×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



DQVI 幻の大地 その3(主人公が採用された時)

主人公が兵士になった時
その2へ DQ6 その3(ハッサンが採用された時)  その4へ ドラゴンクエスト もくじに戻る あいうえおインデックス
試練の塔合格後の城 城内の様子 中庭の老人  城下町 ハッサンが仲間に 暴れ馬の森 ファルシオンと城下町  ファルシオンと城へ 中庭の老人とファルシオン ハッサン採用イベント  レイドック王の命令 

ソルディ「おお もどったか!
     ○○○○と いったな。
     お前が 1ばんのりだぞ。
ソルディ「で なにを とってきて
     くれたのかな? どれどれ……。
ソルディ「おお これは まさしく
     くじけぬ心! どんな苦しみにも
     たえられる精神だ!
ソルディ「よろしい!
     約束どおり そなたを
     王宮の兵士と みとめよう。

レベルアップの音楽

ソルディ「○○○○は 今より
     わがレイドック城の 特別兵だ!
     心して はげめよ!

ソルディ「命令が あるまで
     城のなかなど 見ておくと
     いいだろう。
ソルディ「もし こまってる者が
     いたら 助けてやってくれ。
     それも 兵士の重要な仕事だ。


城内の様子
兵士
*「よくやったな ○○○○。
兵士
*「そうか 兵士に採用されたのか。
  それは よかったな。
*「あとは なにか手がらをたてて
  皆に みとめてもらうことだ。
*「そうすれば 王さまから
  じきじきに お声が かかるかも
  知れないぞ。

青年
*「あなた 見ない顔ですね。
  はは〜ん わかったぞ。
*「新しく はいった 志願兵だ!
  がんばってくださいね。
青年
*「おや 新米さんですね。
  レイドック王には もう
  お会いになりましたか?

○はい
*「男でも ほれぼれ するような
  美しい人ですよね。
*「しかも 心も こまやかで
  はたらき者で……。

○いいえ
*「そうですか。早く 王さまに
  会いたいのなら なにか
  てがらを たてることですね。

婦人
*「王さまは まったく ねむらずに
  はたらいているのよ。
*「だから えいようの いっぱいある
  おいしい物を つくらなきゃね。

つぼ ちいさなメダル

地下牢
兵士
*「ここは 牢屋です。
  囚人と 話がしたいなら
  牢屋ごしに 話してください。
囚人
*「くそー! あの馬にさえ
  出くわさなきゃ つかまることは
  なかったのによお!
*「商人たちを おそっているところへ
  あの あばれ馬が やってきて
  気がついたら このなかよ。
*「にしても でかい馬だったよなあ。
  化け物だぜ あれは……。

学者
*「魔王ムドーの ことを
  ご存知か?

●はい
*「そうか ムドーのことは
  知っておるか……。
*「しかし まぼろしの大地については
  知らないだろう。王は そのことも
  研究しているらしいのだ。

○いいえ
*「魔王ムドーは この国にも
  すでに なん度か あらわれた。
*「そのつど レイドック王が
  戦いを いどんだのじゃが……。
*「あと一歩と いうところで
  いつも けむりのように
  消えてしまうのじゃ!
*「魔王ムドーは いったい
  どこから 来るのか。
  どこへ 消えるのか……。
*「私には なにも おっしゃらないが
  レイドック王は なにやら
  つかんでいる ご様子なのだ。

本『ちいさなメダルを あつめると
いろんなものを くれる 王さまが
どこかにいたらしい。
しかし 今も いるのか
それは なぞである…。』

宝物庫
トビラには カギが かかっている!
もっているカギでは あけられなかった。

兵士
*「ドキドキドキ……。
*「今 王さまは ある重要な使命を
  だれに やらせるか 人えらびを
  しているみたいなのだ。
*「も もし! この私が
  えらばれたなら きっと
  役にたってみせるぞ!
青年
*「中庭にいる じいさんには
  まいってしまいますよ。
*「なにかというと 馬車 馬車で。


中庭の老人
中庭の老人
*「王家に代々伝わる この馬車も
  いまでは これを引ける馬が
  いなくなってしまったのじゃ。
*「馬車が 立派すぎて
  重すぎるからとはいえ
  なさけないことよ。
*「どこかに いせいのよい馬は
  おらんものかのう……。

○いいえ
*「わしゃ もう 死にたいわい……。
○はい
*「おお! だったら その馬を
  つれてきて くださらんか!
*「死ぬまでに もう いちど
  馬車の雄姿を この じじいに
  見せてくだされ!


城下町

*「ああ レイドック王さま……。
  なんと 美しい お姿。
*「でも どうせ かなわぬ恋ですわ。
  ああ この せつなさを
  どうしましょう……。
立て札男
*「ふーむ なになに……。
  まものに おそわれないよう
  町の外には いかないように…か。
*「そうだよなあ。とくに 西の
  森にかこまれた草原には
  化け物の馬が出るっていうしな。

*「あ〜あ もし私が 男だったら
  私も 兵隊さんに なったのに。
*「そしたら いつでも
  レイドック王に会えるでしょ。
  ねえ そう 思わない?

○はい
*「そうよね やっぱり。
   う〜ん ざんねんだわ。

○いいえ
*「あなたって いじわるね!

旅の商人
*「私たちは旅の商人です。
*「西にずっといった森の中で
  仲間が あばれ馬に おそわれ
  ケガをしてしまいました。
*「しかし さいわい
  ケガも よくなってきたみたいで
  本当に たすかりました。
旅の商人
*「いやはや えらいめに
  あいましたよ。
*「山ぞくに おそわれたと思うと
  あばれ馬まで やってきて……。
*「でも よく考えると あの馬が
  こなかったら 山ぞくに
  殺されていたかも知れませんな。
*「いやはや えらいめに
  あいましたよ。
家の男
*「へえ お城のなかに
  はいれたのですか。だったら
  中庭の馬車は 見ましたか?

○いいえ
*「すごく立派な馬車なんです。
  せっかくだから 見ておいても
  ソンはないと 思いますよ。

○はい
*「なんでも昔 歴代の王さまたちは
  あの馬車に乗って 荒野を
  かけめぐっていたそうです。
*「そんな 馬車の雄姿を
  もう1回 見てみたいものですね。


*「あ〜あ さっぱりしたわ。


ハッサンが仲間に
  フィールドに出ると
*「おーい まってくれよお!

(ハッサンが出てくる)

ハッサン「さがしたぜ ○○○○。
     兵士に 採用されたんだろ。
     まずは おめでとうよ!
ハッサン「ところで もしかすると
     あばれ馬を つかまえにいこうと
     考えちゃいないかい?
ハッサン「だがな ○○○○。
     ひとりじゃ 無理だ。
ハッサン「どうだい ここはひとつ
     このオレと 手を組まねえか?
     馬のことなら バッチリよ!

○いいえ
ハッサン「また〜。えんりょなんか
    してる場合じゃないだろ。
(○はい の場合ははここから)
ハッサン「ようし きまった!
     今日から オレたちは兄弟分だ。
ハッサン「よろしく たのむぜ。
     なっ ○○○○!

ハッサンが 仲間に くわわった!


ハッサン たびのぶとうか LV3 
装備 たけのやり かわのこしまき かわのたて
ちから20 すばやさ5 みのまもり12 かしこさ4 かっこよさ4
HP42 MP0 攻撃25 守備28 EX10
レイドック
兵士
*「ここは レイドック城だ
*「おお ハッサンに ○○○○か。
  さあ 通るがよい。

死人がいるとき。
兵士
*「ここは レイドック城だ
*「まさか その カンオケを
  ひきずって お城の中に
  入るつもりでは あるまいな。
*「教会へでも いって
  生き返らせてあげるがよい。
  でなおしてまいれ。


暴れ馬の森
かんばん『あばれ馬 注意!』

広場
草食べてる白馬 近づくと
 !
*「ヒン!?
上へ逃げる

 !
*「ヒン!?
左下へ逃げる

 !
*「ヒン!?
下へ逃げる

 !
*「ヒン!?
右へ逃げる

ハッサン「くそっ こりゃダメだ。
   ただ 追いかけるだけじゃ
   とても つかまえられないぜ。

ふりかえる主人公

ハッサン「うーん どうしたものか……
   よし! こうなりゃ ハサミうちだ。
ハッサン「オレは西 お前は東から
   あの馬を 追うんだ。そして
   北のはじっこへ 追い詰めよう。
ハッサン「よし じゃ 作戦開始だ!

ハッサン別れる もし西にいくと

ハッサン「おい なにしているんだよ!
   オレが ここで こうやって
   待ちぶせ してるからさ。
ハッサン「お前は 東から うの馬を
   追いつめてくるんだ!
   たのんだぞ ○○○○!

(出ると追いかけっこからやり直し)


*「ヒン!?
北へ逃げる(どちらから 近づいても)


*「ヒン!?
(ハッサンのそばでマゴマゴする白馬)

ハッサン「おっと! ここから 先は
   行き止まりだぜ。
   さあ おとなしく するんだ!

馬上に逃げる 

馬「ヒン!?

ハッサンに話すとイベント

ハッサン「いいか ○○○○
     いっせのせで つかまえるぞ。

北の行き止まりできょろきょろ馬

ハッサン「いっせーのっ……
ハッサン「せっ!!

ドドン 馬による二人

*「ヒヒーン!!

ごそごそハッサン「よおし つかまえたっ!

ハッサン「でも 変だなあ。
   あばれ馬って いうわりには
   そんなに あばれなかったぜ。
*「ヒヒーン ブルルルッ!

主人公につんつん

ハッサン「あれ? 変なヤツだなあ
     ○○○○に ハナをすりよせたり
     してさ。
ハッサン「オレたちのこと
     気にいって くれたのかもな。
ハッサン「そうだ こいつに
     名前をつけて やんないとな。
ハッサン「うーんと……。
     よし! 思いついたぞ!
ハッサン「こいつの名前は
     ファルシオンだっ!
     どうだ いい名前だろう?

○はい
ハッサン「へへ つよそうだしな。

○いいえ
ハッサン「まあ そういうなよ。
     せっかく 考えたんだからさ。

ハッサン「よーし いくぜっ!

ファルシオンを つかまえた!(仲間の音楽)

レイドック以外の町 ダンジョンでは ファルシオンは消える


ファルシオンと城下町
兵士
*「なんだ おぬしらは?
  大きな馬などを つれて……。
*「ここは レイドックの城下町だ。
  さわぎなど おこさぬようにな。

*「まあ!きれいな馬ね。
  え? あばれ馬だったの?
  ふ〜ん おとなしそうなのにね。
兵士
*「なんと おぬしたちが
  その馬を つかまえたのか!?
*「それにしても みごとな馬だな!
看板男
*「ふーむ なになに……。
  まものに おそわれないよう
  町の外には いかないように…か。
*「そうだよなあ。とくに 西の
  森にかこまれた草原には
  化け物の馬が出るっていうしな。
! (ぶるぶるふるえる)

*「ん? えっ?
  も もしや その馬が……。
  あわわわわ。
青年
*「げっ! もしや その馬は
  伝説の天馬 ペガサス!?
*「そ そんなはず ありませんよね。
  ああ びっくりした……。

*「なによ あんたたち!
  人の家に 馬なんか つれてきて!
子供
*「うわーい! 馬だ 馬だ!

寝てる商人
*「いやはや えらいめに
  あいましたよ。
*「山ぞくに おそわれたと思うと
  あばれ馬まで やってきて……。
*「でも よく考えると あの馬が
  こなかったら 山ぞくに
  殺されていたかも知れませんな。
*「ところで その馬は……?
*「げーっ! あの時の馬っ!


ファルシオンと城へ
兵士
*「ここは レイドック城だ!
*「まさか その バカでかい馬を
  お城の中まで つれてゆく気じゃ
  ないだろうな?

●はい
兵士
*「よろしい。それなら
  でなおして くるといいだろう。

○いいえ
兵士
*「なんと 馬をつれて
  お城に はいる気なのかっ?
  ふーむ……。
兵士
*「まあ 今回だけは 目をつぶろう。
  ただし! 2階にまで つれて
  上がったり 無茶は するなよ。

兵士
*「これは また みごとな馬を
  つれてきたものだな。
台所婦人
*「あらあら ここにきても
  お馬さんのエサは なくてよ。
囚人
*「げーっ! まさか あんたらが
  つれてるのは あの草原にいた
  あばれ馬!
*「そんな化け物の馬を
  手なずけるなんて
  おみそれいたしやした。へへー。
青年
*「うわ びっくりした!
  それ 本物の馬ですよねえ。
  いやー 大きいなあ……。

二階にもついてくる

ソルディ「ん? どうしたのだ?
     馬をつれて 2階まであがるとは 
     ずいぶん 無茶なヤツだな。
ソルディ「それにしても
     すばらしい馬だ! この馬を見たら
     じいさんは きっと よろこぶぞ。
兵士
*「なんと その馬を 王さまに
  見せにきたと いうのか?
  ならん ならん!
*「王さまは とても いそがしいのだ。
青年
*「中庭にいる 中略
*「おや? そういえば
  たいそう りっぱな馬を
  つれていますね。
*「その馬だったら
  あの重い馬車を 引けるかも
  知れませんよ。


中庭の老人とファルシオン
老人
*「おおおおおっ おうーっ!
  これは また なんと
  たくましい馬じゃ!
*「うむっ うむっ……。
  引ける。こいつなら
  この馬車を 引けるぞい!
*「こいつを わしに
  まかせてくれるな?
  お おねがいじゃっ!

●いいえ
*「そこを なんとか!
  おねがいじゃっ!

●いいえ
*「としよりを そう
  いじめんで くだされ。
  お おねがいじゃっ!

●いいえ
*「わかったわい。
  もう たのまんわい。

○はい
*「やれ ありがたや!
  これで もういちど この馬車の
  雄姿が 見れると いうものじゃ!

老人
*「おぬしたちのこと
  きっと 王さまに 報告して
  おきますぞ! さあ いきなされ。

馬はなれる


ハッサン採用イベント
*「みごとで あった!
(ぽんぽんと老人が跳ねる)
老人
*「ソ ソルディ兵士長……!

(二人老人の前に並ぶ)

ソルディ「そなたたち ふたりの
     はたらきは しかと 見とどけた!
ソルディ「両名とも 王宮の兵士として
     じゅうぶんな資格を
     かねそなえていると 判断した。
ソルディ「この私の責任で
     ハッサンよ お前も この城の
     兵士として はたらいて もらおう!
ハッサン「うひょー やったぜ!
ソルディ「これこれ うかれるでない。
     すでに 聞きおよんでいるだろう。
     魔王ムドーの存在をっ!
ソルディ「このムドーを たおすべく
     わが国王は ねむることもなく
     ことを すすめておられる。
ソルディ「さあ ついてくるがよい。
     お前たちを レイドック王に
     ひきあわせよう!

(二人はソルディについていく) !
兵士「ソ ソルディ兵士長!
ソルデイ「うむ。


レイドック王の命令
レイドック王「というわけで
       ラーのカガミというものを
       さがしてきて ほしいのだ。


大臣
*「王さま ソルディ兵士長ですぞ。

(御前に二人を連れてきた後、ソルディ一歩でて)

ソルディ「陛下! このたび新しく
     王宮の兵士に 選ばれた2名を
     つれてまいりました。
ソルディ「この2人 こう見えても
     新任早々 あの馬車の馬を見つける
     など なかなか優秀で……。
ソルディ「もしも 陛下の お役に
     立てそうなことが あらば
     なんなりと お申しつけください。

ソルディ列にもどる
レイドック王「ふむ……。
       2人とも なかなか よい目を
       しているなっ。

(玉座から一歩踏み出るレイドック王)

レイドック王「よろしい!
       さっそくだが キミたちにも
       手伝ってもらうことにしよう。
レイドック王「この世界のどこかに
       真実だけをうつす ラーのカガミと
       いうものが あるらしいのだ。
レイドック王「いつも あと少しで
       その姿を かかき消してしまう
       魔王ムドーなのだが……。
レイドック王「そのカガミが あれば
       ヤツの正体を あばけるはず!
レイドック王「そこで
       そのカカガミを さがしだし
       持ちかえって ほしいのだ。
レイドック王「キミたちの
       はたらきに 期待しているぞ!
レイドック王「では ゆけっ。
       わが兵士たちよ!

(兵士が去って行く)


その2へ DQ6 その3(ハッサンが採用された時)  その4へ ドラゴンクエスト もくじに戻る あいうえおインデックス