×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



爆竜戦隊アバレンジャー第46話『祈って!アバレビジュアル系』テラ?



もくじに戻る
第45話 第47話
アフォーの研究室(トップ)に戻る
1月11日
三連休の中日でも、行ってみましょう特撮日記〜

爆竜戦隊アバレンジャー 第46話『祈って!アバレビジュアル系』
満月に照らされた港の岸壁を歩くビジュアル系男(胸には金髪のお人形)から始まりました。 「やっと見つけたぜ」呼び止めたのは仲代壬琴(アバレキラー)「こちらこそ、お待ちしておりました」笑顔で応えるビジュアル系……余裕かと思ったら全速力で倉庫へ逃げ込みます。

追った仲代が背後で閉まるシャッターに気づいた時には、ピ・ピ・ピ・ドカーン。CGの炎に包まれる港の倉庫。 「命短し恋せよ乙女。ね、リリーちゃん」火事の炎に照らされた人形をなででニッコリのビジュアル系
ヘタれデルタ(原田篤)とビジュアル系人形愛玩男(谷口賢志)ではどちらが意外性に満ちているか微妙な配役です、元救急戦隊ゴーゴーファイブ兄弟。

平行宇宙の地球・ダイノアースにそびえる侵略の園(エヴォリアンの宮殿)中枢部では、黎明の使徒リジュエルの体に宿った邪命神デズモゾーリャ様(声 佐藤正治)が、使徒(幹部)たちにご下命です。
「ミケラよ、アナザーアース(アバレンジャー達のいる次元の地球)侵攻の際、お前に命じておいたあの作戦はどうなっている?」 なんと去年の一月末からの長期計画があったんですね。やっと真の意味でのアナザーアース侵略開始、今までのアナザーアース侵攻作戦が行き当たりバッタリでいい加減だったのは……ひどい、遊びだったのねぇ〜

作戦内容はショホウセンカメレオンとヒルリンドウに続いて、三度目の正直なデズモゾーリャの新たな体作り。トリノイド第1号ドラゴンドラン(声 谷口賢志)こと、ビジュアル系が薄笑い浮かべながら人形なでなで、湖を霧で包んでいます。 ちなみにこれが残るただ一つの機会「これ以上の失敗は許されぬ。待っているぞ、この虫けらのような体を突き破って地上に降臨するその日を」デズぽんてば、焦ってます。
腹を痛めて生んだ娘の体を突き破られてたまるかと、破壊の使徒ジャンヌ(ブラックの妻・本名マホロ)は頭下げつつ睨んでて、これから暗躍の予感です。

一方和風喫茶『恐竜や』(アバレンジャーの基地)では朝から深刻な顔して、仲代壬琴の行方を検討中です。 三条幸人が「やはりお前もヤツの存在を感じないか」なんてダイノブレスを介して聞いているのは、 以前裏切って壬琴の元に走った爆竜ステゴスライドン「壬琴スん、いくら呼んでも返事がねぇデゴ、オラ不安で不安で、スかたねーデゴ」

「新しいゲームの相手はここにいる、仲代先生はそう言いました」胸を押さえる伯亜凌駕(アバレッド)に応えたのは、 ダイノアースから来た戦士アスカ(アバレブラック) 「自分の体の中にもデズモゾーリャが半分居る、それに挑むという意味ですよね」コブシを握り締めて、ちょっと前の伝説の鎧で狂乱していた自分を思い出してるみたいです。

「あいつなら敵を体の中に閉じ込めたまま、命を断つ可能性もある」物騒なことを言う幸人に 「自殺するって言うの?」非難めいた口調で問い返す樹らんる(アバレイエロー)。 「あの人はそんな人じゃ無いと思います、わからないけど」プラス思考の女子高生オペレーター笑みぽん(今中笑里)の反論も元気ありません。

そして「お姉ちゃんもそう思う?」あどけない声で舞ちゃん(凌駕の養女)が謎の少女の顔を見ます。 「あの人の心には、触れられなかった」うつむく謎の少女(リジュエルのドッペルゲンガーかなぁ?)。さらに 「人間(壬琴)は私すら拒否している、相当な決意をしている事は間違いないゲラ」壬琴のパートナー爆竜トップゲイラーも暗い雰囲気に追い討ちです。

煮詰まったところで会議に口を出す居候トリノイド12号ヤツデンワニ 「聞いて聞いて、ワニの電話も着信拒否されてるのだー。あ〜、へへ、お呼び出ない、お呼び出ない? チャンカチャンカ♪ チャンカチャンカ♪」って、シャボン玉ホリデーがわかる小さなお友達がどこの世界にいるというのだ、ヤツデンワニ〜

議論と登場人物が出尽くし、ヤツデンワニが空気を和ませたところで 「とりあえず皆さん、お店を開きましょう」喫茶店マスター介さん(杉下竜之介)のツルの一声で、開店準備をはじめる一同。 今日の買い出し担当は凌駕と幸人。幸人の2シーターのスポーツカーで行くのは違和感ですが、老人の介さんが徒歩で持ち帰れる量の買い出しなので、ギリギリOK?

車の中では幸人のちょっとシリアスなお話が続いてます。「凌駕、どっちにしろハッピーエンドは期待するな お前が傷つくのは見たくない」 対して凌駕はVサイン「大丈夫ですよ、オレがこの手でハッピーエンドにしてみせます」 不意に会話を断ち切るクラクション。市場到着前にトラックに跳ねられる自転車少年を見て、幸人は急ブレーキ。「あの勢いじゃおそらく」

トラックの運転手に続いて、駆け寄る幸人と凌駕の目の前で 「あれ痛くもなんともないぞ」むっくり起き上がった少年は「ラン様のお陰だ〜」嬉しそうに綺麗なカードを取り出します。

一年位前から流行りだし、全国で100万人単位の愛好者がいる蘭様カード。 スピード証明写真みたいな『祈りの部屋』で祈りをチャージする事で、奇跡を招く魔力を秘めたカードの 販売者は的中率100%を誇るビジュアル系占い師・出雲蘭。私生活を決して明かさない神秘的な男だそうですが、 スポーツカーとサイドカーに分乗したアバレンジャー4人は迷うことなく待ち伏せに出発です。監視カメラネットワークシステムからは何人たりとも逃げられないのかぁ。

野球選手の藪川やノーベル文学賞を取った酒井おみなも信奉していて、女子高生から幼稚園児まで、爆発的人気の蘭様カード。 「凌ちゃんの代わりに、お祈りしても叶うかな? 仲代先生が戻ってきますようにって」なんと舞ちゃんも持っていました。 流行に敏感な笑みぽんに至っては一年位前に購入済み。 一緒に祈りの部屋に出かけていて、アバレンジャーと入れ替わりに帰ってきた2人はテレビ画面の蘭様を見て、様子がおかしくなっちゃいます。

「皆様、こんな世の中だからこそ、皆で助け合い仲良くしなければなりません」しかし、それを阻もうとする邪悪な存在がこの世に迫りつつあります。 皆様に新たな呪文をお授けます。世界が皆が幸せになれる素晴らしい呪文「アイナイータ ナハリドノーレ ウィンニメナ イルーダ。アイナイータ……」 蘭様の言葉に従って呪文を唱える笑みぽんと舞ちゃんのカードが金色に輝き、なんと空飛ぶゴンドラに!?

セントラルシティTVから出て霧の湖へ向かう蘭様の高級車の前に立ちはだかる派手なジャケットの4人。 「私に何か御用ですか」車から降りた蘭様に「あなたが蘭様ですか」丁寧に聞くアスカと「このカードについて聞きたい」ぶっきらぼうな幸人が好対照。 人形をなでながら「あなた方も明るい未来の為にお祈りください、このカードはそのためのものです」微笑んで答える蘭様。

反論したのは凌駕たちの背後から近づく白い影「誰にとっての未来だ。デズモゾーリャの為の未来なら祈る価値なんて、無いよなぁ?」さすがはマックス空間からも生還したサイコパス外科医仲代壬琴、倉庫の爆発ごときでは、白いコートにコゲひとつつきません。 でも「おやー生きてましたか」と微笑で返す蘭様もタダもんじゃありません。

「こいつはデズモゾーリャ復活のための巨大な体を、湖の中に作ってるんだ」壬琴による計画暴露の直後に、 介さんからの通信で舞ちゃんや笑みぽんがどうなったか教えられ、他にもたくさんの人がゴンドラに乗って飛んでいったと知った凌駕たちはビックリ。

蘭様は含み笑いで予言です「あなた方は消える、もう間もなく」  もう止められません、私の奇跡に魅入られたアナザーアース人どもは祈りを合わせる事で自らに呪いをかけ、デズモゾーリャ様の生贄となります。 霧の中の湖に飲み込まれた数が100万人になったとき「全員が魂と肉体を吸い取られデズモゾーリャ様の新たな肉体となるのです」
黄色い満月を背景に飛ぶ無数のゴンドラ……幻想的です。

「栄えあるトリノイド第1号の力、今こそ見るがいい」人形投げて、蘭の花つきドラゴニュートみたいな正体を現すドラゴンドラン。 横のボディガードさんも消えちゃいましたが分身だったのでしょうか。実は人形が本体って大ドンデン返しを期待していた私はガックリ。単に気持ち悪さを演出する小道具だったとは〜

「お前の好きにはさせない!」「チェンジだ」爆竜チェンジした4人は最初からアバレモードで頑張ります。 カカト落としを放ったブラックの肩を踏み台にして、ブルーとイエローは高い位置から両手チョッブと引っかき攻撃。レッドはラリアット状態でダッシュしてドラゴンドランを木に叩き付けます。

しかし「これが精一杯いですか?」余裕たっぷりのドラコンドランは目からビームを放って来ます。 さらに包囲攻撃してくるアバレンジャーを軽くあしらい、ブラックの襟元つかんで殴る蹴る。仲間を助けようとしたレッドたちの、アバレイザー一斉射撃をブラックを盾にして回避。さすがはトリノイドの長兄です。昔のミケラはマジメだったんだなぁ。

「ふっ、どうしました?」超余裕のドラコンドランですが、背中を光の矢で撃たれるとちょっと痛いみたい。 振り返ってみればウイングペンタクトを手にゆったりやってくるアバレキラー(チェンジ回数、残り…0) 「また変身してスまったなんて、もう最後の戦いデゴ?」慌てるステゴ。 ブラックもダイノマインダーはもう限界だから確実に大爆発が起きます「今すぐにでも変身解除して下さい」なんて騒いでます。しかしキラーは平気な顔。 「フン、心配すんな。そいつはおれの中の悪魔が抑えている」

「そう、残念ながらあなたの体は、デズモゾーリャ様が新たな体を得られるまでは、あなたの自由にはならない。死ぬ事さえも許されないのです」 解説するドラゴンドランですが、死なないと分っていたのに「おやー生きてましたか」なんて言ってたのはなぜ? ……蘭様、けっこう物忘れが激しいのかも。

「ふざけるな、俺の体もオレの時間もすべてオレのものだ、お前らの良い様にさせるか」不遜に言い放ったアバレキラーは、 高速空中戦を展開しドラゴンドランに弾き飛ばされても、駆け駆け寄るアバレンジャーの協力を拒否します。

そこへデズモ声で笑いながら雷撃と五色の煙攻撃(?)を放ってリジュエル登場。 「我はデズモゾーリャ、あらゆる次元を統べる神。真の肉体が完成すれば貴様とこの女の体を破壊して、 我は一つになる。ゆけドラゴンドラン」湖にドラゴンドランを向かわせアバレキラーと杖で斬り結びます。

神様の登場でもキラーはめげません。「お前もただのコマだ。オレの最後のゲームのな。せいぜいオレをときめかせろ」減らず口を叩いて、「生意気な。その肉体 ここで砕いて、我が分け御霊(みたま)を取り込んでくれるわ」怒るデズモゾーリャを押さえ込み 「ここはオレのゲームフィールドだ。お前らは他でやれ」湖へアバレンジャー4人を向かわせます。
「この場はお任せします」一礼して駆け出すアバレッドたち。

デズぽんは、白いブレスでキラーを吹き飛ばした後、緑の電撃で絡めてトンボを切らせるアクロバティックな引き寄せをやってのけます 「貴様ごときがこの神に勝てると思うか」勝てるかどうかは分りませんが、攻撃に無駄と茶目っ気が少々まざっているのは分ります。

キラーの首を締め上げ「所詮下らぬ人間ドモ、今ここで打ち砕いてやる」と地面にたたきつけ、トドメと杖を振り下ろしますが、 「だめ……だめー!」危ういところで寸止め。リジュエルが一瞬本来の心を取り戻し、杖を投げ捨てちゃいました。

「やだもん。あたしこの手でミコトを斬るなんて絶対ヤダモン」杖で斬れるかどうかはさておいて、 余計な真似をするなと怒るデズぽんの、オシオキ電撃と爆発に悲鳴を上げながらも「行って、早く行って、ミコト。早くー」恋する男を行かせるリジュエルは健気です。演じている女優さんも含めて(顔出しじゃ怖かったろうな〜 至近距離の爆発)

「ありがとうよ」礼を言って駆け去る壬琴を見送るリジュエルを、内部のデズぽんが雷撃と言葉で苛みます「この女狐め。貴様がいくら抵抗しようとも、我が肉体は完成する。もう何をしても同じなのだ」

湖の岸辺ではドラゴンドランがゴンドラを飲み込んだ霧に手を差し伸べ「最後の仕上げだ」青いエネルギーを注いでます。 金色の雷撃が起きるのを見守っていたドラゴンドランは、駆けつけたアバレンジャー4人に「邪魔はさせません」とビーム攻撃。爆発の中で倒れるアバレンジャー。

そうこうしているうちに、霧の彼方で巨大なツルがウネウネとうごめき始めます。 「霧の中からあの体が完全に出たらアウトだ」良く分らないながらも説得力のあるブルーの言葉に焦燥感を煽られ、「100万人の人たちを救うためにも」と奮闘するアバレンジャーですが、 赤い雷撃とか食らって戦況は不利「お遊びはここまでです」さすがトリノイド第一号。

そこへアバレキラーが参戦。不意をついてウィングペンタクト・ブレードモードでドラゴンドランの腹をグッサリ。首を掴まれても、左手から放出する金の雷撃で0距離攻撃でダメージを与えます。強いぞアバレキラー。
「今こそ五人の力をあわせましょう」レッドの掛け声で 五つの武器を組み合わせたスーペリアダイノボンバーで放つ「必殺」「スーペリア」「ダイノダイナマイト!」であっさりドラゴンドランを撃破〜。さすがは5人そろってゴレンジャー(違)

爆発と同時に霧が晴れてゆき、ニューデズモゾーリャは崩壊。素材となった人々は霧状になって元の場所へ戻って無事に復活、めでたしめでたし。 そして、いつもの事ですが命の実から雲が湧き、降り出すジャメーバの雨でドラゴンドランは復活巨大化です。

「ステゴ、トップ、力を貸せ」アバレキラーの呼びかけで滝の中からトップゲイラーとステゴスライドンが出撃して『キラーオー』に融合合体。 母艦爆竜ブラキオサウルスも「壊すものと守るもの、答えはそこにあるブラ」とブラックの要請で出動し、ティラノ・トリケラ・プテラで『アバレンオー』が完成。 残るアバレンジャー3人はダイノガッツを集めてスティライザーを掲げるレッドをアバレマックスに強化。 アバレマックスはスティラコを召喚して『マックスオージャ』に……でも乗ってるのはブラック!? ともかく3体の巨人が揃い踏みです。

しかしビビらない巨大蘭様……いやドラゴンドランは、なんと花びらを翼にして飛び上がり、上空からレーザーで爆撃してきます。 「やろー、ヒレストライク!」怒ったアバレキラーが回転体当たり技を試みますが、真剣白刃取りの要領で不発に終わり、投げ落とされて地に伏すキラーオー。味方になると弱くなるの法則、健在です。

しかし、それを見た爆竜たちは「ドラゴンなんかに負けないケラ」「竜より爆竜ブラ」「みんな力を合わせるテラ」となぜか奮起。 『爆竜』『大進撃』『アタック』という三体の火力だかダイノガッツだがを一気に放出した波動砲みたいな攻撃でドラゴンドランを倒しちゃいます。ぶっといビームも当たらなければどうと言うことは無い、みたいな事を去年言ってたお方がいましたが、花びらの翼には火線軸から逃げる機敏さが無かったようです。

「おのれ、よくも我が最後の体を〜」湖に佇むリジュエル……いやデズぽんは悔しがっていましたが「いや、まだアレがある。見ていろ、アナザーアース人どもめ」何か思いついたらしくダイノアースへ撤退してゆきました。

今週の引きは緑の光に侵食される闇を背景に爆竜ティラノサウルスが担当。
「デズモゾーリャが何をほざいても、俺たちが力を合わせれば何とかなるテラ、でも侵略の園では気になる動きが。この後すぐテラ」

赤というより濃いバラ色のテレ朝マークのED後、侵略の園で何やらいじっているジャンヌを「何をした」とリジュエルが見咎め、女同士の見詰め合いに……洗脳されて無いのがバレたとしたら、マホロさんピーンチ。

一方、湖の岸辺に立つ壬琴の横にいつしか凌駕が来て笑顔で仲間宣告。
「仲代先生、お帰りなさい。あなたはもう1人じゃない。ね?」
振り向けば残る3人も来るところです。握手しようと手を差し伸べる凌駕に、苦笑して応じようとする壬琴。しかし、力石徹(?)風にバッタリ。 「しっかりしてください、仲代先生!」叫ぶ凌駕の声で、つづく?

次回予告 第47話『5人のアバレンジャー』
デズぽん印がマホロの額に浮き出るわ、リジュエルの体はキラーノイド風に変化しちゃうわと、エヴォリアンの女性陣が大変なことになっちゃう模様です。 生身で雪中対決しているアバレンジャーキャストの皆様方も、寒そうで大変そうですが……仮面ライダークウガ風の血しぶきで雪を染める素手の殴り合いを、3話前倒しで始めちゃったりしませんように。

そして、ついになくなりました、スーパーヒーロータイムの括り。その時間は特捜戦隊デカレンジャーと仮面ライダー刃(ブレイド)の番組宣伝に当てられてます。クリスマスにグランセイザーを新戦隊だと思い込んでオモチャを買ってもらったお子様は大ショック、かな?

追記 キラーオーの体当たり攻撃が、ヒゲストライクって聞こえる私には蘭様の呪文解読は難しすぎました……アイナイータ ナハリドノーレ ウィンニメナ イルーダ、アイナイータ ナハリドノーレ ウィンニメナ イルーダ。コナンならアッサリ解いちゃうんだろうけどねぇ(一つ飛ばし読みだったとは……)


もくじに戻る

第45話 第47話
アフォーの研究室(トップ)に戻る