×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



忍風戦隊ハリケンジャー巻之三十四『キノコ100点』かも?



もくじに戻る
巻之三十三 巻之三十五
アフォーの研究室(トップ)に戻る
まずは夕暮れの浜辺でカブトライジャーに倒されるマンマルバの最期からはじまっちゃいました。
それを見て宇宙忍群ジャカンジャ本部は大ショック。
作戦遂行の責任者サタラクラは首領タウザント様の電撃食らった上にダジャレも禁止の謹慎処分。 フラビージョとサーガインは同僚の死を嘆き、ウェンディーヌ姐さんは怒りモード発動中、今にもリミットブレイクしそうな勢い。
サーガインに新たなクグツ(メカ系怪人)を頼んで、ついにウェンディーヌ姐さんの出撃です。

ハリケンジャーの地下基地では、おぼろさんが『ぞうさん(リボルバーマンモス)』に関して何か知ってるやろ? とハムスター館長につっこみ、 ほっぺたに貯めたヒマワリの種吹き出し返しを食らっちゃいました。ヒマワリの種は今年の新米ならぬ新種かなぁ。 オヤカタ様の事をいつまで内緒にしておけるかとハムスター館長は悩んでますが、冬眠の心配はしなくてもいいのかな? (地球全体が冷えた時は何とか寝てないから平気か)

永代橋のラーメン屋台で腹ごしらえした信号トリオ(ハリケンジャー)と虫兄弟(ゴウライジャー)は、 マンマルバは倒しても、まだ見ぬ上忍も含めて暗黒7本槍はあと五人、そしてタウザントのクビを取らねばならぬと先行きに思いをめぐらせますが「ま、やるしかないぜ」と鷹介(ハリケンレッド)は悩みません。

さて、「ます」を「マッシュ」と発音する洗脳忍者ジュクキノコの教室で子供達洗脳作戦を説明するウェンディーヌ姐さんは、ピンクの髪に赤メガネ装着、灰色ミニスカスートを着た女先生に大変身。(おみ足を机に二ュッ)塾の生徒集めを始めます。
時には茶髪(生髪?)をきらめかせピンクのひらひらテニスウェアを着て奥様が集うスポーツクラブで「いい塾あるわよ〜」 ある時は白衣を着て診察室で「確かお子さんいたわよね、美人で優秀な先生がいる塾が……」またある時はレジ打ちのパートとして縦じまエプロン姿で、母親対象の口コミ勧誘に勤しみます。
レジが進まず長い列を見かねてスーパーの男性社員“橋本君”(橋本善成=増島愛浩……あれ今回は元“ブルー”レーサー?)が注意すれば……
何とウェンディーヌ姐さん「あーん、いいっ」と一目ぼれ。
塾の受付に勧誘を始めるのですが、 そこへ「勧誘くらい私がやります」とウェンディーヌ姐さんの恋の奴隷ジュクキノコがチラシの束を片手に現れます。
主婦達も橋本君も「化け物〜」と逃げ出してしまい、ウェンディーヌお怒りの足蹴りがジュクキノコに炸裂。

スーパーの前には信号トリオが駆けつけます。でも、すでにジュクキノコはピンクのハート散らして別の天国へ……
「あのー美人のおねぇさんのあなたがもしかして」
「ひょっとしてシュリケンジャーに続く新しい仲間の忍者だったりして?」
強さとお色気にメロメロのレッドとイエローですが
「ウェンディーヌでしょ、ウェンディーヌ!」
とブルーの目はごまかせません。
男二人が呆然としているうちに『宇宙忍法本日早退』でジュクキノコとウェンディーヌは逃げてしまいました。 「ウェンディー進学塾」のチラシを残して。(うーん お間抜け)

さて塾の受付でジュクキノコに肩を揉ませつつ口答えに裏拳を放つ紺のスーツのウェンディーヌの前に現れたのは背広姿の“橋本君”。 テーブルの下のジュクキノコが嘆く前で、ちやほやされて受付に決定の“橋本君”、なんか怪しい?
さらに塾の建物に迫る黒い忍装束の(だけど原色が派手にあしらわれている)三つの影。

そのウェンディー塾の教室では集まった子供にジュクキノコが『宇宙忍法 胞子力ビーム』を放ち洗脳してしまいました。 そして教材の虫眼鏡を配りはじめます。
その様子をうかがおうと近づく信号トリオですが、教室の扉に仕掛けられた結界でしびれちゃってます。 次のドアを触る役をジャンケンで決めてみたら、レッドってば勝負によわーい。
しかし、様子を見ていた“橋本君”に肩を叩かれて三人揃ってびりびりびり。
結局ウェンディー塾の内部告発者こと、受付の“橋本君”の案内で教室を上の方から覗いてみれば……

人類の敵ハリケンジャーを倒せ
悪魔の使いゴウライジャーを倒せ
諸悪の根源シュリケンジャーを倒せ

なんて子供達が唱和してます。
「そこまでだ、ジャカンジャ」と飛び出したものの、当然あやつられた子供達にたかられて戦闘になりません。 そして橋本君を危ないわと背中にかばうウェンディーヌですが、突然背中に銃口「ホールドアップ」振り返ればただの人差し指でしたが、 眼前に突きつけられたのは緑色のボール。
「もしかして」
“橋本君”はシュリケンジャーに入れ替わっちゃってました。 だまされたウェンディーヌ姐さんは怪獣の(ガメラっぽい)イメージ画像背負って火を吹くお怒り状態に。 シュリちゃんてば、ダメじゃん。ウェン姐さんの顔をCGで膨らませるほど怒らせちゃあ

公園でゼラニウムなんか植えつつサムエに軍手にムギワラ帽子で造園業のアルバイト中の虫兄弟は、妙な虫眼鏡を持った子供達に「虫眼鏡で、太陽見ちゃだめだぞ」なんて教育的な声をかけますが、 子供達がレンズを向けたのは虫兄弟。どういう構造なんだかビームが出てくる虫眼鏡。うーんマゲラッパもククリナイフではなく、片手で扱える超軽量虫眼鏡光線銃に装備を換えればいいのに。

そこへ逃げてきた信号トリオとシュリちゃんも合流。でも子供達には手が出せません。ようやっと操っているのがジュクキノコだと気づき、抜け身の術で子供達の囲みを抜けて、 カブトライジャーがまず子供達からジュクキノコを引き離し、カブトライジャーの雷撃斬にシュリケンジャーのニンジャミセンガンモード(そんなのあったのか)、信号トリオのハヤテ丸の剣撃、トドメはブルー先頭のトリプルガジェットでジュクキノコは爆発してしまいました。 普通ならここでウェンディーヌ姐さんが「コピージャイアント、発進」とやるはずなんですが、ななんとご本人が巨大化!?

ウェンディーヌはストレスが頂点に達すると巨大化してしまうのだ。星一つ破壊した事もあるbyタウザント(やはり、リミットブレイク?)
まるでサイヤ人みたいですが、“アレ”を手に入れる前に地球を壊されたらどうするとセンティピードでは大慌て。

ウェン姐さんの猛威たるや、火は吐くし、旋風神(正義の巨大ロボ)を頭上高々と持ち上げて「とんでけー」と投げ飛ばすし、足踏みで地を割るしともうムチャクチャ。
けれど、その足踏み地震でシュリケンジャーに眠らされていた本物の“橋本君”が目覚めて飛び出してきます。
「いやーん」と我に返ったウェンディーヌ姐さんは恥ずかしさに縮んでしまいました。でも橋本君は開口一番「ば、ばけものと」逃げちゃいました。
コンパクト(型の端末)で化粧崩れを確認したところ「完ぺきじゃない」(……鉄の厚化粧かも) そしてやっとコピージャイアント発進でジュクキノコを巨大化コピー。しかし「あとはよろしくね」と橋本君を追いかけていくウェンディーヌ姐さん。

ジュクキノコがショックを受けている隙に、「女心は複雑でござる」と風雷丸の導きで流派超越風雷合体。
轟雷旋風神と巨大化ジュクキノコとの戦いですが「こいつ、結構強い」と言うわけで、またも『リボルバーマンモス』の出撃です。 とはいえ、巨大ウェンディーヌ姐さんの大暴れで時間が押してたのか、あっさりサンダーハリケンストライクでジュクキノコは倒されてしまいました。 今わの際まで「ウェンディーヌさまぁ」と想いは変わらず、うう。

その愛しのウェンディーヌ姐さんは“橋本君”の姿を求めてハートを撒き散らしつつ文字通り飛び回ってました。 フラビージョの「早く帰ってこーい」との言葉も聞こえません。そしてウェン姐さんに忘れ去られたジュクキノコは「不憫なヤツ」と作り手のサーガインの涙を絞っていました。

マンマルバの部屋にあった巨大マユですが「そろそろだなマンマルバ」とタウザント様のお言葉と共についに生まれました……
また幼虫型で誕生のマンマルバ?!

次回、巻之三十五『キラリと三味線』
何か全員ニンジャミセン持ちになってる。前に太鼓も出てきたので、後、和楽器といえば尺八か?
ところで新生したマンマルバは世代交代する幹部? ゴキブリみたいに親が受けた攻撃に耐性が出来てたら手ごわいかもなぁ。


もくじに戻る
巻之三十三 巻之三十五
アフォーの研究室(トップ)に戻る