×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



忍風戦隊ハリケンジャー巻之二十三『コロン探偵』かも?



もくじに戻る
巻之二十二 巻之二十四
アフォーの研究室(トップ)に戻る
7月28日
暑いねぇ。こんなダラダラした日曜日はハリケンウィンガーでスカッと飛ぶか、エンドオブワールドで気分爽快だー。 でも、今週両方とも無かったんだよなぁ。てなわけで、まずはさらっと

忍風戦隊ハリケンジャー 巻之二十三『コロン探偵
まずは先週のシュリケンジャーの映像を見ながら、吼太(ハリケンイエロー)の淹れたコーヒーを飲みつつ、 その正体に思いを巡らせるおぼろさんと、七海(ハリケンブルー)と鷹介(ハリケンレッド)。 ハムスター館長にも、その正体流派ともども不明。携帯電話で謎の御前様が手を回した助っ人と聞いているものの
「とはいえ、やはり気になる……シュリケンジャーの正体は?」
ただ、命の恩人というファーストコンタクトのせいで虫兄弟(ゴウライジャー)に比べると歓迎ムードです。

一方センティピードでは「ルーラーラー マンマルーラーラー」と香炉を前にマンマルバのお祈りが一週間も続いています。 幹部の奇行だけでなく、英語を使う変なヤツ=シュリケンジャーの動向も駄洒落を使う変なヤツ=新幹部サタラクラ以上に気にするくノ一2人。 そのフラビージョとウェンディーヌに変な上忍(幹部)サタラクラからプレゼント。
甘いニオイが大嫌いなサーガインは大弱りですがくノ一幹部二人はうっとり〜 となる小瓶に詰められた琥珀色の香水。 香水忍者キラ・コローネが作った……といい当てるザタやん(首領タウ・ザント様)さすがです。

香り高く星を腐らせるキラ・コローネは初のくノ一中忍(怪人)。宇宙忍法香水固めの術で道行く女性二人を香水に変えてしまいます。 それを見ていた怪しい探偵がビビりつつも追跡すれば、さらには、赤いスカーフがチャームポイントのゴールデンレトリーバーに道端の虎猫に金魚まで、キラ・コローネは香水にしてしまいます。 ちなみに24時間以内でないと元の姿には戻れない……らしい。

「人間で作った香水なんだ〜」「意外といい香りがするものね」と喜ぶ幹部二人にはサタラクラから衝撃の事実が告げられます。 原料宇宙ゴキブリ……今も首領タウザントのいる中央部の壁にデカイのが一匹ガサガサと。 一匹見れば30匹いると思えの地球産ゴキブリ並みの繁殖力とすれば、香水にされたのも含めれば90匹です。 ヘタな宇宙忍者よりコイツをばら撒いた方が……

さて、生きとし生ける者すべてを香水にされては大変と早速ハムスター館長から下知が飛び、 信号トリオ(ハリケンジャー)は“疾風流忍法犬の鼻”で、鼻にパーティーグッズっぽい黒い鼻とヒゲつけた吼太で香水の香りを辿ります。 そこへキラ・コローネを見失った黄色いネクタイ黒スーツに赤シャツの探偵登場。
『スパッと解決します。名探偵 柿生太郎』という名刺を見せるだけで渡すでもなく「謎が呼ぶ、事件が呼ぶ、名探偵のこのオレを」とカッコよく決めたものの腹の虫が鳴ったのは、 依頼が無くて一週間何も食べて無かったせいだそうで……さっさと無視してキラ・コローネを追う信号トリオ。追おうとしてマンホールにハマる柿生太郎。

オープンテラスに現れたキラ・コローネが客と店員を香水にしようとしたその時、なんとそこにいた五人は信号トリオと虫兄弟?!  鷹介、眼鏡似合わないし、七海の女子高生は無理あるし今風若者の虫兄弟は……まぁまぁかな?

待ち伏せし取り囲む事に成功した五人は一斉にシノビチェンジ(変身)。対抗してキラ・コローネも稀に見る大量のマゲラッパ召還。 大バトルになるものの、時折胸の痛みに襲われるカブトライジャー(一甲)の動きが鈍いのはマンマルバの祈祷の成果らしいです。 かばおうとした弟もろとも宇宙忍法火炎香水(香水の主成分アルコールも揮発油も引火しやすいので取り扱いには注意しましょう)にまかれ、しかも 隠れていろと忠告されたのに、「危ない」と飛び出した探偵はスポンとまたまたマンホールに落下。

助けに走った吼太と七海は、宇宙忍法香水固めで黄色(No.47)と青(No.48)の香水にされちゃいます。
さらに魔の手が、いや魔の香水が残り三人にも迫った時、マンホールから飛び出した名探偵が見事なライダーキック(誤) マゲラッパと素手で戦う探偵さん、別人のようにバカ強いです。フトコロから取り出した拳銃を「バーン……(実はライター)ビビった?」 さらには不利を悟ったキラ・コローネの退散間際、小型発信機をそのへんのホウキでジャストミートでピタン。 その活躍ぶりに問いだすも
「ただの名探偵さ」
それより24時間のタイムリミットがあると促し、発信機を頼りにキラ・コローネの香水の館へ。

身軽に屋根へ飛び移り元植物園っぽい建物の中へ進み、立ち往生した時、不用意に壁にもたれた鷹介がどんでん返しの隠し部屋に気づきます。 しかーし、そこへ高笑いしつつキラ・コローネ登場。 キラ・コローネの放つ爆煙の中でもあやまたず蹴るキックを食らわせ“アイムソーリー”だの“ドンチュービリーブミー?”だのと英語を散りばめ、 ついに緑のボール型の変身グッズを構えるタダの名探偵さん。

「天空シノビチェンジ! アイアム ニンジャ オブ ニンジャ、 緑の光弾っ 天空忍者シュリケンジャー、参上」 ……汗臭そうなやつ by キラ・コローネ (それと、声が高くなってますが?)
緑と虫兄弟が足止めする中、隠し部屋へ救出に向かう鷹介ですが、吼太と七海が変えられた香水がどれだか「わっかんねー」 今回はマゲラッパも呼ばず単独で戦うキラ・コローネもイラついて火を吹きます。もちろん避ける三人。 しかーし炎は隠し扉に吸い込まれ香水の館は大爆発。

香水はまた作ればいいコローネと余裕のキラ・コローネでしたが、間一髪、鷹介はシノビチェンジの上、部屋にありったけの香水抱いて脱出。ドライガンぶっぱなし、 香水のフタを開けて、人々や犬や猫、金魚を救い出します。
しかし吼太と七海がいない?!(いや、この場合いたとしても姿が戻るのは、例の偽カフェテラスじゃ?)
なんとキラ・コローネの手元に黄色と青の香水が。火をかざし、仲間を焼かれたくなければ「武器を捨てるコローネ」

仕方なく武器を捨てる四人。けれど遅かったコローネと爆発する香水ビン。全身に火薬の爆発巻いて実体化するハリケンイエローとハリケンブルー。 さらに助けに行った所を宇宙忍法火炎香水でボン。

一人火炎から脱出したシュリケンジャーが怒りに燃えます。キンキラのカミシモを取って(ドサッ……床にめり込むって事はリミッターやね?) 炎のフェイスマスクのファイヤーモードに大逆転のフェイスェンジしたら(ヘルメットの上半分回しただけ)突然口調も時代劇風にチェンジ。 宇宙統一忍者流(その開祖御前様の理想の体現者らしい)分身魔球 (背景に甲子園風スコアボードに土煙と共に高々と上がる足……右投げだけど)を「うりゃあっ」
火炎をバットスイングの風圧でけしとばし、超忍法・秘打千本ノック(やはりホームベース等が現れバッターボックスを目にも止まらぬ速さで移動しつつ黄色い球を連打……スイッチヒッター?) 一度眼前で消えたボールはキラ・コローネの頭上からドガガガっ。ドカーン。そして決めセリフはカッコよくスイング決めて「ホームランっ!!」

もちろんサタラクラはウェンディーヌに泣き付き巨大化再生で、第二ラウンドロボ戦です。
天空神の活躍ぶりに「あいつにだけやらせてたまるか」と信号トリオも出撃です。 しかし、虫兄弟は一甲の胸の痛みが枷となってロボットを呼べません。

さて人数も増え、変身シーンも名乗りシーンもハショリがちの激っ早、番組進行はさらに加速。発進シーンも合体シーンも変形シーンもカットされていきなり旋風神ハリヤーの参戦です。 ダブルハリヤーソードと究極奥義暴れコマでチュドーンでした。

胸をおさえる兄と心配そうな弟が物陰で見守る先で、世を忍ぶ仮の姿が探偵なんてカッコ良すぎと感心しきりの信号トリオ。 ところがその時、足元のマンホールから出で来るボロボロの柿生太郎!? 当然、もう一人の自分にビックリ(緑のやつに助けられて気絶して迷ったらここに出たらしい。ああ、なんて説明的)
二十の顔を持つ忍者と言うなりまたまたま緑の変身姿に戻るシュリケンジャーは「いつも君達の側にいる」らしい。

「あれも素顔ではなかったか、と、するとシュリケンジャーの正体は、あるいは御前様その人? ああっ、」と 「どうした、おとうちゃん?」と心配される震えるハムスターで引きでした。

確かに、何気に漂うレトロチックが若者らしくないかもなぁ。


もくじに戻る
巻之二十二 巻之二十四
アフォーの研究室(トップ)に戻る