×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



忍風戦隊ハリケンジャー巻之二十八『と逆襲』かも?



もくじに戻る
巻之二十七 巻之二十九
アフォーの研究室(トップ)に戻る
街を赤い巨大カラクリ(ロボット)がのし歩きます。
宇宙忍群ジャカンジャの上忍(幹部)サーガインがつくったクグツ、カラクリ巨人『メカタガメ・マークII』
対峙するのはハリケンジャーのカラクリ巨人『旋風神』
しかし、油断モードの信号トリオ。
しょせん『旋風神』と『轟雷神』のマネ。 巻之十五で、メダルチョコを食べてパワーアップしたブルー考案の『ガトリングアタッカー』が放つ『ハリケンスパイラル』で、かるーくやっつけたのと同型メカ?

「ジャストモーメント」そこへ飛んでくるシュリケンジャー。改良型だ油断するなと忠告しますがとっても強気の信号トリオは戦闘開始。 逃げ惑う人々に混じり、一鍬が兄の一甲を腕のチェンジャーで呼んでいますが、反応がありません。一人では轟雷神を発進できないとイラだつ一鍬。

一甲は滝の音が涼しげな山奥の堂で、上半身裸となり謎の人物の手から放たれる気に悶えていました。

さて、必殺技も試さず、いきなり『旋風神ハリアー』(細いスピードタイプ 制限時間60秒)に変形する旋風神。蹴りを放つものの返されます。
そして何とメカタガメ・マークIIもハリアーモードに変形。 真似というもののその戦闘力は五分。いや天空人のスピードでは対抗できず、旋風神ハリアーを圧倒し、しかも時間制限無しとは本家を超えています。
「勝負は見えた。貴様らの負けだ」
攻撃され、メカから放り出される(自動脱出装置?)信号トリオ

やっと服を着た一甲の耳に一鍬の悲痛な「兄者〜」コール

引導を渡されそうな信号トリオを、メカタガメ・マークIIへの体当たりで救った天空神。結局、正義側は煙玉(天空神は炎玉?)で撤退。 サーガインもメカタガメ・マークIIをより改良する為に去りました。

ジャカンジャ本部センティピードでは、賛辞を送るフラビージョとウェンディーヌ。ゴウライジャー以外には……と皮肉なサタラクラ。 それが問題と、出撃を願い出るマンマルバと四者四様。

夕日の中で、戻ってきた一甲は一鍬に謝るものの、どこへ行っていたとは答えません。

しずかな月夜……おぼろさんの治療を受ける信号トリオも、油断も原因だが轟雷旋風神に合体していれば勝てたのにと悔しがります。 出撃しないのは胸の痛みのせいじゃ? と、一甲の具合を心配しますが、三人の体もボロボロ。

翌日、また山奥の堂へ向かう一甲を一鍬は尾行します。堂の側で太極拳みたいな体操をしているのは総髪和装の羅門勇作先生?!
気を練り上半身裸の一甲の胸に送り込む羅門先生。苦しむ一甲。 宇宙サソリの卵とやらは気の力で孵化を遅らせることは出来ても消すことは出来ないと、一鍬は衝撃の事実を聞いてしまいます。
居る事を見抜かれた一鍬は開き直って水臭いと兄に詰め寄りますが、その時、マンマルバと下忍(戦闘員)マゲラッパも登場。
一甲がなかなか死なない理由をついにつきとめたマンマルバは、一鍬にもタマゴを植えつけようとします。 立ちはだかった羅門先生は、虫兄弟を逃がし、手から放つ白い気でマゲラッパを倒します。しかしマンマルバには気が効きません。先生を殴り倒してマンマルバの追跡が始まります。

CMがここに入るんですが、シュリケンボールにシュリケンズバット……商品化されたんですね。マイクとしても使えるとは……

山地に今度は改良メカタガメ・マークIIが現れます。(ワンパターンを避ける為か……もう街のミニチュア作るのは予算的に無理……かな)
怪我をおしてこれが俺たちの使命なんだと出撃するハリケンジャー、そして旋風神。 ソードスラッシャーを手に果敢に戦いを挑みます。

その頃、せせらぎの中でうずくまる虫兄弟。シュリケンジャーは羅門先生を助けおこしていました。 旋風神は改良マークIIに歯が立たず、おぼろさんたちは虫兄弟を呼びますが、虫兄弟もマンマルバとマゲラッパに追い詰められて大ピンチ。 なんと孵化を促進する紫の念波を一甲は受けてしまいます。さらに一鍬にも迫るマンマルバ。
そこへ「羅門勇作お相手いたす」悪を打ち据える先生の杖。
「まぁいいラ。本来の用は済んラ。死の星の輝きはもう止まらないラ」余裕で消えるマンマルバ。

そして羅門はチベット奥地にある寺院での治療を勧めますが、そんな時間はないと一甲
「オレは戦いの場へ、オレのいるべき場所へ戻る」
(んーと、何でシュリケンジャーは羅門に変身してたのだ? マンマルバと戦う為?)

ゴウライジャーのシノビチェンジ、そして轟雷神の発進です。旋風神の危機を救い、ハリーアップしたメカタガメ・マークIIに対抗する為流派合体を試みますが、 なんと旋風神の胸から出た金のカラクリボールがメカタガメに取られちゃいます。
勝負あったとサーガインが笑った時、天空神が登場。チェーンスパイダーで足をつかんで投げ、チェーンスパイダーで金のカラクリボールを掴み、そのままハンマーの要領でドカンバキン。 その後に返してくれますが「一時はどうなる事かと思った」と風雷丸が言うのはメカタガメと言うより天空神の仕打ちかも……
やっと轟雷旋風神となれは装甲アップ。すべての攻撃を弾き、連続パンチの後「ローリンクサンダーハリケーン」で見事マークIIを撃破しました。
復讐を誓うサーガイン……マークIIIも作るのかな?

再び山奥の堂での治療ですが、念波のせいで卵は守られチベットでも治せないとの診断。信号トリオへの口止めをし、心配そうなシュリケンジャーの視線の先で宿命を受け入れる一甲の命は次の満月まで……
次第に欠け行く月を見つめる占い師マンマルバですが、なぜか自分が苦しむ姿を見てしまいそっと立ち去ります。
何か最後の大逆転の予感を秘めて、欠けた月に照らされた「オレは親父に感謝していない」(byプリンセスメーカー2)とか言い出しそうな一甲で引きでした。

来週は『残暑とスタンプ』
リーダーねぇ。鷹介(レッド)でも吼太(イエロー)でも、どっちでもいいんじゃない? 慎重派のイエローの方がパーティーの生存率は高くなるかもよ?


もくじに戻る
巻之二十七 巻之二十九
アフォーの研究室(トップ)に戻る