×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



爆竜戦隊アバレンジャー 第40話『アバレ鎧を斬れ!』ブラ?



もくじに戻る
第39話 第41話
アフォーの研究室(トップ)に戻る
11月30日
冷たい雨が降る、11月最後の日曜日。くらーい気分に負けないで、いってみようか特撮日記〜

爆竜戦隊アバレンジャー 第40話『アバレ鎧を斬れ!
三日月が照らす荒野に佇むマホロさんから始まりました。腕の傷をおさえて何やら決意の模様です。 ところで、先週斬られた草の腕輪をまたはめてますが、武具やジャケット同様、ダイノガッツを注いだら光とともに再生しちゃったのかも?

アバレンジャーの基地をキッチンの裏に隠す、和風喫茶『恐竜や』では、名物恐竜カレーを謎の少女が「おかわり!」って……凌駕も肩に触れてるし、実体だったのか〜 いやドッペルゲンガーとかかなぁ。 リジェの体に居づらくて時々飛び出していたのが、リジュエルになって元の体に戻れなくなり今は舞ちゃん(レッドの養女)の体に同居とのことですが……まぁ、ロッカーの花子さんも幽霊のくせに色々食べてたもんなぁ。 むしろ幼稚園児と小学生の身でカレー二杯目、育ち盛りの食欲の方こそ超常現象なのかも。

そして謎の少女がアスカとジャンヌ(マホロ)には強く魅かれるのは、やはり親子だからでしょうか。邪命神デズモゾーリャはリジェの親ではなく胎児に力と邪念を与えただけ……だといいなぁ、まぁ植物らしさがないあたりで遺伝子は100%竜人ぽいですが。

さて謎の少女の予言「あの人は無事に帰ってきます」どおりに、マホロは恐竜やに戻ってきましたが、樹らんる(アバレイエロー)にアスカの事を聞かれても「大丈夫、少し眠らせて」とそっけない様子。 その上、深夜に基地のシステムで何かをして、朝には姿を消してしまいました。ほややんウェイトレス・マホロの大ファンだった常連の横田さん……ガッカリするだろうなぁ。

一方、恐竜が爆竜に進化した平行宇宙の地球・アナザーアースにそびえるエヴォリアン本部では、ヤツデンワニからの電話連絡に創造の使徒ミケラがびっくりです。アバレキラーに会わせろと怖い顔したジャンヌ(マホロ)が海辺の別荘に押しかけてきている様です。

電話連絡一本で、玉座から別荘へ移動した仲代壬琴(アバレキラー)、30分後の番組みたいなタイミングです。 斬られた左腕をおさえ、アスカを倒したいからジャンヌの姿に戻してと言うマホロのアゴをつかんだ時はキスでもするのかとハラハラしましたが、そこは日曜日のお子様番組。 「戦う女の目に戻ったな」と怯えないかどうかチェックしただけのようです。でも「アスカを倒せば、貴方のものにしていいわ。あの鎧も、この私も」って発言はちょっとスレスレかも。

侵略の園(エヴォリアン本部)にマホロを連れて戻った仲代壬琴は「本気なら触れてみろ」と邪命神デズモゾーリャの生命の木(多分…)に導きます。 幹に触れたマホロは緑のエネルギーに包まれ絶叫を上げながら、赤いジャンヌの衣装に……「蘇ったわ、私は破壊の使徒ジャンヌ!」と凛々しく名乗ってますが、その額には紫のデズぽん印がありません。 洗脳されてない証かと思われますが、コレがないと困ることがあったような、なかったような……

壬琴の愛を独占したいリジュエルにとって、この状況は面白いはずありません。 後ろからカード飛ばしたりしてあわよくば恋のライバルを殺る気です。それを細身剣で迎撃するジャンヌの間で 「思い通りにはさせないよ、オ・バ・ハン」「お前ごときに何が出来る!」と女幹部の戦いが……と思ったら壬琴がアバレキラーにチェンジしてりジュエルの電撃を受け、 裏拳一発……って女の子相手に容赦ないなあ。

オレが欲しいものを手に入れるのを邪魔する気かと凄まれ 「俺に惚れているなら、オレを怒らせるな」とアゴ掴まれたリジュエルは(ってキラーが女に迫る時はコレばっかだな)「ごめんなさい」と一応素直。 ジャンヌの肩を抱いたキラーを手の甲へのキスでアナザーアースへ転送しましたが、大人しくはしてません。 ジャメーバの実を一個もいで、リジュエロイド・キラーゴーストII世を作ります。ちなみにアバレキラーが以前作ったキラーゴーストにクリソツ(by無限の使徒ヴォッファ)とのことですが……先代はアバレマックスに倒されたんでしたっけ。 再生怪人は弱いってジンクスの打破をII世は出来るんでしょうか?

「やっぱり、どこにもいない」やっぱり同居してるのかもな笑みぽん(女子高生・今中笑里…先々週はアバレピンク)の報告で、みんなの期待を一身に浴びる謎の少女ですが、 実の娘(もしかしたら)にも「まるで闇に閉ざされたみたいに」マホロの気配は感じられないらしいです。マホロちゃんがジャンヌに戻ってしまったのでは……と心配する介さん(杉下竜之介=恐竜やマスター)の推測に、 「戻った記憶がジャンヌのものならば、それも充分考えられる」と冷静に……でも目を逸らしながら発言する三条幸人(アバレブルー)。

その暗い雰囲気を打破したのは「やめましょう、まだそうと決まったわけじゃないし」って明るい伯亜凌駕(アバレッド)の発言と「その通りだテラ」とモニター通じて同意する爆竜達。 そして以前ジャンヌに洗脳されて京都を破壊しまくった爆竜ディメノコドンのナイスアドバイスです。 「ワシがアスカにしてもろたのと同じ事やれば、もしかして、アスカも」
らんるはハッとダイノハープを見つめます。これも以前黒コゲでしたが、直したのはらんるのメカニックとしての腕なのかダイノガッツなのかチト微妙です。

さて、両陣営が捜し求めるアスカは洞窟の中で、伝説の鎧の破壊の力が尽きるまで「死力を尽くしてここに……」と岩を斬りつけてましたが、またまた体を乗っ取られて荒野をフラフラ。 探しに来た凌駕達に心ならずも襲い掛かります。 爆竜チェンジしたアバレッドとアバレブルーが暴れるアスカに取り付いて動きを封じ、らんるがダイノハープ(ハーモニカ)で平和を象徴する思い出の曲を吹く、プロジェクト・ディメノコ開始。 「鎧の魔力に打ち勝って、あなたを待ってる笑顔があるから!」

苦しむアスカの兜が砕け「皆さん……」と一度は呪いから解放されたかと思いきや……兜は再生し、おさえる二人を弾き飛ばしめちゃめちゃに斬りかってくる伝説の鎧。その解き方はアスカにも見当がつかない上に、もう蟲笛も……じゃなかったダイノハープも効きません。「やめて、アスカさん!」生身のらんるに伝説の鎧の刃が迫った時。

「そんなザコども相手にすんな」キラーとジャンヌが登場です。 ちなみに二人の事を笑みぽんや介さんがアバレンジャーたちに知らせる事ができなかったのは、次元の扉反応システムを夜中のうちにマホロが切っちゃったせいのようです。

「オレは鎧を手に入れる。お前ら、止められるもんなら止めてみな」と自信たっぷりのキラーに対して「止めてみせるたい!」と、らんるもアバレイエローにチェンジ、戦意タップリですが…… 深読みすればアスカへの不倫にも似た想いから……あ、いやいや。 ともかく、泥沼阻止に出現した巨大キラーゴーストIIにアバレンジャー3人は掴まれて強制的に戦線離脱です。って、リジュエルだって良く考えたらキラーを中心にした三角関係、しかも親子ど……ゲフンゲフン。

キラーゴーストIIに握りつぶされそうな危機は、レッドが呼んだ爆竜ティラノサウルスのシッポドリルの一撃で回避。そのままそれぞれのパートナー爆竜とアバレンジャーは融合し、 爆竜合体アバレンオーになって山をも崩す巨人の戦いに突入です。その迫力あるバトルを背景に、地上でも伝説の鎧とキラー&ジャンヌの戦いが展開されていました。

「マホロ、お前だけは助けたかったのに、それすらも実らなかったという事か」突っ込んでくるジャンヌに絶望感を覚えつつ、鎧に操られるまま戦うアスカ。でも2対1では究極の戦闘力を誇る鎧も苦戦です。 そんな地上戦に気を取られたアバレンオーもちょっとピンチ。そんな中でイエローはプテラカッターでキラーゴーストIIを一時退け、 「お願い、戦わないで!」とドリルで割って入ります。それに反撃したのが伝説の鎧。先々週披露した青い波動砲みたいな大技でアバレンオーは大ダメージ……そういえば、 昔アスカことアバレブラックはギガノイド『英雄』をダイノスラスターで地上から倒しちゃったんでしたっけ……その後一週間以上、寝込みましたが。

で、やはり大技の後は隙ができるのか、アスカはキラーに首根っこ掴まれてハイキックで蹴りまくられてます。さらに「キラーの剣と同時にアスカを斬る」とジャンヌも大技の気配。 それを見て奮起するアバレンジャーたちはコクピットでアバレモードへ。 「あたしたちのダイノガッツは、こんなんじゃなか!」 「そうだ、俺たちが力を合わせれば」 「無敵の力が沸きあがるんだぁ」ドリルスピンでキラーゴーストIIを山ごと貫き「テラー」「ケラー」「プラー」と大爆発させます。……やはり再生怪人は弱いのか?

しかし、一歩遅く、地上でも決着がついてしまいます。キラーとジャンヌの放つ電撃がアスカを捕らえ、 体制を崩したところで「今よ」「トドメだ」二人の同時攻撃炸裂。二本の剣に斬られた伝説の鎧は爆発の中パーツに分かれ、アンモナイト形の暗黒の石に戻ってアバレキラーの足元に落ちました。

倒れたアスカに駆け寄り呼びかけるアバレンジャー。
一方、キラーは「これでオレのものだ」と暗黒の石を手にし、一度壬琴の姿に戻ってから、黒い爆煙と雷光の中、哄笑しながら鎧を装着です。 「ついに手に入れた。最強のこのオレに究極の破壊の力、これでオレは完璧だ」 その姿に「これからいったいどんな恐ろしいことに」とおののくアバレンジャーですが、ジャンヌは一人静かに状況を見極めていました。

不意に赤い稲妻に包まれ、灰となる伝説の鎧。叫ぶ壬琴。「鎧が消滅した?!」驚くブルー。一人ジャンヌだけは一瞬の微笑を押し込め、戸惑う壬琴に 「アスカめ、小細工を! ダイノガッツで鎧の呪いを封じ込めたに違いない」そう早口で告げます。

ちょうどその時、アスカが息を吹き返し「私の事、わかる?」というイエローの質問に「納豆嫌いの、らんるさん」と答えアバレンジャーたちは喜びに包まれます。 喜びに水を差したのは「感動の再会はそこまでよ」とリジュエルの声を中継するキラーゴーストII(人間サイズ)。 立ち向かうアバレンジャーに続いて「私も戦わねば」と剣を抜くアスカ。

しかしアスカは突っ込んでくるジャンヌに邪魔されます。 「マホロ!」そう呼びかけても「私はジャンヌだ」と剣を交えることをやめない妻の蹴りを食らい、 一度離れたアスカは「アスカ、覚悟!」の声に愛しい人の名を呟きながらも、剣を構えて突っ込んで行き……交錯した一瞬、はっと目を見開いた後、一端離れたジャンヌに二太刀浴びせます。 倒れたジャンヌは「ざまあないな」と見下ろす壬琴とともに「まだ策はある、一端退却だ」と姿を消してしまいました。

その後アスカは、キラーゴーストIIに苦戦していたアバレンジャーのもとへ「私にやらせてください」と駆けつけ、イエローから「マホロさんの分まで」とダイノハープを受け取り、久しぶりにアバレブラックへ爆竜チェンジ!

今週の引きは紫色の光を背景に爆竜ブラキオサウルスが担当でした。
「アスカよくぞ帰ってきたブラ。アスカがどんな戦いをするか、最後までともに見ようブラ」

色々モロモロ吹き飛ばすようにアバレモードとなったアバレブラックは、キラーゴーストIIを地面にたたきつけるわぶん投げるわ、トドメに「消えうせろ!」とサークルルナを放ち見事撃破します。

そしてチェンジを解いたアスカはすすり泣きながら「ジャンヌは……いや、あれは、マホロでした。戦いの中で、この頬の爪を通じて伝えてきたんです」と驚きの真相を語ります。

「許してアスカ、今はこんな風にしか出来ないの……あの時、私は決意した」番組冒頭、水たまりに血を滴らせながらマホロはスティラコっぽい爆竜の声を心で聞いていたようです。 聖と邪の力を一つに合わせて斬れ、それがアスカを助ける唯一の方法と…… 話せば止められるから、アバレンジャー達には何も言わず恐竜やから出て、邪の力=キラーの力を借りるためにジャンヌになった。 「それでアスカの命が助かるなら……」

「バカだ、お前も、あいつも」ブルーが悲しげに悪態をつき「こんなのないよ、アスカさんがせっかく元に戻ったのに、マホロさんがまた向こうへ行かなきゃならないなんて」 イエローが嘆く中、「私は信じます、まほろまた会える日が来る事を 必ず現実にしてみせます」と拳を握り決意を語るアスカ……最後、ジャンヌを斬りつけたのは、この作戦には仲間三人にもまだ話せない第二段階があるという事でしょうか。 最後は親子3人ハッピーエンドになりますように……。

次回予告 第41話『メリーアバレマス!ジャメジャメ
サンタクロースが悪の手先!? サンタさんからプレゼント貰った人たちがバーミア兵になっちゃう異常事態と言うか、久しぶりのバーミア兵大盤振る舞い(最近人数少なかったもんなぁ)と、 リジュエルにキスしようとするジャンヌ(マホロ)にちょっと期待です。

今週のスーパーヒーロータイムの締めはアバレじゃんけんコーナー。
「アバアバアバアバじゃんけん パー 勝ったかなぁ」アバレンジヤー基地の監視カメラネットワークシステムを背景に、指振りアスカとかっぽれ介さんの「勝負は時の運」「うん」でした。 「次回も見てくださーい」と、ファイズが築き上げた閉塞感をアッサリ崩してナージャへ地固めする介さん、素敵過ぎます。

ところで、アバレピンクの時から気づいたのですが、エンディングテーマのTVAsahiのロゴ……その回に活躍した戦士の色になってたんですねぇ。 38話のピンク、39話の赤、そして今週は黒かと思ったら、黄色。 というわけで、今週の敢闘賞はアバレイエローに決定〜 ……個人的にはマホロさんに上げたいんだけどね。


もくじに戻る

第39話 第41話
アフォーの研究室(トップ)に戻る