×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



爆竜戦隊アバレンジャー第16話『乗ってけ!アバレサーフィン』テゴ?



もくじに戻る
第15話 第17話
アフォーの研究室(トップ)に戻る
6月1日
台風一過の日曜日。6月の最初を飾る特撮にいってみよ〜

アバレンジャー第16話『乗ってけ!アバレサーフィン
トリケラのナレーションによる前回のあらすじから始まりました。
排ガスキャノンで病気になった次郎を心配して、三条幸人(アバレブルー)が『面会謝絶』の札を見つめながら、病院の廊下で朝を迎えた頃……

和風喫茶『恐竜や』(アバレンジャーの基地)では、頭に包帯グルグルの伯亜凌駕(アバレッド)が、ご飯をガバッとかき込み味噌汁をグイッ。 「たくさんご飯を食べれば元気もりもり、頭のケガなんかすーぐ治っちゃうもん、ね〜」て、カリオストロの城で大火傷負ったルパンの大食いシーン実写版ですか?
樹らんる(アバレイエロー)には、笑ぽんがカレー皿に山盛りのネギ納豆・タマゴの黄身入りを渡します。 食べないと苦手は克服できないと、半泣きでかき混ぜるらんる……。子供番組の正義の味方には好き嫌いは許されないのです。

砂漠化したもう一つの地球・ダイノアースにそびえる侵略の園エヴォリアンの本部では、 創造の使途ミケラがトリノイド(怪人)・シャークルマーガレットを細筆(と言いつつ塗りつぶし用の筆)で修正していました。 「ウィウィ」とフランス人ぽくうなづき、納得ゆくまで描き足したらしいミケラですが、くすぐったがるシャークルマーガレットの見てくれは全然変わっていません。 ともかく「もう一回頑張ってね」と黎明の使徒リジェちゃんにキスされて再出撃です。

破壊の使途ジャンヌは、アナザーアース(恐竜が絶滅したこっちの地球)で爆竜のタマゴを求め、 勾玉を手に赤く光ってはカッ跳んでました。歩道橋の雑踏の中で「まだ続けるの?」ともう一人のリジェの声が……。振り向けばその姿はもう消えていました。

アイツを倒さねば次郎の命が危ない、しかしその為には幻覚に打ち勝たねば……病院のソファで悩む幸人は肩を叩かれ振り返ります。と、ほっぺに人差し指がむにゅ。 目の前には心配して様子を見に来た凌駕の笑顔がありました。
「お父さんと何があったんです?」
「おまえには関係ない」
「また鬼が出ちゃいますよ、ガオー」

病院そばの公園で、幸人は凌駕に昔の事を話し始めます。
社長の息子として英才教育を受けてた幸人は、風邪を引いても毎日10時間のお勉強を休めませんでした。友達と遊ぶのも禁止で仕事場を連れまわされる日々。
そして感受性豊かな中学生時代、初恋の人に父親は手切れ金を渡して女の子の家族ごと引越しさせてしまいました。 その時にオヤジが言ったセリフが「しょせんこの世は金がすべて、人の心も金で買えるのだ、分ったな」で、 幸人は「俺の人生まで金で、買えると思うなあっ!」と雨の中家出したんですね。

鬼が現れたのは完全に縁が切れてなかったからだ「だから、あいつに金をくれてやった」 その顛末を聞いた凌駕は「三条さん……で、いくら払ったんですか?」
金額に対して興味津々の相談相手に呆れた三条は「はあ? ……もういいっ」背を向けてしまいました。

見かけは変わって無くても中身で勝負のシャークルマーガレットが岸壁に出現し、 新たな能力で大津波を起こし街を沈めようと悪巧みしている所へ、らんるとアスカが駆けつけました。 爆竜チェンジしたもののサメシャワー(強力水流)にやられた二人は、凌駕と幸人は何で来ないのかと戦力不足を嘆きます。

窓のノックに三条総一郎が振り返ると、爆竜テイラノの頭に乗った凌駕が笑顔で手を振ってました。

仲間からの救援依頼にも、幻覚を恐れてウロウロするばかりの幸人の元へ、ジェラルミンの箱をもった凌駕が走ってきました。 お父さんから金を返してもらって来たと言うのです。理由が判らない幸人に凌駕は自分の親子観を語りました。

今、凌駕は父親として舞ちゃんをいっしょうけんめい育てているけど、願うようには育たない。でもどんな風に育つかめちゃんこ楽しみ。 「お父さんはお父さん、三条さんは三条さん」と笑顔で親子の人格は別だと噛み砕いて話した凌駕は、 鬼ってお父さんじゃないんじゃないですか? と問いかけます。 お金で親子の縁を切ろうとしたのって、お父さんが三条さんの彼女にした事とそっりだと指摘されて、幸人は鬼の正体に「あッ」と思い当たりました。

岸壁での戦いはさらなる攻撃に進んでいました。スキ、キライと始めたものの 「ええいめんどうだ」と最後は花びらを二枚引きむしって嫌いビームを発射するシャークルマーガレット。アバレブラックとアバレイエローはまた嫌いなモノの幻覚に包まれますが……

幻覚の中で不意に白い光に包まれたアスカは、幻覚のジャンヌに見事打ち勝って幻覚を破ります。その時「あ、あの子は……」一瞬現れたのは白い光に包まれたもう一人のリジェでした……アスカとジャンヌ(マホロ)の娘だったりしませんよ、ねぇ?

らんるは、出現した幻覚のタケウチ先生の手に納豆が無いことに気づき、ついに納豆を克服したと大喜び。 その勢いで、苦手な歌の振り付けも見事クリアーします。「あ〜ん完ぺき」最後は野太い声で合格宣言したタケウチ先生と共に幻覚は消え去りました。

幻覚を二人に破られて焦るシャークルマーガレットに追い討ちかけるように凌駕と幸人が到着します。二人そろって爆竜チェンジし、赤と青のユニゾンキック。 「遅れてすまない」詫びるブルーが「え〜 謝るなんてイガ〜イ」とイエローに言われて「茶化すなっ」と怒るのが笑えます。

嫌いビームはまずレッドが浴びますが「だから言ったでしょ、俺は幻覚見ないの……なんでか分んないけど」となり、次は肝心のブルーです。

ビームを浴びた幸人(ブルー)は小袖を般若面の上で翻す鬼に、正体を現せと迫ります。小袖を投げ父親の姿になった鬼に幸人は 「違う」と宣告します。俺が本当に嫌っていたのはおれの中の父親の影。お前は俺だ、俺自身だ。だったら俺はもう恐れはしないと、もう一人の幸人となった鬼をアバレイザーで撃ち抜き幻覚から抜け、 シャークルマーガレットをアバレイザーで攻撃です。

幻覚克服を喜ぶレッドに「凌駕、おまえ本当お節介だな」とうつむくブルー。 気を取り直したアバレンジャー達はシャークルマーガレットを見事ダイノボンバーによる必殺ダイノダイナマイトで撃破しました。

シャークルマーガレットが倒れると同時に、排ガスキャノンで倒れた人たちも全快です。 次郎君はさっそく病院を抜け出し、爆竜のタマゴの入った手提げを持ってローラースニーカーで岸壁へ急ぎました。

いつものように天をおおう謎の黒雲から降る雨(実はバーミア兵の中身)を吸った肉片が集まり、巨大化再生したシャークルマーガレット。 ブラックが早速「俺たちの魂も燃えているブラ」の空母爆竜ブラキオサウルスを呼び、テイラノ・トリケラ・プテラとアバレンジャー三人が融合合体してアバレンオーの登場です。
しかし、取っ組み合いの後トリケラパンチを放ったまでは良かったのですが、 サメシャワー(強力水流)に弾かれ、アバレンオーとアバレンジャーの融合が解けてしまいしました。 そのスキにシャークルマーガレットは海に仁王立ち「サメ津波フカフカ」なんて言いながら街を沈める巨大津波を引き起こします。

海での戦いは不利なアバレンオー。ブラックが悩んでいるとそこへローラースニーカーの次郎君が到着です。 体調を気遣うブルーに「それよりこれ」と渡したのはもちろん爆竜のタマゴ。

赤く色の変わったブルーのダイノブレスから響く「オラずっと一人で寂しかったテゴ」と少し情けない声とともにタマゴがパカッと割れ、爆竜ステゴスライドン(声 飯田浩志)が出てきました。 ステゴの居所がアスカやジャンヌに分らなかったのは、タマゴにいる時の爆竜のエネルギー源となるヒダマが無かったせいらしいです。

ステゴサウルスが進化した赤い爆竜ステゴは、背中の二列の金色の板が個性的。 すぐにでっかくなったステゴの盛り上がった背中がパッカリ左右に開き、グレンダイザーを思わせる乗り物に……(回りに三角トゲのついてるあたり乗れるスピンソーサー?)。
「みんなオラの背中に乗るテゴ」
再度アバレンジャーと融合したアバレンオーは、ステゴの円盤にすっくと立ち「完成、アバレンオースライドン」と巨大な津波をサーフィンで見事乗りこなし、 チューブを抜けて切れカッター(回転し周囲の赤い三角トゲで切りつける?)で攻撃後、見事なエアリアルを決め大波を滑り降りるスピードを乗せた『爆竜必殺スライダーアタック』(水上ドリルスピン)で見事巨大シャークルマーガレットを倒しました。 同時に、街に迫っていた大津波もかききえるのは不思議ですが……戦隊モノのお約束と言うことでしょうか。

『恐竜や』のカウンターでコーヒー飲んでる一同は、ステゴの声を聞いた次郎君はダイノガッツの強い子供で未来のアバレンジャーとなるかもしれないと話します。 第一話で爆竜の声を聞いた笑ポンは不在の竜之介分まで「わたし達の立場は?!」と対抗意識を燃やしてますが……。 それよりもっと気になる事がある、とらんるが言いだしました。凌駕にトリノイドの術が聞かなかった理由……答えたのは小さな舞ちゃんです。
「あたしなぜだか知ってる」
サーフインするアバレンオーの絵を背景に「え、舞いちゃんそれ本当テラ、おしえてくれテラ」と爆竜テイラノが今週の引きでした。

エンディング後に「凌ちゃんには嫌いな人も嫌いなものも無いからです」予想通りの可愛いお答えでした。 「あほすぎてトリノイドの術も効かなかったって事か」と腕組みする幸人に、大好きなものはたくさんあると胸を張る凌駕と舞ちゃん。 「幸人さんも凌ちゃんのこと、大好きだよね」という舞ちゃんの指摘に「バカな、お節介な奴は大嫌いだ」とそっぽ向いた幸人に「照れてる〜」と全員の突っ込みが入りました。

アバレンジャー第17話『戦場のアバレかっぽれ
とてもレギュラーとはいえない『恐竜や』マスター竜之介おじいちゃんが再び登場してかっぽれ踊ってますが、 「平和って、平和ってなんですか〜」とまたもやアスカ(アバレブラック)主役の話のようです。 黒の反対色っぽいこの白い男は……本当に誰なんでしょうねぇ。

ところでCMの、スーパーダイノボンバー(今の三色に加えアバレブラックの武器も合体)はいつでるんでしょう。 というか、決め技のとき次郎君と一緒に応援しているだけのブラックがちょっと可哀想なのでなるべく早めに出していただきたいです。


もくじに戻る
第15話 第17話
アフォーの研究室(トップ)に戻る