×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



爆竜戦隊アバレンジャー第8話『アバレブラックこの一発!』ブラ?



もくじに戻る
第7話 第9話
アフォーの研究室(トップ)に戻る
4月6日
新学期最初の日曜日、嵐に花は散ったとしても恐竜の人気は永遠だぁ!
というわけで、爆竜戦隊アバレンジャー第8話『アバレブラックこの一発!』いってみよ〜

和風喫茶『恐竜や』はマスター不在でも若者たちで賑やかです。彼らの一番の関心は新しく仲間になった爆竜バキケロナグルス。 オウムサイズの二足歩行竜バキちゃんはブレイクダンスから頭突きによる肩たたきまでこなす癒し系。 焼き魚作りと大根おろしで凝った樹らんる(アバレイエロー)の肩こりをほぐしてあげる優しい爆竜です。 三条幸人(アバレブルー)がその程度で肩こりかとイヤミ言ってますが、五人前+αの大根おろしは一仕事かと……

そんな和やかな中、アスカ(アバレブラック)は一人落ち込んでます。心配した伯亜舞ちゃん(伯亜凌駕=アバレッドの養女)が、 幼稚園へ行く前に「ギャラクシアンカトリス」してあげたのに
「私は元気です。どこもおかしくはないっ」と怒鳴って格子掴んで「今度こそマホロの仇を…」とブツブツブツ。
ちなみに、ギャラクシアンカトリスとはテレビで大人気の巨大ヒーロー『ギャラクシアンイグレック(Y……なんでフランス語?)』の治療技のようです。

ダイノアースにそびえる侵略の園エヴォリアン本部では、無限の使途ヴォッファがクラシック音楽(またもやベートーベン)を演奏しギガノイド第2番を誕生させていました。 どこかで見た様な姿だと首をかしげる一同の中で、破壊の使途ジャンヌが指揮を任せてくれと申しでます。 目覚めた邪命神デズモゾーリャ様が神託で指揮権を授け、イタコ状態から覚めた黎明の使徒リジェちゃんの 「今日はこの子? ちょっと意外 でもがんばってね」投げキッスでアナザーアースへ出撃ですが、この間ギガノイドの名前も姿も出てきません。うまいっ

臨海第7街区に巨大な次元の扉反応を察知した恐竜やご一行は、映し出されたギガノイドが前回と同じ『運命』と知って楽勝気分。 さっそく出撃ですが「三人でいい」と三条に言われ「ブラキオに連絡お願いします」と伯亜にも言われてアスカは基地でお留守番。戦力外通告されて悔しそうです。

で、ブラキオ待ちしていたアバレンジャーたちですが、アバレンオーより先にギガノイドの前に降り立ったのは、正義の味方ギャラクシアンイグレック!?(声 柴本浩行)
一度はピンチを迎えたイグレックは、舞ちゃんをはじめ子供達やお母さんそして単純熱血アバレッドの応援を受けて、額にピンクの光を輝かせ力こぶ盛り上げてギガノイドに立ち向かいます。
「ギャラクシアンパーンチ、ギャラクシアンキーック!」
最後は空中に集まった光から生み出した武器、ツインギャラクシー(ジタンの盗賊刀オーガニクスをゴテっとさせたような武器)でトドメでした。
「やった〜」
イグレックは人びとの歓声を背にさわやかに飛び去りました。

さて、恐竜やでは
「テスト中なのにみんなつい見ちゃって」と女子高生で今日は学校半日だったらしい笑里がイグレックをベタほめするのと対照的に、 幸人はうさんくさいと顔をしかめます。ハッキリさせようと爆竜プテラは空を飛べることを生かして尾行中……
「あっ、イグレックが、車をつまみ上げて…」えっ、なんですって?「溝にハマったのを出してあげたプラ」ほーっ
「あっ、イグレックが、高層ビルを…」今度は何?!「色紙がわりにサインしてあげてるプラ」

結論「いい人ですねぇ、イグレック」フレンドリーな宇宙人がテレビのヒーローの姿を借りて現れたと大歓迎。 ウィアーノットアローン、今度ギガノイドが出てもイグレックにお任せと笑里は喜びますが
「だめですっ、次こそわたし達がこの手で」とアスカは気負います。しかし「戦わなくて済むならその方がいいです」とらんると対立。 バキちゃんのとりなしでその場は納まりますが
「どうかしている。今日の私は」と夜バキちゃんについていながらアスカの心はさまよいモード。 モニターにジャンヌの姿を見て、眠る赤ちゃん爆竜に布団もかけないまま飛び出してしまいます。

「目覚めよ子供達。目を覚ましておくれ」真夜中、舞ちゃんをはじめ子供たちはメッセージを受け取ります。 「私はイグレック、ギャラクシアンイグレック、明日の日曜日、私の元に集らないか。銀河を超えて宇宙人同士仲良くなろうではないか。良い子の皆を待っている、明日の朝会おう」

悲しみの底に沈むとも知らないで子供たちは来る……ジャンヌはアンモナイト型のアイテムを手に、ギガノイド第二番『英雄』を見上げます。 今回はナポレオンに曲を捧げようとしたベートーベンが、彼の即位を知って英雄から圧制者になった“民衆の裏切り者”と感じて捧げるのをやめたというエピソードにちなんでいるのかな?

指令を終えて森を歩くジャンヌの前に黒い影。またもアバレブラックのチャレンジですが、素手のジャンヌに真剣白刃取りされブレスをかけられアッサリ敗退です。 「あの鎧を私が着こなすまで、命は長らえさせてあげわ」ジャンヌは余裕で姿を消しました。ジャンヌがどうしても伝説の鎧でアスカにトドメ刺したい理由は何でしょうねぇ。

「また負けたのか」と幸人に言い当てられ、凌駕の「そういう時は呼んでくださいよ」という親切も重荷のアスカは、 ジャンヌの目的を探る事も全く頭になかった上に、小さなバキちゃんの高熱にも気づかなかった視野狭窄ぶりに自分でもガクゼンです。
笑里の手当てでバキちゃんの病状が落ち着いた頃、朝からイグレックをクレヨンで描いてた舞ちゃんをはじめ、大勢の子供たちが港湾第15街区に集まっていました。

「良く来てくれたね、みんな。じゃあ、すごい力を見せてあげよう。手を使わずにあのビルを持ち上げるぞ」
イグレックが両手をビルに向けると、子供たちの応援とともにビルは見事持ち上がりますが 「みんな」と手を下ろしたとたんビルは墜落して瓦礫の山に……日曜日だから無人……かな?
その事態に子供たちの顔は引きつっちゃいます。
「どうだい、すごいだろ。次はあのガスタンクににしようか」
丸いタンクが持ち上げられ落とされ、街は火の海になります。

この事態にアバレンジャー出撃です……恐竜やでいじけるアスカをのぞいて。
「お前、正義の味方じゃないのかよ」とアバレンオーと融合しているレッドは問いかけますが、蹴られて斬られて大ピンチ。 「正義は力、強ければいいのだ。わはははは」
イグレックのその言葉に「やだこんなの…ひどい」子供たちの目から夢を奪われた絶望の涙がこぼれます。 涙はオレンジの光となって空を飛びジャンヌの掲げるアンモナイト型のアイテムに集められて行きました。 例の伝説の鎧を着こなすには涙の力が必要だそうで……。

ジャンヌの企みを知ってもパートナー爆竜ブラキオサウルスに 「アスカ何してるブラ……お前はいかないのか。お前、情けないヤツになったな」と叱咤されても 「今の私は戦いたくても満足に戦えない」と座りっぱなしのアスカ。
彼を奮起させたのは、病み上がりなのに肩たたき(頭突き)をして元気付けようとしたバキケロナグルスと、モニターの向こうで涙にくれる舞ちゃんでした。

赤ちゃんや小さな子供だって“誰かのため”という気持ちがあるのに
「そうだ、私は自分の怒りを、恨みを晴らす事しか考えず……だから勝てなかったんだ」
「立て、立つブラ、アスカ」というブラキオの言葉に応じ、ついにアスカは立ち上がりました。
「ありがとうバキケロナグルス」

ジャンヌの前に立ち、ダイノコマンダーにキーを刺し爆竜チェンジ
「無敵の竜人魂、アバレブラック」名乗りを上げテーマソングを背景に、横からわいて来たバーミア兵をダイノスラスターでの連続斬りでけちらし、 怒りモードでは投げ技主体の体術勝負。
「違う、技が早い」と驚くジャンヌのブレスをかわし
「マホロお前の事は忘れない。だが今はお前のためには戦わない」と大ジャンプ。ジャンヌが盾代わりに掲げた剣を叩き折り、両手そろえたパンチを喉に食らわせます(ギャラクシアンパンチに似てるかな?)。

ジャンヌが倒れ次元の向こうへ逃げた後、ギャラクシアンイグレックがアバレンオーからターゲットをアバレブラックに変更して踏みに来ました。 でっかい足をかわして、ダイノスラスターの柄元にあるダイヤルを回し、アバレブラックは地面をグッサリ。
「ダイノスラスター・ストームインフェルノ!」剣から竜巻が起こりイグレックに襲い掛かります。
つづいて「グランドインフェルノ!」剣を刺した所から巨大な地割れが出来、落ちたイグレックを足止め。
「トドメだっ、ファイアーインフェルノ!!」地割れから這い上がれないイグレックを、地の底からの炎が包み天高く吹き飛ばしてしまいました。 ……聖剣伝説3のデュラン親子みたいな技ですねぇ。

夕焼けに染まる海を見つつ、途中でニセモノにすりかわたけど本物は助かって宇宙いる、なんてダメ? との樹らんるに 「オレ、本当の事言うよ。これからも夢を裏切られる事はたっくさんあると思う。それでも夢を追い続けられる子になって欲しいから」の凌ちゃんてば、いいお父さんですねぇ。
「よく寝るな」と、幸人が階段で寝こけているアスカに目を向け、あれだけのことをしたんだから疲れているのよ、そっとしておいてあげようよ、と優しく見守る仲間たち……
「ところが、そんなノンキな状況ではなかったブラ。どういう事かはエンディングの後ブラ」

エンディング後の恐竜やでは……
「一週間でこんなに大きくなるとはな」なんとバキちゃんはオウムサイズからダチョウサイズに急成長
「それより、あっちが問題だろ」幸人が視線で指すのは一週間眠りっぱなしのアスカでした。
……無精ひげ、撮影のためにワザと伸ばしたんだろうなぁ、一週間分にしては薄い気もするけど、代謝も低下していると解釈しよう。 

第9話『目覚めよ!アバレサバイバル!』
インタープリターは大自然のメッセンジャー。来週はレッドが職業スキルを生かして大活躍のようです。 富士の樹海らしき森で自殺しかけていたサラリーマンと共にサバイバルとはワイルドですねぇ。
そして急成長したバキちゃんも加えて四体合体となるアバレンオー。 すみれ色のダイノコマンダーをしていた袖口の色からしてバキちゃんに融合するのはアスカみたいですが……ちゃんと目覚めたのかなぁ。

ところでイグレック……降り立った時に土くれが無数に飛ぶあたりといい、アングルといい癒しと力の二色の巨人を思い出すんですけど……い、いいのかなぁ。まあ、体は金色でしたけどね。


もくじに戻る
第7話 第9話
アフォーの研究室(トップ)に戻る