×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



忍風戦隊ハリケンジャー 巻之八『疾風と迅雷』 かも?



もくじに戻る
巻之七 巻之九
アフォーの研究室(トップ)に戻る
忍風戦隊ハリケンジャー
今週はハリケンウインガーで飛びませんでした。
       以上

ウソウソ、まずはハリケンジャーのライバル、ゴウライジャー兄弟、先週の活躍です。 早い話が、信号トリオ=ハリケンジャーがボコられてるシーンですが。

で、基地に戻ったハリケンジャー達と館長(ハムスター)、そしておぼろさんによる解説ターイム。 けんだまに興じるロボットっぽい黒子×2(いたんだ、こいつらも基地に 何気に顔も金と銀) を追い出して
「闇に生まれ、闇に生きる。迅雷流伝説の覇者にして暗黒のシノビ」ゴウライジャーと、 迅雷流始まって以来の手練で、手のつけられないはね上がりの兄弟のお話です。
「最悪の連中が最悪の存在になった、ちゅう訳や」と悩む館長夫妻親子
でも、ゴウライジャーが突っかかってきた理由を学校同士のライバル意識と決め付け、500年続いてきた対抗戦が流れたのはジャカンジャのせいだと教えてやれば、 誤解が解けるとばかりに、飛び出す信号トリオ……前途多難です。

一方、ゴウライジャーを二本槍かも、と思う宇宙忍群ジャカンジャ幹部たち。ただ、独自の戦略も忘れません。
サーガイン(本来は手のひらサイズの虫、和洋折衷の甲冑型スーツ頭部の操縦席に鎮座してぱっと見は人型)が放つ中忍は、 水喰い忍者ガマジャクシ(声 青空球児……)ゲロゲーロと鳴きながら、ダムに出現し、子ジャクシなるメカを撒き散らします。

ニュースで、全国の川やダムや噴水の水までもが無くなる現象が報道される頃、おぼろさんは例の黒子(メカなの?)が捕まえてきた、 子ジャクシの分析開始、ジャカンジャメカの仕業だと発信です。

あてもなくゴウライジャーを探して岩場(海岸?)を走っていたハリケンジャー三人組は、海岸で子ジャクシを見て渋い顔している二人組と遭遇します。
まさに、犬も走れば棒にあたる、戦隊も走れば目的に着くの法則です。
俺達この星の仲間じゃないか、一緒にジャカンジャと闘おうと、説得ターイムですが、そこへ水喰い忍者ガマジャクシ登場。

「探す手間がはぶけたぜ」いやまったく。「飛んで火にいる春のカエルよ」えっと……
「いくぜ」とシノビチェンジ、布バージョンの名乗りシーンの後に戦闘開始。
いきなりクサリつき鉄球に巻かれ『宇宙忍法ガマ砕き』で、空中爆破で海へドボン。フィルム逆回しジャンプで復帰するものの、ジャイロシュリケンは効かず、 子ジャクシ爆弾でボロボロ。相変わらず高いところから見物中ゴウライジャーの
「もう少しお手並み拝見といくか」でCMへ……

BANDAIもゴウライジャーアイテムはまだ開発して無いのか出て来ませんでした。武器の名前が分からないと書くのに困るんだけどなぁ。

さて、ハリケンジャーの危機に武器の紹介も発売予定もないまま、ゴウライジャーのシノビチェンジシーンです。
「深更のイナズマ 角忍 カブトライジャー」
「蒼天の霹靂 牙忍 クワガライジャー」
「影に向かいて影を斬り… 光に向かいて光を斬る…
 電光石火、ゴウライジャー、見参!」
稲光(いなびかり)効果激しいです。だ、大丈夫かな〜 テレビ東京のポケモン騒ぎとかフト思い出したり……

えっと、話を戻して、槍形イカヅチ丸を構えハリケンジャーを無視してガマジャクシを攻撃するゴウライジャー。

「手を組もうなどと言っていたのはやはりウソか」とジャカンジャ本部センティピードは大騒ぎ。

イカヅチ丸円月の型なる盾で子ジャクシは返し、十字の型なる大きい十字手裏剣にイカヅチ丸を変形させて攻撃、 ゴウライガジェットのホーンブレイカー(赤い銃) スタックブレイカー(と、聞こえた青いハサミ)の連撃と、 二重連ダブルガジェット(今回青)「サンダー(ファイアー=発射の意味か)」で見事ゴウライジャーはガマジャクシを撃破です。 無言で背を向けその背後で中忍爆裂というのはルパンの五右衛門ぽくてカッコいい(成・敗バイ、なんてダジャレも言わないし)

この展開にとまどいつつ、コピージャイアントでガマジャクシを巨大化再生するジャカンジャ。 相変わらずウェンディーヌさん色っぽいなぁ。ハートマークな解説窓は無いけれど。

えっと、シノビマシンの今回の発進は、高層ビルに映る赤い巨鳥ハリケンホーク。 イルカショーの上空をジャンプで超え水中を泳ぐ青いハリケンドルフィン。 道路を陥没させるハリケンレオンの下からのアングルと何気に凝ってました。 ビルで働く人やイルカショーの見物人、道行く人の記憶操作をする黒子たちの苦労に涙なみだ……

戦闘はいきなり合体。子ジャクシ(もはやサイズは軽トラ以上だが……)連射に苦しむ旋風神ですが、 黒子が置き忘れたけんだまにおぼろさんがヒントを得て、トータスハンマー(鉄球)とゴートクラッシャー(ハンマー)を組み合わせ、 良く分からないけどゴートハンマー(けんだま)で子ジャクシを弾き、フィニッシュトリック『ゴートハンマー・ハリケン彗星』で撃破〜 でした。

ガマジャクシが倒れ水が戻り「誤解もしがらみも解けたんだよな」とゴウライジャー=虫兄弟に駆け寄る信号トリオですが、 「俺たちには仲間も流派も無い」とつれないお返事。
迅雷流や地球が滅びるのも結構。ガマジャクシを倒したのは水がなくなるとアレが生まれないせいだそうで。
ジャカンジャの地球侵攻の理由がアレだと初めて聞き驚くハリケンジャーたちの前で(アレが何かはまだ不明)、 弟 霞一鍬(青いクワガタ)は、アレを手に入れ、真の迅雷流の名を表にとどろかす夢を語り、 兄 霞一甲(赤いカブトムシ)はアレの力で宇宙一の忍者になる夢を語ります。 長男次男で性格が逆っぽいのが個性……ですかい?
「その為なら、ジャカンジャと共闘する事も辞さず」「ハリケンジャーと対する事もまた辞さず」
虫兄弟の考え方が「わかんねーよ」と理解不能の信号トリオ。

しかし首領タウ・ザント様は「わかる……我らの力とお前達の情報一つになる時が来た。来るが良いゴウライジャー」海の向こうからついに採用の通知です。就職決まってよかったね、虫兄弟。
返信しお迎えのムカデエンブレムの玉に乗って、二人は海の彼方へ消えて行きました。今度は海を見つめる信号トリオでつづく。  前回もゴウライジャーを見送って「つづく」だったような……

ま、こんな感じで……次回から (え゛) ハリケンジャーを信号トリオ、ゴウライジャーを虫兄弟に統一しようかな。変換楽だし。


もくじに戻る
巻之七 巻之九
アフォーの研究室(トップ)に戻る