×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



忍風戦隊ハリケンジャー巻之四十八『永遠の命』かも?



もくじに戻る
巻之四十八 巻之四十九
アフォーの研究室(トップ)に戻る
1月19日
忍風戦隊ハリケンジャー 巻之四十八『永遠の命
宇宙忍群ジャカンジャ本部センティピードの備え付け首領、タウ・ザント様の御言葉から日曜の朝が始まっちゃいました。 怒りの矢のメダルがあっても嘆きの弓のメダルが無ければ、アレは生まれぬ……。
進み出たのはサンダールです。また失敗するんじゃないかという他の暗黒7本槍(幹部)には、ダテにデザーギを犠牲にしてはいない、御前の弱点は見つけたと超強気。
やはり出世頭間違い無しと“カノジョ”に立候補するフラビージョ(また腐兄さん受けする事を。でも発音、若々しくないぞ)、サタラクラも“カノジョ”に立候補して、あんた男でしょなんて呆れられてます。(「男と男の間にも愛は成立するのではないか〜」ふ……腐女子受け…か?) ともかく、将来のおヨメさんとおムコさんには困らないサンダールは、タウ・ザント様から怒りの矢のメダルを預かり出撃です。

ビルの屋上でネコな呪扇獣マドーギを扇子から出したサンダールは、前回倒されたデザーギの遺髪ならぬ遺羽根を6本取り出し術をかけて放ちました。なんだかカラフルな人型になって街へ消える黒い羽根。(デザーギの羽根ならサーフボードくらいありそうなのに……あり、カラスの羽根サイズ?)

ハリケンジャーの地下基地では御前様が闇石=嘆きの弓のメダルの起源について語っていました。
昔々おびただしい隕石が地球に降り注いだ時、その一つに闇石が秘められていたのです。きっと宇宙にも平和を願う者達がいて、邪悪なる石を二つのメダルに分け離れた星にバラバラに送ったのだろうと推理します。 その邪悪を封じる器として生きてきた御前様は、闇石が生んだ忍術こそ「この星が邪悪な意思に抵抗しようと生み出した力」と位置づけます。

その言葉に自信を深め「俺たちは無敵だ」なんて嬉しそうな一行ですが、鷹介だけは
「もしジャカンジャをやっつけたら御前様は?」なに、500歳年上の人のおムコさん候補に名乗り上げか?
「気にするな、地上に平和が戻ればまた何処かに身を隠し、世の中を見守り続けるだけ」と言う御前様を、 よほよぼのじいさんになってもばあちゃんになってもミイラになっても守ると言い出す信号トリオ(ハリケンジャー)と虫兄弟(ゴウライジャー)。館長もシュリケンジャーもそれがシノビの宿命とうなづきますが、
「ならぬ、私はそのような事を望まぬ。お前たちは自分の道を進むのだ……私に干渉するな」
と御前様は背を向けます。

基地がある忍び谷の一角と思われる枯野で、御前様のかたくなな態度に「わからずや〜」と叫ぶ鷹介ですが、虫兄弟に「別れの悲しみに触れぬため」だろうといわれ、 永遠の命を持つ御前様とはいつか別れのときが来ると悟ってしんみり。俺たちは御前様を悲しませちゃいけない、絶対に負けられないと決意を固めます。
そこへおぼろさんから緊急通信がはいります。
「あんたら一体、何してくれたんや!」

忍風館(忍術学校)の元館長、無限斎(今はハムスター姿)が、ワシの教育が悪かったのか〜  と、見つめるテレビ画面では混乱したニュースキャスターが赤青黄の“派手”な忍者怪獣(?)が街を破壊している様子を伝えていました。

あわてて現場に駆けつけた鷹介たちが倒れている人を助けおこして事情を聞けば「ハリケンジャーっていうのがいきなり襲ってきて……」という証言にガクゼンです。
気配を感じてひと気の無い競技場前にきた五人の耳に、不信な鈴の音が響きます。
そして現れる派手な影「人も知らず 世も知らず 影となりて “善”を討つ」どっかで聞いたような微妙に違うセリフと共に、ニセハリケンジャーとニセゴウライジャー、シュリケンジャーが出現です。
対抗して本物もシノビチェンジ。天空神からシュリケンジャーも駆けつけ、ニセモノVS本物の同色対決が始まりました。

「わしゃ、わしゃ……信じとったぞ」の館長に、顔がニセモノぽいだの色が微妙に違う(鈴付き首輪以外は同じです)最初からわかっとったというおぼろさん、さっきと言うことが違うというのもベタでよろしい。

よろしくないのはサンダールが「怒りの矢のメダルよ、我に力を」と、戦闘フィールドを怒りの矢の結界で包んでしまったこと。
「結界の中では、そやつらにはどんな攻撃も効かぬ」
赤い結界空間で、ニセモノの雷撃破 水流破、869号、キバイナズマ、千本ノック返し、ドライガンと、攻撃を食らいまくる信号トリオと虫兄弟にシュリケンジャー。6人とも大ピンチです。
この結界を破れるのは対となる嘆きの弓のメダルのみ。おぼろさんが振り返ると御前様の姿が基地から消えていました。

ニセモノのビクトリーガジェットを食らい、6人がトドメを刺されようとした時、不意に赤い空間がひび割れて粉々となり、ハリケンレッドのハヤテ丸がニセレッドに通じました。
「みな、無事か、結界は消えたぞ」青空まぶしい廃工場の一角にたたずむ御前様が涼やかに言います。 (結界破り〜 とか跳ね回るのを期待した私をお許しください……てネタ元が分かる人は少数ですね)

御前様の登場に士気が上がった信号トリオは、ハーリーケーンとニセモノをハヤテ丸で倒し、 カブトライジャーは『甲雷撃破』クワガライジャーは『雷牙一閃』、ハリケンジャーは『翼流剣技・天空斬』でそれぞれニセモノを倒します。
あっという間に元の羽根の戻る偽者たち。 「ニセモノは所詮ニセモノじゃ」と館長も大喜びのハリケンジャー基地ではおぼろさんはホッとしてソファーに寝そべり、センティピードではフラビージョがダーリンの不甲斐なさに×をつけようとします。

「まだだ、ヤツの作戦は終わっていない」
そう、タウ・ザントさまの御言葉どおり「やっと出てきたか」とサンダールは御前様の登場を待っていたのです。 なんと6枚の黒い羽根は光の糸となってハリケンジャーたちの首に巻きつき、金色の鈴がついた赤い首輪に変化しました。
デザーギの遺羽根には二重の術がかけてあったのです。

ハムスター館長はあわてておぼろさんを起こしますが、どうにもなりません。
マドーギにの首の鈴に体を支配されたハリケンジャーたち6人は武器を手に御前様を取り囲みます。
「逃げてくださいっ」悲痛な声を上げながら、言葉とは逆に御前様に斬りかかる六人。懐剣と嘆きの弓のメダルの力で攻撃をかわす御前様も、6人が相手では余裕なんてありません。
「自分の身を守って下さい」と攻撃している当の相手に言われ、やむなく反撃する御前様。しかし変身が解け血を流す虫兄弟に苦悩は深まります。
給水塔に逃げた御前様は信号トリオのガンモードが撃ち落され、仕方なく三人に反撃。信号トリオの変身も解けてしまいます。

「何を悩む必要がある?」お前の力を巡って今まで多くの命が散っていったハズ、今更とせせら笑うサンダールに、父と家臣団の死に様が御前様の頭に蘇ります。
生身になっても攻撃をやめられない6人は、御前様の反撃にボロボロになりながらも「これでいいんです……我らがどうなろうとも……御前様さえご無事ならば……」 と泣かせるセリフ……
そして、最初の出会いからおせち料理に宇宙統一忍者流を宣言時と、短くも濃い皆との思い出の数々を思い浮かべる御前様の目に涙がにじみます。

「力が消えた……『悲しみ』『嘆き』人間とは脆いものよ」
怒りの矢のメダルを見ていたサンダールは光の消滅から御前様の力が消えたことを察知し、マドーギに攻撃を命じました。 襲い掛かるマドーギに、御前様は嘆きの弓のメダルの力で対抗しようとしますが、光線は出ません。
しかし、こいつが皆を操っていると気付いた御前様は諦めず懐剣を構えました。
御前様とマドーギか真正面から交錯します。
古風な白い片袖が青空高く舞い、地に膝をつく御前様。
しかし、マドーギの足元にも首の鈴がチリリと落ちました。同時に6人の首からも……チリリン

「体の自由が戻ったっ」
汚い真似しやがって許せないとシノビチェンジした5人と、ファイアーモードにフェイスチェンジするシュリケンジャー。 影の舞を繰り出した後、五重連ビクトリーガジェットとニンジャミセンガンモードをマドーギに向けます。
「宇宙統一忍者流の名の下に、最強奥義、身に染みろ、天風雷撃破、バーニングッ どうでいっ」

赤いネコなマドーギは爆発し、御前様が微笑み頷いたその瞬間、地面を巨大なサメの頭が走り、御前様を一飲みにしてしまいました。 巨大なサメの幻術が消えると、御前様の襟元をガッチリ掴んだサンダールの姿が。

駆け寄ろうとする6人を電撃で牽制したサンダールが御前様の額に向かって怒りの矢のメダルをかざすと、苦しむ御前様の額の光がまし、ついに嘆きの弓のメダルが吸い寄せられるように出現。怒りの矢のメダルに貼りつくようにサンダールの手に収まりました。
「揃った揃ったぞ」勝ちどきを上げ消えるサンダールに、その光景をセンティピードから見て「アレがついに生まれる」と嬉しそうなタウ・ザント様

元結が切れ、豊かな黒髪が散り広がる中倒れてゆく御前様。 シュリケンジャーは突っ伏して嗚咽し、残る五人は急いで御前様に駆け寄ります。
「不覚だった。……私が滅びる時がきた」そう言葉を紡ぐ御前様に、敬称ではなく「覚羅(かぐら)さん、そんな」と本名で呼びかける鷹介も辛そうです。
「鷹介、皆……頼む、ジャカンジャからこの星を守るのだ。お前たちに会えて、本当に良かった」
覚羅に500年の歳月が一気に訪れ、その美しい笑顔は光となって風に舞って逝きました。
「覚羅さん……俺が、ヨボヨボのじいさんになっても、守るって約束したのにっ」
鷹介の無念の叫びが青空に吸い込まれ、地面に落ちた元結い(巫女さんとかの髪留め)の眩しい白で、つづく。

巻之四十九『使命と天空忍者』
「忍者は命令に従ってこそ忍者」……次はシュリケンジャーピンチの予感です。

他人を一切信じないので配下はみんな忍獣なサンダールは、あのままメダル二つを持ち逃げしたりして…… それより、元結だけ残ったのは、シンデレラの法則? ……で、新シリーズのアバレンジャーは四人?(どうせスタート時は、でしようが)


もくじに戻る
巻之四十八 巻之四十九
アフォーの研究室(トップ)に戻る