×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



爆竜戦隊アバレンジャー第35話『アバレなでしこたい!』プラ?



もくじに戻る
第34話 第36話
アフォーの研究室(トップ)に戻る
10月26日
紅葉前線駆け下る、10月最後の日曜日。
燃える山より熱い闘志で、行楽なんかにうつつを抜かさず、いってみようか特撮日記〜

爆竜戦隊アバレンジャー第35話『アバレなでしこたい!
アバレンジャーの基地で下宿先で勤め先でもある和風喫茶『恐竜や』が、お客さんで満杯になってる場面から始まりました。 一生懸命お冷やを注いでまわるのは、ピンクのエプロンが良く似合う、記憶喪失竜人のマホロちゃん。すっかり看板娘です。 既婚で子持ち(?)で、アノマロガリスIIで街ぶっ壊した破壊の使徒ジャンヌと同一人物だなんて事、お客さんは知りませんし。

「アの字が外国に修行に行っちまって寂しくなっちまったけどよ、これなら大丈夫だよな」なんて常連の横田さんもさりげにマホロの手を握り、コラっなんて怒られつつ、嬉しそう。 ……現在生死不明のアスカ(アバレブラック)は『恐竜や』のお客さんにも愛されていたんですね。伯亜凌駕(アバレッド)に三条幸人(アバレブルー)、樹らんる(アバレイエロー)と杉下龍之介(喫茶店マスター)も、マホロのお陰か元気に働いてます。

午後も遅くなり、お客がいなくなった『恐竜や』に、高校生今里笑里(笑みぽん=アバレピンク候補)と舞ちゃん(凌駕の養女の幼稚園児)が帰ってきました。 「速達だって」舞ちゃんが郵便屋さんから受け取ったハガキに赤いハンコやシールもない事よりも、 宛名の大野飛鳥様(おおのあすか……ダイノじゃないのか)にびっくりするらんる。

ハガキには、アスカの作品『愛する人へ』が創作工芸コンクールの佳作に選ばれ、オリエンタル百貨店で10月26日から開催される工芸展に展示されるとありました。
ふた月ほど前、夜中に「果たせなかった夢に、せめて、形だけでもつけたくて」と腕輪を作っていたアスカに、介さんが「美術品に込めた思いは、たくさんの人たちの記憶にと留めてこそ永遠となる」と応募を勧めたようです。 というか、彫金なんて作業を飲食店のテーブルでしてる件は不問でしょうか? 金屑とか飛んでないかなぁ。
ともかく「見に行こう。アスカさんの思い、受け取ってあげなくっちゃ!」と女性4人は出かけることになりました。

一方、先週アバレマックスにボコボコにされ、爆竜トップゲイラーの鼻先に乗せられて退却した仲代壬琴(アバレキラー=ミコ様 最近ちょっと弱体化)は海岸の別荘のベッドで、包帯ぐるぐる巻き状態で寝てました。 日頃コキ使われた恨みを晴らそうと、トリノイド・ヤツデンワニが「ディープかぶり」を試みますが、黎明の使徒リジェちゃんに巨大カナヅチでぶん殴られちゃいます。 頭ガイコツが一瞬見えたり、星がクルクルまわったり、ミニヤツデンワニがこぼれ落ちたりと、エフェクトが無駄に派手派手。

看護は私がするとヤツデンワニを消そうとするリジェちゃん。 「こんな形で消えるなんて、ぼくちゃんあまりにカワイソ過ぎる〜」 視聴者も同意見だヤツデンワニ〜 とか思ったら、リジェちゃんは苦しみだし「ミコ様に何かあったら、絶対ぶった斬ってやる!」と捨てゼリフと共に消えました。 「こいつと付き合うようになってから、ガラ悪くなったな、リジェ様」消されかけたのにリジェを案じるヤツデンワニ、いいヤツです。

ダイノアース(恐竜が滅びなかった平行宇宙の地球、エヴォリアンが征服済み)の侵略の園(本部)に戻ったリジェは、内部が赤い豆のサヤみたいなベッドに横たわります。 身体が朽ちかけた邪命神デズモゾーリャ様の意思が緑の霧となってリジェを包み、心配する創造の使徒ミケラと無限の使徒ヴォッファに下した指令は、 「力が足りない。石を、力の石を探せ……6500万年前、地球に落ちた隕石のなかにそれはある。そして今それはアナザーアースにある。その力さえあれば復活はた易くなるのだ」

工芸展にやってきた、マホロと笑みぽんと舞ちゃん、そして保護者(?)のらんるはアスカが作った腕輪に見入ってました。 その時ダイノブレス(変身アイテム)から緊急通信が……次元の扉反応がすぐ近くに?!
なんと特別展の展示物の石を狙ってトリノイド第19号ハゲタカライチ(声 佐々木望…腹黒美少年声の頃に比べてかなり声を低くしてる?)が、 警備員を緑のムチでけちらしながら、乱入してきちゃいました。

アスカの腕輪を守ろうとする笑みぽんとらんる。でも「そんなガラクタに価値など無い」とハゲタカライチは無視。爆竜チェンジしたアバレイエローを見ても、 「お前の相手などだれがするか」と石の展示室にまっしぐらです。ちなみにデビルストーンだそうな……東急ハンズとかにも売ってる石に似てるのは気のせいかな。(チャルコパイライト?

デズモゾーリャが完全復活するために必要とか口に出して言うから、そんなことはさせないとアバレイエローにアバレイザーで狙撃され、石を奪われるハゲタカライチ。口は災いの元です。 もちろん石を奪い返すべく、ハゲタカライチはライチボンバーを放ちます。無数のライチの一つがアバレイエローの口に……入るんだね、つるっと継ぎ目ないのに(こんな所にもCGを)。 というか、ライチは皮を剥いて食べないと。そして種は吐き出そうね。

なぜか脱力したイエローは、ハゲタカライチに吹っ飛ばされ配電盤にぶつかります。お陰でフロアは停電。なんと笑みぽん舞ちゃんマホロの三人が避難のため乗り込んだエレベーターも止まってしまいました。 緊急電話も通じず、トリノイドが暴れている間はレスキュー隊も近づけないと、闇の中で途方にくれる3人……

幼い舞ちゃんを「大丈夫よ」とマホロは元気付け抱き寄せます。しがみついたまま安心して眠り込んだ舞ちゃんの 「お母さん……もう舞ちゃんから離れないで」という寝言に「あたし、どうして……」不意に湧き上がる感情に戸惑うマホロ……まずは抱き締めてくださいって政府広告を思い出しますねぇ。今のマホロなら実の娘リジェを愛せるかな。

非常灯に赤く照らされた展示会場では変身が解けたらんるが、再度の爆竜チェンジを試みますが、ダイノブレスが反応しません。ハゲタカライチの言うことには、なんとさっき飲みこんだライチの実が超パワーを吸い取るんだそうで。

ハゲタカライチに投げ飛ばされた生身のらんるは、めげずに展示物の剣のサヤを手に取り、散らばっていたライチの実を三つ投げ上げると 「爆竜戦隊だけど今年は星野阪神にあやかって、バックスクリーン三連発ボンバー!」ハゲタカライチの口に見事叩き込みます。口から出したものを口に戻しただけの様ですが、ハゲタカライチは脱力しちゃいます。

その隙に「これは渡さんタイ」石を持って走り去るらんる……それはともかく、名古屋出身の凌駕なら恐竜打線(中日ドラゴンズ)ではなく星野阪神でも許容範囲内ですが、博多出身のらんるなら若鷹軍団(ダイエーホークス)絡みの技を使え〜! 虎は敵だろ。(撮影時はリーグ優勝、まだしてなかったのかな)

百貨店の吹き抜けカフェテラスを駆け抜けようとするらんるを、ハゲタカライチは階段の上から滑空して襲います。耳がハゲタカの巨大な羽になってるのがメッチャ映えます(背中の宝箱は変ですが)。 そして人々が逃げ散った後、大立ち回りの末にらんるの銀盆の一撃を食らっちゃうのは、マヌケです。今回は変な語尾もないし、エジプトのファラオみたいな堂々とした顔も声もカッコいいトリノイドなのになぁ。

服売り場に来てみれば、むっちゃ落ち着いたインフォメーションのおねえさん。コスモス色の制服にメガネが似合ってます……その笑顔を横目にフロアへ足を踏み入れたハゲタカライチですが……ハッと気づいて振り返ればアカンベして逃げ出すおねえさん(7変化その1)。

駐車場まで追ってきてみれば、突然現れたパトカーが突っ込んできて、フロントに乗り上げたハゲタカライチは急ブレーキと共にコンクリートに投げ出されます。 降り立ったのは婦人警官らんる(7変化その2)「逮捕されたい?」ミニスカートからのチラリズムに、ピンクのハートマーク飛び出させて卒倒するハゲタカライチ。なんと巨大手錠をかけられてしまいます「器物損壊および強盗傷害で逮捕する」 「なんじゃこりゃ〜 遊んでる場合じゃないっ!」そう思うんならマジメにやろうよ。警察ネタだからってジーパン刑事ばかりでは芸がないし。

でもエアロビコーナーらしきスタジオで、黄色いリボンを操る新体操選手らんる(7変化その3)にまたまた見とれるハゲタカライチ。懲りてません。 スカート付きだからパンチラに見えるけど、セーラー戦士と一緒でレオタードにすぎないというのに、あっさりリボンでぐるぐる巻きにされちゃいます。

さすがにハゲタカライチは作戦変更、迷子案内めいた館内放送で「アバレイエローに告ぐ、すぐに屋上に来い、お前の大事なものを預かっている」と呼び出しました。 アスカの腕輪を見せつけ、交換の瞬間にらんるを蹴って石をまんまと奪うあたり卑怯で、立派な(?)悪役ってかんじです。

しかし高笑いのハゲタカライチを襲う青い影。アバレブルーがデビルストーンを奪い取り、「ここは任してチョ」とアバレッドがらんるに受け合います。 でもムチでしばかれてあっさり石を奪い返されるあたり、アバレンジャーは警備員さんより頼りになりません。「この石だけは絶対にわたさん、あばよ」ハゲタカライチは屋上からダイブ。

慌てて追いかけようとするらんるを「待て、追う必要は無い」と余裕でブルーが呼び止めます。なんと奪い返される前に石に超小型爆弾を仕掛けたと言うのです。 「ほら、らんるちゃんが開発したアレだよ、ほっといてもトリノイドはお陀仏さ」気楽なレッドと 「お前の手柄だ」帰って祝勝会だなんて言い出すブルー。時限式のようですが、周りへの被害を考えると遠隔操作式の方がいいと思いますよ〜(モニターしてて空中や空き地でドカンとな)

「やっぱりダメ」
らんるは二人を振り切ってハゲタカライチを追跡します。回りへの被害ってんじゃなくて、アスカの腕輪も粉々になるから、みたいです。

ハゲタカライチの超パワーは確かに抑えられているらしく、階段で屋上から駆け下りたハズのらんるが路上で見上げても視認できる距離までしか飛んでません。いや三輪車並みの速度で浮力を生み出すのは、逆に超パワーを発揮している気が……。

「ねぇ、お願いがあるんだけど」百貨店の駐輪場で中学生(橋本知之)が見知らぬ黄色いジャケットのお姉さんの言葉に訳もわからず「はい」と言った瞬間、 「これ貸して」停めたたばかりの自転車のスタンドを蹴り上げペダルを踏み、ハゲタカライチの追跡を始めるらんる。凌駕と幸人は、しょんぼりする中学生に謝ったりして、また足止めです。

ハゲタカライチはデビルストーンを手に入れたからとダイノアースへの転送を侵略の園に依頼しますが、 次元移動の力を持つリジェは寝っぱなし……創造主のミケラに「もうしばらくそっちで潜伏してろ」なんていわれちゃいます。ハゲタカライチ、スタッフサービスに電話したくなる上司運のなさです。

らんるの自転車に追いつかれかけるハゲタカライチを救ったのは一台のトラック。
あわてて自転車のブレーキをかけたらんるですが、タイヤにぶつかり自転車から投げ出されます。 幸い積荷のダンボール箱(中身はミニプレッツェル ブルーベリーなんとか……)に突っ込んだお陰でらんるにケガはなさそう。積荷のお菓子(しかも割れ物系)の状態は想像するだに悲惨です。 頭をかかえる運転手に「お願い、車貸して」と言うや否や、今度は10tトラックで追跡開始するらんる。積荷と車の損害賠償は幸人のポケットマネーでしょうか。

ひと気のない採石場で「ふん、もう追ってこられまい。ああ、美しい石だ」なんて油断していたハゲタカライチは 「このぶーけもんが、腕輪をかえさんね!」らんる運転のトラックに跳ねられちゃいました。

車から降りたらんるに緑のムチを巻きつけ、振り回し空のドラム缶に叩きつけるハゲタカライチ。 しかし勝ち誇った瞬間、降って来たジャケットに視界を奪われ、なんとロープに掴まってターザンの要領で突っ込んできたらんるに石を掠め取られてしまいました。

「コレを返して欲しかったら腕輪を返しなさい」大型トラックに乗り換えて、逃げる(なんで?)らんるに追いすがり、ドアにとりついてもみ合うハゲタカライチ……すみません、思わずハゲタカライチに入ってるスーツアクターさんを応援してしまいました。めっちゃ危険そうなんだもん。

ついに石を奪い返したハゲタカライチに、車外へ引きずり出されたらんるは、ジャリ山を転げ落ちてしまいました。 「手間をとらせやがって」ハゲタカライチは駄目押しに、らんるをさらって空中から落とします。とっさに、ダイノブレスからワイヤーを射出して、鉄骨にからめ落下速度を緩めるらんる。 「くたばれ」なんとハゲタカライチは緩やかに落下中のらんるの回りに爆発する実を撃ち出します。

なんとか地上に降りたものの、らんるはふらふら。さらに回りで爆発&火柱。規模は小さいものの数が多いから、素で熱そうです。 ハゲタカライチの猛攻は「力が戻った」からの模様……と言うことは「らんる! らんるのパワーも戻っているはずよっ」ダイノブレスからのパートナー爆竜トリケラトプスの助言で、 アバレイエローに爆竜チェンジです。実の消化速度というか肝臓の解毒能力が、人間もトリノイドも同じってのは納得できませんが、超パワーとやらも医学的に説明できないから、ま、いっか。

しかもダイノブレスからは、あと15秒で小型爆弾が爆発するという連絡が……。 電子音のカウントと共にイエローのプテラダガーの連続斬りと突きがハゲタカライチに炸裂。そして「プラーッ」とイエローは翼竜風のアバレモードで滑空しハゲタカライチを一閃。 空中に投げ出された腕輪をキャッチし、シタッと着地したアバレイエローの背後で、デビルストーンとハゲタカライチは爆炎に飲み込まれました。

「すごい! 俺達来る必要、無かったじゃないですか」やっと追いついたレッドの賞賛に「いや、そうでもなさそうだ」水をかけるブルー。なんと白煙の中に立ち上がるハゲタカライチの姿が「うそ! あの大爆発でも平気なんて」

「よくもデビルストーンをっ、抹殺してやる!」らんるの7変化に振り回されていたトリノイドとは別トリノイドのような本気モードのハゲタカライチは、爆弾投げつけ、ひるんだレッドを掴んでカッ飛び、森の高い木の幹に叩きつけます。 駆け寄ったアバレンジャー2人のアバレイザーをものともせず、滑空アタックで追い討ちし「本当のトドメをさしてやる」とムチを手にしました。

しかし、背後から打ち出された青いエネルギー波にハゲタカライチは大ダメージ。
「伝説の……鎧?」
つぶやくレッドの目の前で、暗黒の鎧の剣士がハゲタカライチをメッタ斬りにして倒してしまいました。その太刀筋と勝利後の仁王立ちに行方不明のアバレブラック・アスカの面影が重なります。

「アスカさん?」
しかし、殺気をこめて迫ってくる鎧の剣士。思わず後退さるアバレンジャー3人。
不意に鎧の剣士は苦しみだし消えてしまいしまた。
「ヤツはいったい」なんてブルーが呟きますが、考える間もなく空に暗雲が垂れ込めジャミーバの雨が降り出し、ハゲタカライチが再生し巨大化。

イエローとブルーが「凌駕さんにダイノガッツを」って最初からマックスでスティラコですか?!  スティラコサウルスに3人とも乗ってるし、アバレンオーの立場がありません。だから来週グレるのか(そんなぁ〜)。
「一気に決める」というわけで、巨大ハゲタカライチの爆弾をものともせず、巨人にはならずキャリーを引いたまま「ファイアーホィールクラッシュ」でトドメでした。

ダイノアースのエヴォリアン本部では、戦いが終わってから一瞬目覚めたリジェ……に取り憑いたデズモゾーリャ様(お寝坊さん)が叫びます。 「デビルストーンが、もう猶予は無い。がは」(ぱたっ)
「リジェ、リジェ? どうしたのだぁ」「死んじまったのか、リジェ〜」慌てる心優しい使徒(幹部)たちも、上司運の無さはハゲタカライチといい勝負かも知れません。

「あちこちで波乱の予感。あのトリノイドを倒した黒い影はいったい。この後何かが起こるプラ」
墓石(リジェのレリーフ付き)や仏壇のカキワリを背景に、爆竜プテラが今日の引き担当でした。

アバレンジャーと救出されたマホロ笑みぽん舞ちゃんは『恐竜や』に戻ったようです。
そして鎧の剣士がアスカかも知れないと言う凌駕(レッド)に「いい加減な事を言うな、あれはガイルトン(本名ミズホ、マホロの兄)かもしれない。それにジャンヌがマホロとは別にいるかもしれない」と懐疑的な幸人(アバレブルー)の論拠は 暗黒の鎧の主がアスカだとしたら、なぜココへ戻ってこないのか……まぁ、鎧の呪いに取り憑かれたまま戻ったら『恐竜や』は阿鼻叫喚の地獄絵図なんですが。

そしてマホロが手にしたアスカの作った腕輪を見た笑みぽんは「これ、なんでしょ?」内側に整然と刻まれた線と点に気づきます「何かの文字?」
「愛するマホロへアスカ」たどたどしく読み上げたマホロの脳裏に、アスカと抱きあう自分の姿が……「わからないけれど、不意に……うっ」頭を抱え頭痛に苦しむマホロ
「無理は禁物です ゆっくりじっくりね」
介さんの優しい言葉を聞きながら、マホロが記憶を取り戻しかけてるとらんるは感じ、あの暗黒の戦士はきっとアスカさんだ……あわせてあげたい! と心で誓います。 が……

記憶を取り戻したら、エヴォリアンの幹部だった事とか兄を手にかけたとか、デズモゾーリャの子を産んだとか、 色々ありすぎて壊れそうなので、介さんの無理は禁物路線で進めたほうが良さそうです。でも最終回まであと三ヶ月か……心の傷が癒えるには短すぎるかも。

次回予告 第36話『初恋アバレミラクル!』
アバレンオーとマックスオージャが戦っている事より気になるのは、「僕は爆竜トリケラトプスだ」なんと爆竜がちいさな男の子に? まさに奇跡のお話です。 触手モノに続いて、爆竜擬人化それも幼児化ものをはやらせるつもりだな!?(注 誤解)

ところで、デビルストーンに貼り付けられたメタリックにきらめくボタン電池……もとい超小型爆弾に気づかないハゲタカライチ……カッコいいようでやっぱり最後までマヌケなヤツだったかもしれません。(のほほんアスカに後ろ取られてたしね)

ところで、7変化……案内嬢、婦人警官、新体操……あとはアバレイエローとアバレモードイエローと、らんる本人……そしてジャケットを脱いだバイオレンスらんるで7つ、なのかな?

スーパーヒーロータイムの締めは「アバアバアバアバ、ジャンケン パ〜! 勝ったかな? また見てね、じゃあね」 凌駕と舞ちゃんとらんるのジャポニカCM……いや、サザエさん、いえアバレジャンケンコーナー
グーの人はイマイチの日曜日? とはいえ、大多数の人はとっさならパー、考えればチョキを出すのでアイコかハッピーな日曜日ばかりかと。


もくじに戻る

第34話 第36話
アフォーの研究室(トップ)に戻る