「ええ、俺、やめようと思ってますから」なんだか沈んだ声で目をそらすテツヤ「俺、今日、消えてなくなるんですよ。呪い赤ドクロに見られてしまったから」 白メガネを取ると急に爽やか顔になる、テツヤがめくった腕には赤黒いドクロのアザが……。 芳香が結婚しようと言ってくれたのは、この世から消えてしまう最後の一日を最高の一日にするため。でも完璧な最高の一日の為にはお兄ちゃんの祝福が絶対必要。 「やれる事はやれるだけやろうって、芳ちゃん言ってたけど……俺もう充分です」 “やれるだけの事”が兄の説得ではなく冥獣探しだったと気づいた蒔人は(母さん、芳香も俺の知らない間に大人になってたみたいだ)と遠い目。

そこへマンちゃんからのオシエテルミン情報入電。後からすぐに行くとテツヤを教会に向かわせた蒔人は、結婚式に参列している他の兄弟たちに知らせるなと、 マンドラ坊やに口止めして、単独でスケルトン撃破のため北東3km地点へと走ります。とはいえ「さすがはスケルトン。これくらい派手だと見ててスッキリ」妖幻密使バンキュリア(声 渡辺美佐)も言ってるように、 幾つものビルを破壊し、大勢の人間がパニックしてるカタストロフィーな状態じゃ、教会のある地域にだって避難勧告とか出てそうですが、ソコはデカレン時代からのスルーポイントということで。

ただ、逃げてる人々の中に、ちちんぷいぷい3/5の『今日のダレ?』で紹介されてた山内明日(メイビ)ちゃんが……鈴鳴らしながらこれ見よがしにスッ転んで、 冥獣帝ン・マ様は目をひんむくし、ブランケンは立ち上がり、魔導騎士ウルザード(演・磯部勉)は振り返り、 「まさか、今のは」バンキュリアもガレキ散らかした東映敷地内でキョロキョロ。ただ追求する前に「やめろー! 芳香を苦しめる冥獣め、俺が倒〜すっ」熱いアニキが駆けてきて門の鍵どころじゃなくなっちゃいました。 芳香はたった一日の幸せじゃダメだ「一生幸せじゃなきゃダメなんだ〜」アニキの咆哮でCM突入。

緑のアイキャッチで始まったBパートは、蒔人結婚認めるの知らせに喜ぶ芳香と、なぜテツヤと一緒にアニキが来なかったのかと首をかしげる魁達から。 結婚行進曲がパイプオルガンから流れる中、牧師(イアン=ムーア)の前で待つテツヤへと静々歩く芳香の顔は浮かないまま「……お兄ちゃんの、ばか」。 その時、ウェディングドレスのどこに入っていたのかは知らないけれど、危急を告げるマージフォン。 「口止めされていたでござりますですが、約束を破りますです。蒔人チンは芳香チンの為に、1人で戦いに行ったでござりますです」

単独変身も決めポーズも名乗りもなしで、いきなり戦闘してたマジグリーンは『グリーンバインド(拘束するツル)』でスケルトンを捕らえ、 地面にたたきつけて木っ端微塵と、何気に悪役っぽいワザで一度は勝利を得ましたが、コナゴナに砕くのを怠って、やっぱり復活のスケルトン。 骨飛ばし攻撃をモロに受けカベに叩きつけられて変身解除。 「待ってろ芳香、兄ちゃんは必ず……」霞む目にうつったのは、陽炎の中、ウェデングで欠けてくる妹の幻?「綺麗だ、芳香……結婚式、間に合わなかったよ……幸せ」いやいや、蒔人を揺さぶるのは、 カレシも参列者もブーケも投げ出し駆けつけた芳香本人。パンプスとパニエ入りロングドレスにベールというフル装備で駆けつけた突飛さにゃ、スケルトンだって唖然として一時攻撃中断しちゃいます。

「芳香、幻……じゃない?」バカと背中ひっぱたかれて、正気に戻る蒔人。「お兄ちゃんが来ないと、結婚式挙げられないじゃないの。こんな冥獣、チャッチャと倒しちゃうわよ」そんな、ひどい(スケルトンは紳士的に待っててくれてたのに)。 「当たり前だ。俺を誰だと思っている。アニキだぞ!」ナニが当たり前かかなり謎ですが、ウェディングドレスと流血メイクアニキのツイン変身とフルバージョン名乗りが見られたからよしとしよう。 ツインキックに「変わりまーす」の芳香ちゃん大砲でマジグリーンを発射「ドンと来い! ハッピーウェディングボンバー」マジスティックアックスでスケルトン3度目撃破後に、 残る3兄弟も変身済みで駆けつけて……あとは、勝手に巨大化したスケルトンに対して、先週の穴埋めをするかのようなマジキング戦に突入です。

しかし、魔法剣キングカリバーによるファントムイリュージョン受けても、やっぱり復活しちゃうスケルトン。 反撃されてもめげないで「絶対ぶっ潰すぞ!」なんて叫んでたら、天空聖者から新しい呪文が着信「お兄ちゃんと、芳香ちゃんの勇気のお陰ね」 「相手のことを考え、相手の為に行動する勇気だな」えっと、それって思いやりって言いませんかマジイエロー。 ともかく、前へ出たグリーンとピンクが唱えたのは『ジルマ・マジ・マジュナ』。剣を空に掲げアンノウンハンド……もとい、熱い熱線を灼熱した雲間から召喚する『マジカルシャワー』。 焼き尽くされ蒸発するスケルトン『チェック・メイト』回りのビルへの影響が、ちょっぴり心配な技でございました。 「何も言うな、おれの気持は……ジルマ・マジカ」マジキングの周囲の街を花畑で覆って、綺麗だけど少し傍迷惑な方法で、祝福の気持を伝える不器用なマジグリーン「幸せに、なるんだぞ」

ラストはやり直しの結婚式場。蒔人の号泣をBGMに「病める時も健やかなる時も……」とやってる牧師さん。 その前では、誓いのキスを待ちきれないのか、その体勢で寸止めやってる芳香とテツヤ。だけど「愛を誓いますか?」の問いに 『誓い……まっせーん!』明るく結婚取りやめる2人に驚く一同。ああ、晴れ着姿のマンちゃんが叫ばなくて本当に良かった。 アザが消えた以上「退屈な夫婦より、刺激のあるカップルの方が楽しいもんねー」「ねーv イェイ♪」。 呆然と固まる蒔人に「マジレンジャーとして戦わなきゃイケないうちは、まだ早いかなーって」イヒ、にゃはーんと決意のポーズ。 「こら、おまえら。いい加減にしろ!」怒りの中にホッとした気持が滲むアニキに追っかけられ、教会から飛び出して、ジャンプする白無垢衣装の2人と、ずっこける参列者。 まぁ、そんな事が言えるのは、1年でキッチりケリがつく、正統派の戦隊なればこそ。戦いがエンドレスなデカレンだったらボスとスワンさんみたいな事になるもんね。

「見つけたというのだな」インフェルシアではブランケン様がバンキュリアに確認中。 「あの時感じたン・マ様の反応。間違いなく門の鍵。今日逃がしたけど、あの血の匂いは覚えました。すぐに見つけ出してみせます」腕のケガがアダになったか明日ちゃん。 封印が解かれる日が来たと高笑いし、地上に一気に攻め込んでやると、ウロウロしてるブランケン様と、赤く興奮する池の中のン・マさまで今回は引き。

今回の呪文紹介コーナー 『ジルマ・マジ・マジュナ』
15 23 7 18 0……という答案用紙をコッソリ並べ「復活できない呪文で、ジルマ・マジ・マジュナ。ジルマ・マジ・マジュナ」とやってる魁ちん。 その横に忍び寄る姉と兄「魁ちゃんの魔法力が足りないからよ」「問題は魔法力より学力だ。今日から特訓だ!」「はい、ドーン!」腕に乗せられた問題集と参考書の重みにつぶされる魁で、呪文解説コーナー終了〜。 魁の魔法力は十分のはずだから……やっぱ、学力かな?

次回予告 ステージ16『門の鍵〜ウザーラ・ウガロ〜』
「ついに門の鍵を葬り去る時がきた」おお、ナイとメアがレースとヒダヒダにミスマッチなようで、実は良く似合う巨大な飛び道具を振り回しておる〜。 そして鈴の音からリンと魁に名付けられる明日ちゃん演じる“門の鍵”は記憶喪失。で、今後は空から来た少女と、山崎さんと魁のトライアングル……だったりするんですか、天空聖者さまー!?


もくじに戻る
Stage14 Stage16
アフォーの研究室(トップ)に戻る