×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



爆竜戦隊アバレンジャー第4話『完成!秘密アバレ基地』プラ?



もくじに戻る
第3話 第5話
アフォーの研究室(トップ)に戻る
3月9日
春の嵐のその後は、プテラノドン舞う春の空?!
というわけで、なんとなくいってみよう。

爆竜戦隊アバレンジャー第4話『完成!秘密アバレ基地
2023年の量子物理学研究所でオッサン……じゃない、内海孝明博士は立体映像(翻訳つき)のネット通信でノーベル賞受賞の知らせを受けていました。 知らせの唐突ぶりは田中耕一氏の時に通じるものがあってリアルです。そして内海博士が最初にその喜びを知らせたのは家族でも研究所仲間でもなく、机の引き出しから取り出した一枚の写真。
「僕がここまで来られたのは、貴女のお陰だ。名前も分からないあなたの……」
映っていたのは本日の主役、樹らんる(アバレイエロー)が自転車に乗って走り去る後姿でした。

そして時は20年さかのぼり、博士の回想は東京の川べりに浮かぶ艀(はしけ)へ。

小学生時代、鉄道ヲタクだった内海博士は、同年代のガキどもに「ダメダメだもんな〜」なんてからかわれ、大切な手作りの本を奪われました。
その時、樹らんるに出会ったのです。

らんるは愛車のバーディ(改造自転車)を快調に飛ばして部品屋17軒をハシゴしパーツを調達の後『恐竜や』(和風喫茶でアバレンジャーの下宿先で秘密基地!?)へ戻る途中でイジメ発見。
さっそく、「こらあっ」と注意したガキどもに「関係ねーだろ、ババア」と言われてプッツン。川べりまで駆け下ります。
おねえさんの逆鱗に触れた事を察知した三人のいじめっ子は浮橋をつたって逃げ、内海の手書きの本を浮橋の上におきざって行きました。 しかし内海少年は本を諦めて背を向けます。ひょいっと浮き橋に跳び乗り本を拾い上げたのは樹らんるでした。
「DD51の写真じゃない」ディーゼル機関車の写真を一目見て都会じゃなかなか撮れないだの鉄道写真の出来にも言及するらんる……さすがメカ全般ヲタクです。
大事な物なのに、どうして跳んで拾いに行かないの? と訊くらんる。

「落ちたら汚れるし、痛いし」
「汚れたら洗えばいいし、痛くったって死にゃしないよ」
「僕、ダメダメ君だし、どうせ、ダメだから
その言葉に「ねえ、きみっ」と、らんるが説教モードに入りかけたとき、腕のダイノブレス(変身アイテム兼通信機)からコールです。 事件かと慌てて答えれば、アスカ(アバレブラック ただし現在変身不能)からの帰りが遅い事を案じる連絡でした。 「一コト言ったらすぐ戻ります」と返して、その一言を言おうと振り返る前に内海少年も逃げちゃってました。

その頃、ダイノアースにある侵略の園エヴォリアンの本部では、相変わらずインパクトのあるメロディーを思いつけないヴォッファは今回もお休み、 イメージ湧いて湧いて絶好調のミケラはまた赤い実を一個もぎ、赤いカラスと黄色いミントと『青い抽象画』(ライフルやゴルゴ13に見えるやつは目がおかしいぞ、多分)に向かってポン 「命を上げよう」とハッカラスナイパー(声 金丸淳一)を創り出しました。
緑の瞳の神がかりなリジェに「アナザーアースの未来を潰せ」と高飛車に指令され、 普通の瞳の黎明の使徒リジェ(同一人物)に「今日はあなたv、がんばってね」と手の甲に可愛くキスされてハッカラスナイパーは次元移動です。

そしてもう一人の幹部、美人の女剣士ジャンヌはアナザーアースで探し物してました。 電波塔の上でアンモナイトのついた杖を四方に向けてますが、今回は本当に登っているようで撮影スタッフ含めてご苦労様です。

『恐竜や』では常連の横田さんが恐竜カレー食べながら急に増えた若い店員達に目をみはってました。マスターの杉さん(別名介さんこと杉下竜之介)に事情を聞いても、 「若い人でないと地球を守れないもんで、や、まあまあ」と意味不明です。しかも奥から「工事終わりました」と謎の外国人作業員が出てくるわ、 従業員の一人は店のユニフォーム(?)青い刺繍つきジャケットを着るのを嫌がってるは(しかし伯亜舞ちゃんの説得で着なおした)、戻ってきた女の子もジャケット着てなぜか一列に並んで披露するわと、なんとも落ち着きません。 ゆっくりしてって下さいと言った舌の根も乾かないうちに、今日は早仕舞いだとカレー皿持ったまま追い出されてしまいました。

部外者を追い出した後の恐竜やは、店の中央にある恐竜の頭骨を象ったテーブルの牙の一本を介さんが引くと同時に、 なんとアバレンジャーの指令所に大変身。伯亜凌駕(アバレット)も知らないうちに基地化計画が進んでいたのです。資金は年収4億のちょんまげカリスマ整体師三条幸人(アバレブルー)でしょうか。 全国の監視カメラをリンクして次元の扉を察知し、いち早くエヴォリアンの怪人出現場所を特定できるらしいです。 国もまだやってないシステムをメカマニアらんるったらいつの間に……いやメールや電話もいつの間にかコッソリ監視してるみたいに既に現実にもあったりして。

完成記念パーティと行きたいところですが、らんるは「ダメダメくん」への一言のために出かけようとします。しかし間の悪い事に、 都心第二街区に次元の扉が発見されて、アバレンジャーの出動となりました。

ビル街で子供をつれていたお父さんが不意に胸をおさえて倒れました。近寄ったサラリーマンも「うっ」。背広に残る銃痕に周囲の人々が悲鳴を上げます。 もちろん、ビルの屋上から人々を狙撃するトリノイド第5号ハッカラスナイパーの仕業です。
その前に立ち塞がる4人の若者。
「何だ、キサマたちは?」
「知らなきゃ教えてやる」と爆竜チェンジして名乗ったのは三人で、アスカは黒ジャケットのままパンチとキック……その格好に剣もカッコいいと思うけど、警察の目がこわいかな。 ともかく、バーミア兵(戦闘員、今回CGでのアメーバから人間大への成長シーンは無し)とのバトル開始です。

いきなり暴れモードのレッドはキック主体で大暴れ、ブルーは剣モードのアバレイザーでズンバラリン。イエローは銃モードのアバレイザーで的確に射撃です。
同じ飛行ユニットで飛び道具使いとしてのライバル心かハッカラスナイパーはイエローにターゲットを絞ります。 「せからしかーっ」とイエローも皮膜を伸ばし、空中戦へ。高層ビルからの垂直滑空の直後、あっさり上を取られたハッカラスナイパーは列車置き場に逃げ込みます。

「どこなの」油断なくアバレイザーを構え周囲を警戒するイエローは、貨物車の影から狙うハッカラスナイパーに気付き、銃弾を転がって避けると同時に撃ち返します。 顔面に一体化したポインターを持つライフル使いなのに、拳銃の速射に負けたハッカラスナイパーのプライドはズタボロ? 「覚えていろ」と捨て台詞残して逃げました。

「いったん秘密基地に戻って作戦を立てましょう」とリーダー(多分)のブラックから通信が入りますが 「了解……と、思ったけどちょっとだけ遅れる」とイエローは変身を解きます。
彼女が見つけたのは列車をスケッチするダメダメ君こと幼き日の内海博士の姿でした。

何でだプラ。普通そこまで構わないプラ。
とパートナーの爆竜プテラノドンに呆れられますが
「あたし、どうせ何とかだからって言葉、大嫌いなの」
と答えて内海少年の前に立ちます。

「一言だけ言いたかったの。失敗したっていいじゃない。何度だってやり直せばいいのよ。めげずにがんばれば、きっと希望が見えてくるから。失敗を恐れちゃダメ。いい?」
「でも、僕は……」
不意にらんるが左肩を撃たれて倒れました。「オレを傷つけたヤツは必ず倒す」と給水塔からハッカラスナイパーがしつこく狙ってたんですね。「外したか」って本気でコイツ、射撃へタかも(その部分だけ抽象画だったもんなぁ)。

なぜか磁場が狂って通じないダイノブレスの通信。「大丈夫、君の事は絶対守ってあげるから」というお姉さんと内海少年の二人っきりの逃避行が始まります。 通りかかったタンクローリーに飛び乗りふり返れば、器用に駐車車両の上をアップダウンしながら極低空飛行で追ってくるハッカラスナイパー。
運転手が気付いて急停車。敵はスピードがありすぎて追い越したのかドサクサに紛れて二人は無人の工場に駆け込みボイラー室に身を隠しました。

なぜか、狙撃された左肩ではなく追われているとき弾がかすった右フトモモに包帯巻いて応急処置するらんるの傷を心配した後、 内海少年は「ねぇ、リニアモーターカーって垂直に飛べるかな」と場違いな質問をします。助けを求めに行こうとしたらんるも思わず耳を傾けます。 アイツの飛び方……建物からも車からも地面からも常に一定の高さに浮いてまるでリニアモーターカーのようだった。でも垂直なんて?

「待って、もしあの翼から強力な磁場が発生してるとしたら……」 ビルにくっつこうとする力と反発する力をコントロールすれば、垂直に飛べるし通信機が通じない理由も説明できる。
「大発見よ、すごいじゃないダメダメくん!」
そんな大声出すから、ハッカラスナイパーに見つかっちゃいました。

「お願い、これを始祖町(かな)の恐竜やに持ってって」とハッカラスナイパーの猛スピード飛行の原理を書いたメモを内海少年に託し、 らんるはアバレイエローに変身し、ハッカラスナイパーを足止めするためたった一人で戦います。 知らないねえちゃんに説教されるは怪人は出るわ、そのおねえさんは変身するわと、凄い事尽くしで竦んでいた、 内海少年も「そんなの無理だよ出来ないよ」の泣き言から卒業、列車置き場で言われた言葉を胸に路地を走りぬけ、あの川べりへ出ます。

お約束ながら、艀から浮橋へ勇気を出して大ジャンプ。失敗して、川にはまりますが浮橋側によじ登りついに川を渡りきります。この寒空で全身ずぶぬれ演技……子役にもムチャさせますねぇ。

狙撃されて病院に運ばれた人々は死んではいませんが意識不明のままでした。なんと傷口から広がった未知のウィルスが緑色に体組織を変容させて行きます。
病院の監視カメラが映し出す人々の様子をモニターで見つめる整体師幸人が分析したウィルスの特徴と映像から、アスカは似たウィルスに竜人もやられた事があり、襲った者と同じ姿に被害者を変えて新たな犠牲者を増やしてゆく恐るべき病気だと皆に教えます。 あの抽象画はウィルスだったのかな。でもあの不定形なカタチは細菌っぽいような……
そこへ、内海少年が丸めた紙を手に飛び込んできました。

「お姉ちゃん、やったよ」使命を果たした内海少年は恐竜やの座敷席に敷いたふとんで笑里ちゃんに看病され、 ビルがなければ高く飛べない。スピードで負けなければ対処できると聞いたアスカは
「それならうってつけの仲間がいます」と自信満々です。

孤独な戦いを続けるアバレイエローについに助けが来ました。アバレイザーを連射するアバレッドとアバレブルーの姿に、 「ダメダメ君、やったんだ」とイエローも元気100倍。
「覚悟しなさい」
「キサマを倒すまではオレは死なん」
ライフルを撃ち落されたハッカラスナイパーは捨て台詞とともにまた極低空の超スピードで逃げ出します。

らんるちゃんのお陰で準備はバッチリ「すぐ後ろです、乗ってくださいライドラプターに」 猛スピードで突っ込んでくる金属質のラプトル系爆竜三頭に騎乗しての追跡が始まりました。しかし爆竜はみんなカラフルですねぇ。ダイノアースには天敵がいなかったからかな。

駐車車両を飛び越え、ドラム缶を蹴散らし、バーミア兵はレッドとブルーが騎乗のまま蹴散らして、道行く車に急ブレーキの混乱を引き起こしつつ、イエローの駆るライドラプターはビルを聖闘士のように(?)ポンポン渡っての大追跡。
高層ビルの屋上から垂直降りするハッカラスナイパーに、一瞬迷いますが、「ライドラプターを信じて」というアスカの言葉に勇気付けられ 「信じるよライドラプターっ」と義経のヒヨドリ越えならぬ高層ビル越え、ドドーっと駆け下りて「ここまでは追って来られまいスーハー」なんて油断していたハッカラスナイパーをプテラダカーでズバっ。
レッドのティラノロッドとブルーのトリケラバンカーの追い討ちを受け、最後は三人ともが赤いライドラプターに乗っての必殺ダイノダイマナイトでトドメでした。

同時に、ウィルスが消え人々は助かり「君のお陰よ」と笑里ちゃんが内海少年をいたわった時、バラバラになったハッカスナイパーの破片から赤い実が転がりだし、 「おぉー、何だよまたかよ」の叫びもむなしく青空に広がる黒い雲、降りしきる雨を浴びて巨大化再生するハッカラスナイパーです。直後に晴れた空をにらんでみても仕方ありません。

「ブラキオ、頼む」
「強さは愛ですブラ」
アスカの言葉が出る前に沼から出てたのか街にそびえる爆竜ブラキオサウルス。そのわき腹と胸と背から飛び出した爆竜ティラノとトリケラとプテラは 「よっしゃー、やっと出番だテラ」「一気に決めちゃうプラ」「油断はダメですケラ」 とアバレンジャーたちと融合しあっという間に爆竜合体し「完成アバレンオー」の登場です。

敵の飛び道具に「プテラ、翼使わせてもらうね」と股間(なんだよなぁ)から外したプテラカッターをブーメランの要領で飛ばして、頭の回りの葉っぱごとズンバラリン。 「一気に行くわよ」と今回は右から左へ爆竜電撃ドリルスピンでトドメでした。

逆光の中佇むアバレンオーの肩に、変身を解いて立ち炎の中で滅び去ろうとするハッカラスナイパーを見る三人。その時、 「お前だけはゆるさんっ」苦しそうな声とともに炎の中から弾丸がっ。最期の弾を胸に受けらんるはアバレンオーの肩から墜落してゆきました。

「キャー らんるが らんるが〜」と夕日が照らす十字架の墓石と弔いの鐘を背景にパートナーの爆竜プテラノドンが騒ぎます。 「衝撃の結末はエンディングの後プラッ」

そのエンディングの横断歩道一直線行進は、嫌煙団体がタバコを消した消さないで大騒ぎのビートルズの「アビーロード」ジャケットへのオマージュでしょうか?

で、衝撃の結末ですが……墜落寸前に抱き止めたらしく、キレイならんるの体を抱いてなき叫ぶ凌駕に目をそらし俯く幸人。夕日がきれいです。 そして涙が顔に落ちると同時に「冷たいよ」っとむっくり起き上がる、らんる。
「ど、どうしてっ」と腰の抜けた凌駕に、ジャケットを脱いで見せれば、その下の黒い長袖Tシャツみたいなのに銃弾がつぶれてへばりついてました。
「アメリカ軍も使っている防弾チョッキ。趣味でつけてて良かったv」
左肩を撃たれたのに右フトモモの治療をしてたのは伏線だったんですね。つーか趣味で着るものなのか?

その後、内海少年が、艀から浮橋を跳ぶ事に成功した日
「やったね。君、名前は? もうダメダメ君じゃないでしょ」
「タカアキっ、内海孝明」
「そっか、これからもがんばれ、孝明君」
「あっ、お姉ちゃんの名前は?」
その質問には答えないまま自転車で走り去った後姿を内海少年は慌てて写真に収めました。

20年後「ありがとう」と写真に向かって言う内海博士って、友達は愛と勇気だけの某ヒーローのように孤独な人?

第5話『アバレ治療 ジャジャジャジャーン』
次回予告によると、再びブルーこと幸人が主人公。何気にブラックジャックな整体師は針治療も得意で、車椅子にのった薄幸の美しきピアニストとの絡みと言うか、誘拐したって変態ケラ!?
ベートーベンがメインテーマみたいです。運命が扉を叩くケラ?
それと暗黒の使徒ガイルトン生きてたんですねぇ。


もくじに戻る

第3話 第5話
アフォーの研究室(トップ)に戻る