×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



特捜戦隊デカレンジャー エピソード.21マッド・ブラザーズ



もくじに戻る
エピソード.20 エピソード.22
アフォーの研究室(トップ)に戻る
7月11日
も〜幾つ寝ると、梅雨明けだ〜?
“梅雨明け十日”と言われる、絶好の海日和と、一週間前と迫った夏休み入りのタイミングが気になってきちゃう、7月中旬の日曜日。 不安定な空模様と番組枠をふっとばす、選挙速報にドッキドキ。だけど、それはそれと置いといて、いってみようか特撮感想日記〜

特捜戦隊デカレンジャー エピソード.21マッド・ブラザーズ
「コーヒー入ったわよ〜」5つのマグカップをトレイにのっけてデカルームに入る、羽耳メカニック・スワンさん(チーニョ星人・白鳥スワン)のアップから今週は始まりました。 「ごっつあんです、スワンさんのコーヒー最高!」バン(赤座伴番・デカレッド)が1番目に“1ばん、バン”と元気に書かれたマグカップに手を伸ばし「アチっ」  残るメンバーも官給カップに個性溢れる記名で自分専用をアピールです。

白いトレイに残ったのは繊細な筆記体で記名されたマグカップ「あら、ジャスミンは?」 てか「いっただっきまーす」と手を伸ばしたウメコ(胡堂小梅・デカピンク)と戯れてたロボット警察犬マーフィーの機械油と、ボスの為のカモミールティーは……無いのか。 「今日は非番です」ホージー(戸増宝児・デカブルー)の返答に「そうだっけ?」と問い返したとたん、割れてディートレイに茶色い水たまりを作るジャスミンのマグカップ。 「あらジャスミンの……ヒビでも入ってたかなぁ」何だか不吉な出だしです。

そのジャスミン(礼紋茉莉花・デカイエロー)は、私服で浜離宮を散策中、潮入りの池のほとりでスケッチを楽しむ女性に出会ってました。 「美しいわね……こんな綺麗な所に暮らせて、みんな幸せね」ハスキーボイスの女性の絵を見せてもらってジャスミンはビックリ。 真っ赤に燃える木々と池、ねじれ砕けるビル群と怨嗟に満ちた空という地獄絵図。

「美しいものは壊しがいがある」あなたのオーラも食べちゃいたいくらいキレイと、頬に触れてくる女性の手から、炎と破壊と断末魔のイメージを読み取って、ジャスミンはパニック。 思わずイーゼルを倒してしまい、我に返れば女性の姿はありません「あの女、アリエナイザー……」 渦巻く黒雲とカラス鳴く声がますます不吉……場所柄なんだか東京魔人学園風味。

高層ビル破壊バンク集なCM明け「ぼよーん、ぼよーん」と跳ねるたびにビルを潰しているのは 肉体派のリバーシア星人ボンゴブリン(声 桜井敏治…知的なメカマニア・ハンソンとのギャップが凄すぎ)。 「そこまでだ、アリエナイザー!」チェンジして駆けつけたデカレンジャー4人に、都市破壊罪の現行犯で逮捕と言われても 「おら、妹を探しているだけだ」と双子の山賊な返事。「言い訳はデカベースで言え!」実力行使に出ようとしたレッドの出端をくじく超高度からのタックル攻撃に、 公園の階段はクレーター。「何あのタックル力」ってピンクの発言が新鮮です。パンチ力やキック力があるなら、タックル力もアリか。(……よく聞いたらジャンプ力でした)
「一斉攻撃だ」と4色の火器からの集中砲火を浴びても、そのまま撃った側に返す几帳面な反射属性が無敵な感じ。

一方、カラスの声に導かれ、霧の森に足を踏み入れたジャスミンが見たものは、 倒れ伏してる数人の女性。さらにドサッと人が倒れた方向から、さっきの絵描き女が出現。 「この人たちに何をしたの?」SPライセンスを掲げて「宇宙警察よ答えなさい」迫るジャスミンの目の前で、 含み笑いしながら紫色のボディースーツに身を包むリバーシア星人サキュバス(蒲生麻由)。 「お前の生命エネルギー、食ってやる」美人さんの口からヒルの様な二又の舌がペロンって、なんかH。

「あんまり食べると太るわよ」ジャスミンは黒ジャケット翻しTシャツを押し上げるバストを、さりげな〜く見せる健康お色気路線で単独チェンジ。 「歯向かうつもりね、活きのいいことv」サキュバスも頭部をマスクで覆って戦闘開始。ハイキックやハイフォール時のウェストの太さを忘れて、鼻で笑ったり木の上でのポージングシーンを脳裏に刻み付ければ、すごくナイスバディなアリエナイザーです。 イエローは蹴り飛ばされて枯葉の上をザザーっと滑ったり、ディーショット(銃)を撃ったら滑空体当たりで反撃されたりと、常時胸とウェストがある以外はいいとこなし(←ズレた観点)。 ついには、サキュバスが両腕を交差して放った紫色のクロスバーストJrみたいな技で吹っ飛ばされてチェンジが解けちゃって大ピンチ。

ジャスミンの首掴んで木に押し付け、サキュバスはのどもとに刃を突きつけます。 「食べるなら残さずに、おばあちゃんの遺言だから」絶体絶命でも気丈なジャスミンの度胸を褒め、このまま食ってしまうのは惜しいと「そうだ、あたしについてくるかい?」マスクを解除して微笑むサキュバス。 「私はあなたのお弁当ってワケ?」不敵な笑みで答えるジャスミンに、もう食いやしない、相棒にしてやると持ちかけます。

「犯罪者が警官をスカウトするなんて聞いた事がないわ」突っぱねるジャスミンの口を押さえつけ、 「あんたエスパーでしょ、オーラの色を見れば解るのよ」79の星でしてきた“メチャクチャな事”の記憶を接触テレパスで読取らせます。 二人の目ン玉見開き演技合戦も衝撃映像ですが、サキュバスの犠牲者に第1話でみた宇宙人たちが……SPD養成学校のあるチャンベーナは惑星クラスの犯罪被害者を救済する保護施設も兼ねていたと脳内補完しておきます。 「あたしの仲間になるんだったら、この星を見逃してやってもいいよ」考える時間を上げると立ち去るサキュバス。へたり込むジャスミン。

さて、ボンゴブリンと戦うレッドたちも一方的にやられてます。屋上からの飛び降りパンチにレッドとデカグリーン(江成仙一・センちゃん)は仲良くふっとび、 「ぼよよ〜んタックル、レディーゴー!!」突進してくるボンゴブリンにやられて4人のチェンジも解けちゃいます。 「二度と邪魔できねーよーにブっ潰したる」ばか笑いのボンゴブリンに対して血のにじむ唇を噛み締めるだけの4人。 タメに入ったボンゴブリンを止めたのは、ベルトから投影されたサキュバスからのテレビ電話 「兄貴どこにいるの? お遊びは程ほどにして、そろそろ準備はじめるよ」

命拾いしたなと跳ね去る後姿を「あいつ、どこいったんだ」「誰かに呼ばれたみたい」身を起こしながら分析始めるホージーとウメコ。 「とんでもない強さだった」悔しそうなセンちゃんに続いて「次こそ見てろよ、起死回生 一発逆転 完全勝利!」拳振り上げるバンは、もう回復? 四文字熟語は東洋の神秘的な回復呪文だと、自己暗示かかってそうな勢いです。

デカルームでの捜査会議で、ボンゴブリンとサキュバスがヘルズ3兄弟の次男と末娘で、 特キョウ(特別指定凶悪犯対策捜査官)が追ってる連中だと説明するボス(アヌビス星人・地球署最高責任者ドギー=クルーガー)。 「トッキョウトッキョキョキャキョク」と謎の早口言葉を披露するバンをバカとたしなめるホージー。 特キョウに流れかけた話をボスが戻し、ヘルズ3兄弟の目的は、気に入った星に住み着いて極悪非道を尽くし、飽きると惑星を破壊して次の獲物を探しにいく単純なものと説明 「長兄はブリッツ、後の二人を合わせたより強いといわれている」サキュバスが星を気に入ると宇宙にいるブリッツを迎える盛大な花火を打ち上げる。 花火阻止という夏めいた目的で捜査開始のデカレンジャー。しかしジャスミンは苦悩です。

5人が車庫へ向かって階段駆け下りる途中「待って、私たちの力では勝てない」ジャスミンはサキュバスが見せた79の星が蹂躙され消えていったビジョンと提案の事を打ち明けます。 「犯罪者のお情けにすがろうってのか?」ホージーの抗議やセンちゃんの、ヤツらが約束を守るはずが無いという言葉にはうつむくばかり。 ウメコにまで負けムードが漂う中「勝てるって!」バンだけは明朗快活単純です。

紫のゴムが何気に可愛いポニーテールのサキュバスと、超人ハルクと鬼を混ぜたようなトレッドヘアーなボンゴブリンが「ちょっと味見していいか?」「だ・め・よ。しばらくの間あたしたちのお城になるんだからさ」 なんて言いながら見上げるのは、未来少年コナンの三角塔の子分格みたいな建物。 そして腕のコントローラーで怪重機ゴッド・パウンダーを空から呼び寄せます。もう惑星バリアはなかった設定と思うしか。

赤くてトゲトゲ胸に顔。悪のガイキング(?)を屋上で見つけた死の商人アブレラは、 ヘルズ3兄弟の特別仕様の怪重機だと気づき「もうココでの仕事も終わりか」と半年間シマにしてた地球から逃げちゃいました。 って……あり? 先週の惑星破壊爆弾とバーツとアーナと怪重機の調達は別ルート?

「ポイント112に怪重機出現、デカマシンを発進させる」 ボスからの連絡で、 先にデカビークル(パトカーなど)で現着していたバンたちは「よっしゃ行くぜ」とデカマシンに乗り換え、ロボ戦に。 ところで、特別仕様のパトカー2台白バイ1台は誰が回収するのやら(警視庁のレッカー車がデカベースまで連れ帰って、後で請求書を回すのが順当か)。

「ぱぁっと派手な花火でアンちゃんを呼ぼうぜ」ボンゴブリンに応えて、ゴッド・パウンダーに乗り込んでいるサキュバスは、ビルと同じ高さの金属鼓みたいな花火の筒を設置。 「アニキ、さっさと花火をセットして。お兄ちゃんに連絡を」お、お兄ちゃん?! ナイスバディのお姐さんが言うと妹萌えというよりZガンダムのロザミア的……

「まず、キャッチロープで怪重機をあの装置から引き離す」ビルの陰から様子を伺いつつ作戦を立てるブルーですが、 焦るイエローが独断でデカレンジャーロボを突撃させちゃいます「あなたたちに地球を蹂躙させはしない!」シグナルキャノンを撃ちまくるも「効きやしないよ」と余裕で発射装置の前に居座られ、 「どけー」と突撃する無謀さに「落ち着けジャスミン」普段アクセル役のレッドが諌める側に回り「攻撃が直線的過ぎる」と普段何気に過激なブルーも大焦り。 ゴッド・パウンダーの目からビームを横っ飛び回避、連射後にフライングクラッシュを放ちますが、真剣白刃取りでいなされて、正拳突き喰らって倒れるデカレンジャーロボ。

「そんなもんかい」からかうようなサキュバスの口調に「まだまだ!」と撃ちまくるもムダ弾ばかりのイエロー。 「ジャスミン!」仲間たちに口々に名前を呼ばれ「ごめん、あたし……」やっと普段の冷静さを取り戻します。 「よーし、反撃開始だ」レッドを中心に結束を固める5人でしたが、ゴッド・パウンダーはやっぱり強くて押されっぱなし。

「ぼよーん」 その間にボンゴブリンがアドバルーンサイズの花火玉を打ち上げ装置に放り込み「よし、OK」とスイッチを手にします。 筒先でカウントダウンしかけて「オラも巻き込まれて打ちあがっちまうところだった」屋上に跳び移りカウントダウン再開。 「すりー つー わん」「ダメ、間に合わない」「やめてー」ピンクとイエローが悲鳴を上げ「……忘れちまった」ボケるボンゴブリンに全国のちびっ子から“0だろ”とツッコミが入ったとき、 屋上に現れた青い影に蹴られて、ボンゴブリンはスイッチをビルの下へ落っことしちゃいました。

「ボス」ホッとするイエローに答え「こっちは俺にまかせとけ」とボンゴブリンに見得を切り、ディーソードベガを抜くデカマスター(ドギー・クルーガー)。 ところで虎鉄もベガと同じ直刀系と聞いて、いまさら近藤勇コスプレのデカマスターを見たくなりました。なぜ着流しだったんだ〜太秦編!

しかし、切れ味抜群のベガも、ぼよ〜んと夜7時台な効果音で弾かれて、思わぬ苦戦を強いられます。 「効かねーよ」とゴリラの胸たたきなボンゴブリンに兜割りを仕掛けても「真剣白刃取り、あいた〜」 受けそこねてるのに効かない石頭。さらにゴムゴムのマシンガンみたいな拳の連打(声は北斗の拳風)で殴り飛ばされるデカマスター。

デカレンジャーロボも大苦戦。ジャッジメントソードを落してしまい、 ゴッド・パウンダーの両手刈り(もろてがり…ここまでは『愛情イッポン!』見てたんだけどな)で倒されて「もらった!」マウントポジションのタコ殴り。 パワーの差がありすぎで、飛び道具のジャイロバルカンも発射前につぶされて、ダメージ累積のせいかコクピットでチェンジが解けちゃうデカレンジャーたち。 「やっぱり勝てない」

「だらしがないね、そろそろトドメだ」ゴッド・パウンダーが両拳を振り上げた時 「やめてー」胸のパトライトの上でナウシカみたいに立ちふさがるジャスミン。 「おや、あんたかい……あたしの仲間になるんだね?」攻撃を止めるサキュバスにゆっくりうなづくジャスミン。 駆け寄る仲間たちを「他に手が無い以上、こうするしかないでしょ」と沈黙させる傷と苦悩だらけの顔を照らすパトライトが、危機感をいやがうえにも煽ります。

しかし、バンだけは立ちふさがります「手はなくても、それでも正義は勝つんだ!  俺はいつもそう信じてる、お前だってそうだろジャスミン!」真っ直ぐなバンの言葉に、仲間たちと、そしてジャスミンが顔を上げた時、ゴッド・パウンダーのアイビームが5人を襲います。

「ふ、いい子ね〜」ジャスミンが気づけば、どこかの広場でサキュバスに頬をなでなでされてました。 抵抗は無駄だと指し示す後ろには、仲間4人が気絶してます。 「さあ、おいで」差し出される手をジャスミンが取った時、バンたちが意識を取り戻しショックをうけて見つめていると……不意に止まる編み上げブーツ、力強い眼差し、そしてきっぱりと払われる黒手袋の右手。 そのまま一回転したジャスミンの裏拳がサキュバスの頬をバシ「なにするんよ!」

「正義は勝つのよ、結果はどうあれ私はそう信じたい!」サキュバスは鼻で笑いますが「俺もそう信じてる」「あたしも」「俺もだ」 「当然だろ、正義は勝つんだ」と緑桃青赤がジャスミンの脇を固めて数の論理な気迫勝ち。
吐き捨てるように「バカばっかね」のサキュバス姐さん、それはルリルリですか?

「仲間にならない以上手加減はナシよ」「望むところよ」 仕切りなおしはチェンジスタンバイの掛け声もジャスミンならチェンジも見得もイエローがセンター。OPテーマをBGMに飛び込みディーショット連射。 「今更そんな攻撃が通用すると思う?」マスクで顔を覆い、両手首の刃でビームを弾いたサキュバスは、高く跳んで上からの攻撃を仕掛けようとしますが「残念でした」そのさらに上空に4色の影。 真上からの4本のビームに撃墜されたサキュバスを、下からジャンブしたイエローがすれ違いざまにディースティックで一撃。 オマケはゼニボムの爆撃です。

一方、屋上でのデカマスターVSボンゴブリンの戦いも旗色が変わってきました。 弾かれる事なくダメージを加えるディーソード・ベガ「なぜだ、俺の鋼の筋肉が〜」 ポイントは突き属性と熱……ではなく「いくら鍛えた筋肉も、透き間を狙えばもろいもんだ」こっちは空手バカ一代?  さらに新技ベガ・トルネードクラッシュが炸裂(剣の回転でおこした風に乗せた逆袈裟斬り)。

「アニキ!」目の前に落ちてきたボンゴブリンを助けおこすサキュバスに向かって 「どう、これが正義の力よ」誇らしく拳を握るイエロー。だけど、サキュバスのかかとに花火の発射スイッチが触れ、 「お兄ちゃん!」妹の願いを込めた花火が衛星軌道上に大輪の花を咲かせます「しまった!」

「まずは二人をジャッジメントだ」落ち込むイエローの肩に手を置いて励ますデカマスター。 応えてSPライセンスで宇宙最高裁判所へジャッジを要請するデカイエロー 「リバーシア星人ヘルズ3兄弟サキュバス及びボンゴブリン、大量殺人、破壊、略奪の限りを尽くし79の惑星を消滅させた罪でジャッジメント!」 判決はデリート許可。イエローが投げたキーボーンで、マーフィー久しぶりのディーバズーカ変形です。 「ターゲットロック、ストライクアウト!」センターはレッドなれど発射合図はイエロー。

二発の光弾がサキュバスとボンゴブリンに着弾する寸前、それを握りつぶすゴツイ影。 「おにいちゃん」「あんちゃん」逆光+煽りカットで登場したのは 「宇宙の死神ブリッツ・ヘルズ(声 土田大)、この星の恐怖を喰らいに来た」 なんと剣を一振りした衝撃波だけで6人のスペシャルポリスを蹴散らします。さらに3つの銃口束ねたマシンガンを向けやっと起き上がった6人をズダダダダ。 見下ろすような3兄弟の顔を背景に、炎に包まれエビゾリで跳ぶ6人ってカットで、つづく。

やっと勝機を開いたデカレンジャーたちの前に、ついにヘルズ3兄弟最強のブリッツが現れた。負けるなデカレンジャー、正義を信じて戦ってくれ!byナレーター

エンディングミニコーナー 今週はスワンさんワンマンショー編
「あー、あと一歩のところまでサキュバスとボンゴブリンを追い詰めたのに」 他の6人がバトル中なので、デカルームは縦横に歩き回るスワンさんの一人舞台 「何なの、あのブリッツってもう! でも大丈夫デカレンジャーとドゥギーは負けないわv みんなも応援してね」 天井アングルで振り返ってVサイン「正義は勝つ!」ああ、可愛い熟女にメロメロになりそう。胸元が開いてないツナギでよかった〜

次回予告 エピソード.22フルスロットル・エリート
「無法な悪を迎え撃ち! 恐怖の闇をぶち破る! 夜明けの刑事デカブレイク!」 予告で来ちゃったよ7人目のデカレンジャーこと鉄観音な白い人「そんなナンセンスな事言ってないで退いてください」の 声の感じだと線が細くて……劇場版制作発表で初々しさイッパイ一杯な吉田友一氏そのまんまって感じの沖田総司タイプ(@NHK新撰組!)。 セカチューの男同士キスでブレイクしそうな去年の演技派白戦士風を期待してたけど……洋行帰りなのに踊るムービー2で青島刑事の尻に敷かれていた、金太郎飴演技のユースケ・サンタマリア路線、目指してる?

スパヒロタイムに代わる今週のプレゼント告知は今回はチェンジ前の5人
ウメコ「みんな、元気?」そのウメコが着ている青い上着を指差しボトムを当ててみせるホージー「このスーパークールな子供用隊員服を」淡々とセンちゃん「抽選でそれぞれ10名、合計50名にプレゼント」 右手から体当たりして3人一掃するジャスミン!?「ドーンとプレゼント」下から出てくるバン「千載一遇の大チャンス」『みんな応募してね!』×5
それはいいけど、サイズ110cmと明示してある子供用をバッチリ着こなすウメコ、スゲー(公称150cmB78だけど……実はサバ読んでる?)。


もくじに戻る
エピソード.20 エピソード.22
アフォーの研究室(トップ)に戻る