×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



爆竜戦隊アバレンジャー第17話『戦場のアバレかっぽれ』ブラ?



もくじに戻る
第16話 第18話
アフォーの研究室(トップ)に戻る
6月8日
有事法制関連3法なんでものが成立しちゃった日曜日〜
有事がこない事をひたすら祈りつつ、いってみよーか常に有事な特撮ワールド。

アバレンジャー第17話『戦場のアバレかっぽれ
今回はアスカ(アバレブラック)の思い出話から始まりました。 エヴォリアンの侵略を受けたダイノアース出身のアスカは、子供のときからレジスタンスの一員としてキャンプ暮らし。
『あの夜』も、焚き火の側で同世代の少年兵“ミズホ”から干し肉もらいつつ寝ずの番……傍らにはミズホの妹マホロが柱に背をもたれさせて熟睡してます。 穏やかな夜を歩哨の叫びが引裂き、キャンプ地にバーミア兵がなだれ込んできました。 独特の動きで迫ってくるバーミア兵を見つめたまま恐怖で身動き出来ないアスカをかばい、たち向かっていった大人が斬り捨てられる辛い光景…… そして大人となったアスカはアナザーアース(こっちの地球)でも、戦いの毎日です。

そんなアスカとアバレンジャーの面々を癒そうと、介さん(杉下竜之介)が日本の伝統芸能“かっぽれ”を披露します。 手ぬぐいをハチマキ代わりにビシッとキメた和風喫茶『恐竜や』のマスターの突然の奇行に、 開店準備の手を止めてかっぽれを見る従業員兼正義の味方ご一行。凌駕(アバレッド)にらんる(アバレイエロー)、そして幸人(アバレブルー)の反応は今ひとつですが、 アスカはかっぽれのおどけた動きに『あの夜』のバーミア兵の動きを見て恐怖の記憶がフラッシュバック、なんと気絶してしまいました。かまわずに踊り続ける介さん、妙に嬉しそうです。

バーミア兵の親玉、エヴォリアンの本部では破壊の使徒ジャンヌ(実はマホロ?)が戦いの疲れからか爆睡中……どんな時も熟睡できる体質は少女時代から変わらないようです。 そんなジャンヌには優しい黎明の使徒リジェちゃんですが、失敗続きのくせに嗜好品らしい泡(水タバコのアチラ版、シャボン玉タバコ?)の酸味がどうのと言い合いしてる、創造の使徒ミケラと無限の使徒ヴォッファには、邪命神デズモゾーリャ様を憑依してのビリビリお仕置き攻撃です。 慌てたミケラがトリノイド(怪人)を生み出す絵の参考にしようと開いたページは季節の花アヤメと、ネズミ? あいうえお順でもなく種族ごとでもないミケラ愛用の図鑑、一体どんな編集方針なんでしょうねぇ。

凌駕たちが恐竜やの座敷席に気絶したアスカを寝かせて看病していると、エマージェンシーコールが鳴り響きました。 あわてて凌駕たちが店を飛び出すと、たまたま一番客として来た横田さんの額にドアがゴツン。額を押さえる横田さんにアスカの看病を任せて出撃です。

本来、恐竜や(と奥にあるアバレンジャーの基地)を守るはずの介さんは、神社でお参りしてました。 「私のかっぽれを見て感動して気を失ったアスカくんが早く目覚めますように、あと……」と武運長久やら爆竜たちの健康やらを長々祈願していると、 メガネのツルで出来た手で器用に鈴を鳴らしているアヤメの花びらをまとったメガネをかけた巨大ネズミの祈る声が
「アバレンジャーに勝てますように……作戦が成功しますように」祈っていたのはトリノイド・アヤメガネズミ(声 坂田侯一)。 だけど介さんに杖でビシバシ殴られる姿はあんまり強そうに見えません。反撃は介さんの頭にアヤメの花を咲かすだけ。

そこへ凌駕たちもかけつけアバレンジャーに爆竜チェンジしてアヤメガネズミとバトルになります。少し遅れてアスカも神社へ到着(恐竜やは「どーなっちゃってるんだこの店は、まったくさ〜」とぼやきつつ額にバンソーコーの横田さんが切り盛り中)、華麗にアバレブラックへ爆竜チェンジ……失敗!?

もう一度ダイノコマンダーをダイノブレスに差し込んでみたものの変身失敗してショックを受けるアスカに、平和のためにも戦ってくださいと介さんは励ましますが 「平和って、なんですか?」と問い返されてビックリします。かっぽれで子供の頃の恐怖を思い出しショックで平和を忘れてしまい「平和のために戦うことのできない体、いや心になってしまったようですっ」

「鋭い自己分析だ」とアスカの言葉に応えたのはかっぽれに感動しての気絶ではなかったとガックリする介さんではなく、アバレブルーでした。 アスカが顔を上げるとアバレンジャー三人が並んで頷いてました。トリノイドはあと一歩のところで逃げちゃったらしいです。

『恐竜や』に戻った介さんも頭のアヤメもしおれています。凌駕が霧吹きで水を与えると両方とも元気に。 似合ってますよ、若返った、とノリノリでほめる凌駕に比べて「トイレに飾るか」と幸人は投げやり。(「どうぞ、ごゆっくり」と便器一体型の給水タンクに正座する介さんの図がシュ〜ル) 頭に生えたアヤメよりアスカを任せたらんるの動向が気になるようです。

ドレスアップしたらんるは東京ドームホテルのスカイラウンジ(多分)でアスカにフルコースをおごってました。 美味しい料理で平和を思い出してもらおうというアイデアでしたが、正装したアスカの目は落ち着きなく周囲にむけられています。そして敵が来ないうちと料理を凄い勢いで食べ始めるアスカにらんるはガックリ。

二番手は凌駕による茶道でした。茶室で羽織姿で向き合って茶をたて「穏やかな心が平和を思い出させます」とアスカに抹茶を勧めます。 一応作法どおり一口含んだものの、アスカは凌駕に向かっておうすを噴出してしまいした。 「ちゃんと飲んでください」「平和って、苦い……」(反射的に毒と思ったのかな?)

三番手は幸人でした。温水プールのジャグジーにゆったりと身を浸せば平和を思い出すというアイデアでしたが、気がつくとアスカの姿がありません。 何とエヴォリアンに見つからないよう水中メガネ装備でもぐっていました。 「勝手に警戒してろ」呆れてアスカの頭を水中に押し込んだ幸人は、プールでたわむれる女性グループの頭にアヤメが生えているのに気づきました。 どうやら杉下のオッサン(介さん)だけの症状じゃなかったようです。

アヤメガネズミの作戦開始。「準備できたでチュー。アナザーアースの人達の頭に咲き乱れるアヤメのみなさーん」呼びかけに応じてダンシングフラワーのように一斉に踊りだした頭のアヤメは、なんと太平洋上空の梅雨前線をひょこひょこ呼び寄せてしまいました。
アヤメガネズミ再出現の知らせに、雲がひろがる港のコンテナ置き場にアバレンジャー3人が駆けつければ空から雨が降り出します。 さらにアヤメガネズミが手を空に差し伸べ前線模様を放射すると、梅雨前線は梅雨前線山脈に変化!? なんと火山となって雨ではなく火山弾を日本中に降らせ始めました。
「なんで〜」
とレッドが叫んでますが科学的説明なぞぶっ飛ばすノリだけの大作戦。夜7時半に始まるスカイピアでの冒険に出てくる積定雲は噴火はしそうにないのにねぇ。

恐竜やのモニターに映る梅雨前線山脈からの空爆に、戦場となった故郷ダイノアースの光景を重ね怒るアスカですが、変身できない身ではと映像に背を向けます。 そんなアスカに、自分のせいでと落ち込んでいた介さんが声をかけました。
「アスカくん、聞いてください」
あのかっぽれは、戦時中食料もなく腹をすかせて泣く妹と弟のために、空襲で焼けた街で踊ったものだと介さんは話します。 煤と涙に汚れた幼い顔に笑顔を取り戻させた時の事を思い出しつつ熱く語る介さんにつられて、アスカも同じような経験を思い出します。

『あの夜』が明け、部隊とはぐれた少年少女三人が廃墟で途方にくれていた時でした。 泣いているマホロをミズホが慰めますが涙は止まりません。アスカは首に下げていたダイノハープ(黒に金象嵌のハーモニカ)で例の曲を演奏して、 マホロとミズホの笑顔を取り戻させたのです。

「それが平和と言うものブラ。それがアスカの平和ブラ」爆竜ブラキオサウルスがダイノブレスを通じてアスカに語りかけます。 アスカの脳裏にマホロとミズホ、そしてアスカに平和を思い出させようとしていた仲間たちの笑顔が次々と浮かびます。最後は美しい女戦士に育った許婚マホロの笑顔……

笑顔こそが平和と悟ったアスカは見事爆竜チェンジに成功します。 扇を持って「あっぱれ〜」とサンデーモーニングみたいな介さんに見送られアバレブラック出撃です。

アヤメガネズミの作戦はさらに進化、梅雨前線山脈を逆さにして落とすと言い出しました。 それじゃ地球の崩壊だ、と慌てるレッドとブルーの脳裏には大地に突き刺さる山脈によってアラレちゃん割りされる地球の想像図が……(でも地球ってそんなにヤワかなぁ? 第一エヴォリアンの目的は破壊ではなく侵略では?)
勝ち誇るアヤメガネズミを枯葉交じりの突風が吹き飛ばします。突風はライドラプターで駆けつけたアバレブラックのダイノスラスター・ストームインフェルノ?

名乗りを上げたブラックとアバレンジャー3人にアヤメガネズミはバーミア兵をけしかけます。 レッドはティラノロッドで大立ち回り、イエローはコンテナの上からアバレイザーでの射撃、ブルーは空中連続キックの後トリケラバンカーで肉弾戦と活躍する中、 ブラックは桃太郎侍を思わせる華麗な剣技で向かってくるバーミア兵を倒しながらアヤメガネズミに迫ります。

「強いでチュ」焦りつつも宙を舞い(菖蒲や鼠や眼鏡には空飛ぶ要素はどこにも無いが……)ブラックの首を締め上げるアヤメガネズミ。 そのメガネのつる状の腕を掴み、グッと広げて頭突きを食らわせたブラックは両腕を掴んだままアスファルトに相手の体を叩きつけ大車輪で投げ飛ばし、立ち上がったところをかかと落とし、フィニッシュは光を帯びたパンチ(挿入歌)。 「今こそ力を合わせましょう」と今回は三人のダイノウェポンに加えてブラックのダイノスラスターも合体させた『スーパーダイノボンバー』による『必殺スーパーダイノダイナマイト』で、 アヤメガネズミをやっつけました。

梅雨前線山脈が消滅し人びとの頭のアヤメも消滅しましたが、別の雨が降ってきていつものようにアヤメガネズミは復活巨大化。 もちろん「誰だって明日の平和を夢見ているブラ」と空母爆竜ブラキオが発進し、三体の爆竜が出撃そして融合合体してアバレンオーの完成です。

「ネズチュー」と叫びながら身軽に跳びまわり電撃食らわしてくるアヤメガネズミは、介さんの杖でやられていた時とは別トリノイドのように強力です。 苦戦するアバレンオーに頼もしい助っ人爆竜ステゴスライドンが駆けつけました。 「急にいなくなって、今までどこに行ってたブラ」「そんな事お前に言う必要ないテゴ」と一人融合していないブラックのダイノブレスの色が黒と赤に目まぐるしく変わって言い合いしてますが、 なんとか仲裁して爆竜コンバインし、海上仕様のアバレンオースライドンに……って海じゃないのにどうするの〜

何とアバレブラックがダイノスラスター・スプラッシュインフェルノで大津波を呼び寄せ、 先週のバンクシーンに見えて仕方が無い切れカッターに爆竜必殺スライダーアタックで見事アヤメガネズミを撃破しました。

その戦いを物陰で見つめる白いコートの男(田中幸太朗)がサングラスを取ります。 「ふん、ザコを倒して喜ぶのは終わりだぜ。そろそろ最強プレイヤーの登場だな」 クールに決めるその腕には、白いダイノブレスがはまってました。

侵略の園エヴォリアン本部で、結局失敗した創造の使徒ミケラがデズモゾーリャ様にお仕置きされていると、 夢から覚めたジャンヌが「今、何か音楽が……あれは」と呟きました。
同じ頃、恐竜やではアスカのダイノハープのもの悲しい音色に耳を傾けながら、凌駕たちが戦いの疲れを癒していました。 介さんの肩をもんでいた幸人がドアベルに振り向くと「っはよ〜」と笑里ちゃんがスイカを一玉ぶら下げて遊びに来ました。

引きはスイカと夏の空が背景のステゴスライドンでした。
「このあと、平和じゃなくなるテゴ」

お盆にずらっと並んだスイカの切身を前に「これが私の平和」とアスカが手を合わせたスキに、凌駕が二切れ笑ぽんとらんるが三切れずつ取ったせいで座敷席は一気に戦場と化しました(凌駕の二切れを狙うアスカ……女の子には手を出さないんですねえ)。 そんな大騒ぎをほほえましく眺める介さんと幸人はテーブル席で優雅にスイカを賞味……って、良く見たら幸人はナイフとフォークでスイカ食ってます。金持ちのすることは分りません。

アバレンジャー第18話『誰だ?アバレキラーだ!
ついに白いコートの男が変身してアバレンジャーに牙……じゃない羽を象ったククリナイフを剥いてます。 白地に黒の三角模様はともかくゴーグル部分の赤が禍々しいです……というより丹頂鶴っぽいんですが、どの恐竜をイメージしているんでしょうか。もしかして始祖鳥?

しかし、先週あんなに苦労して防いだ大津波を正義の味方が自ら起して街を水没させちゃって良かったんでしょうか。 成恵の世界じゃ機族が愛する人に正体バラしてまで、たくさんの“ずっと”(=人生)を守る為に防いだ津波だというのに……

ところで梅雨前線が消滅したアバレンジャーワールドは大丈夫なんでしょうか。空梅雨で水不足でコメの不作決定?

そして、いよいよ来週から活躍の白いコートの男。演じる田中幸太朗氏はドラマ『ごくせん』第一話で、暗黒の使徒ガイルトン役の加々美正史氏と一緒に不良役だったわけですが、 『六番目の小夜子』ではどこに出てたのか記憶が……
キアヌ・リーブス並に作品によってイメージの変わる俳優さん、なのかな?


もくじに戻る

第16話 第18話
アフォーの研究室(トップ)に戻る